全体表示

[ リスト ]

8耐かく戦えり〜TSR編〜

イメージ 1

さて記憶が薄れないうちにリポートです。
MOTOGPは後回しということで・・。

まず、優勝したTSR。

ここはもうジョニー・レイに尽きるでしょうか。

今回のTSRの方針は秋吉選手のセッティングのまま
レイを走らせるというもの。
そのため、レイは転倒も喫したし、土曜日までは
正直乗れてない印象でした。

実際、決勝スタートのスタートライダーを務めましたが
上位3チーム、ヨシムラ、ハルクプロ、YARTには
ついていけてませんでした。

ただ、走るごとに着実に秋吉セッティングのマシンに
アジャストしながらタイムは着実に上がっていたように見えました。
ただ、アドバンテージをガス欠スローダウンで
チャラにするミスもしています。

その彼のスイッチが入ったのは、3度目のスティントですね。

ここまでトップの青山選手との差は10秒あって、
その差が中々詰まりませんでした。

ところがシケインで1台、転倒車があって、これがコースのど真ん中。
多くのライダーがスローダウンして回避する中、
レイはちょっとスローダウンしただけでここを通過。
この1周だけで、なんと5秒も縮めてしまいました。

そしてここからスイッチオン。

見る見る間に青山選手との差を詰めにかかります。

こうなると元々慎重派の青山選手に比べてズバズバ周回後れを抜いていくレイ。
あっという間に差は無くなり、とうとうシケインでパッシング。

そこからは、みるみる間に引き離していきます。

差が詰まる前までは互いに周回遅れをかわしながらも
差は変わりませんでしたから、それまではスイッチが入ってなかったか。(笑)

獲物が見えた時の爆発的な速さはちょっと凄かったです。
さすが、WSBのトップライダーだと思いましたね。

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

上記のコメントのようにハプニングもありましたね。
すごいレースでたまりません!!
CSで8時間釘づけで見ていました。

レイ選手、チームメイトの青山さんを見つけて、俺は別格だぜ!と言いたそうな感じでしたね。 削除

2012/7/30(月) 午後 6:28 [ こうちゃん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事