ゆす村農園のトロピカルフルーツ日記

マンゴー、ライチ、リュウガン、アテモヤ、アボカドなど熱帯果樹の農園です

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1
 
 
熱帯果樹を生活に身近なものとして楽しむ 愛好家の団体「日本熱帯果樹協会」が設立されました。
熱帯果樹大好きな愛好家の方は,だれでも入会できる気楽な会です。
育てるのに興味のある方も,食べることに興味のある方も気軽にご参加くだささい。
会長は石畑清武先生,Dr.Yonemoto先生もお世話役です。
石畑清武先生は鹿児島大の指宿農場で,マンゴーやレイシなどの研究を昭和40年代から続けてこられました。
ゆすりんが県立農業大学校で熱帯果樹の講義を受けさせていただいた恩師です。
Dr.Yonemoto先生は農文協の「熱帯果樹の栽培」や「マンゴー」,「アボカド」の本の著者としておなじみですね。
ゆす村もこの本を教科書にさせていただいています。
 
イメージ 2
 
協会では年間を通してさまざまな活動が計画されています。
 
・熱帯果樹をテーマとする研究会や会員同士の交流会が各地で開催されます。
・熱帯果樹の栽培方法や品種特性などを調査し,会報や会合を通して情報が提供されます。
・海外での栽培の様子や果実の楽しみ方などの調査を行い,海外の熱帯果樹協会との交流なども計画されています。
・将来的には, マンゴーフェスティバルやアボカドフェスティバルなどのイベントを開催し,市民の方々にトロピカルフルーツと親しんでいただく計画だそうです
・年間4回,会報またはニュースレターの形で熱帯果樹に関する情報が届きます。
 
イメージ 3
 
7月に設立総会と記念講演会が開催されるそうです。
ゆすりんもいろいろな機会に参加させていただき,活動のお手伝いをしたいと思います。
 
協会のご案内や入会関係の資料をいただきましたので,ご希望の方に転送させていただきます。 sunsun01jp(アットマーク)nifty.com にお問い合わせのメールをお願いします。
 
イメージ 4
 
今日はいろいろな品種のマンゴーを摘果しました。
玉吊りも同時に行いました。
特に着果が良かった品種の写真です。
 
 
イメージ 1
 
キンコウの摘果前です
 
イメージ 3
 
摘果後はこんな様子
 
 
 
イメージ 4
 
これはマリカです
 
 
 
イメージ 5
話題のアンダーソン
長ーい果実が特徴,しかもおいしいです
 
イメージ 6
こちらはニーラム
完熟は最高です
 
 
イメージ 7
ベイリーズマーベルもとてもよく着果します
これまたおいしいです
 
 
イメージ 8
ラポザ・・すみませんピンボケでした
 
 
イメージ 9
リペンスもこんなに良くとまりました
 
 
イメージ 10
これはルビーです
 
 
イメージ 2
りりー しっかりついてます
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事