過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

代打、中須賀!!

イメージ 1

バンザー--イ 三唱。

ヤマハさん、大英断。ファインプレイ!!

というわけで、マレーシアGPに中須賀選手が
出場するそうです。
チームはヤマハ・ファクトリー、ホルへの代役ですね。

マレーシアはヤマハにとってプロモート上重要な地ですし、
スピーズも微妙と言う事で白羽の矢が立った形ですね。

ちなみにオフのテストでセパンを走った際には
ケーシーの2秒落ちで走って
「誰なんだアイツは?」
と海外勢の間で話題になった経緯があるだけに、
期待しちゃっていいんじゃないでしょうか?

もちろん、1年間戦ってきた猛者達と互角とは厳しいかも
知れませんが、中須賀選手もテストで散々乗ってますからね。
是非、中須賀克行ここにありをみせて欲しいです。

いや、久々にわくわくするニュースです。
楽しみ楽しみ。

開く コメント(4)

噛み合わない

イメージ 1

イメージ 2

この前の岡山のレース、加賀山さんは
柳川さんに追いつけず、5位に終わりました。

柳川さんのチームはブリヂストンにスイッチしたのが
後半に入ってからですから、データという意味では
加賀山さんのチームの方が有利だと思ったんですが
早くも巻き返す辺りは、さすがチーム・グリーン。

逆に加賀山さんの所は、開幕戦から感じているんですが、
セッティングを煮詰めきれずタイムアウトで、
レースに挑んで、タイヤを上手く使えずレースが終わる
というパターンが多いように思います。

確かに上位陣はTSRでありハルクプロであり、タイラレーシングYSPですから
プライベーターに近い加賀山さんのチームではそういう面が
厳しいのは分かっているんですが・・。

ライダー、マシン、タイヤと個々で見れば
非常に高いポテンシャルを持っていると思うんですが
総合的なかみ合わせがちょっと悪いというか・・。

鈴鹿は8耐でも走って、データはあるんで、ドカーンと
行って欲しいです。

開く コメント(0)

2つのスズキ

イメージ 1

イメージ 2

来シーズンに向けて、日本のスズキ本社が既に
WSBに参戦するアルスター・スズキへのサポートを
縮小する話題は以前に触れましたが、ここに来て
来季のWSBにクレセント・スズキが出てくるという話も
あるようですね。

クレセント・スズキといえば、現在MOTOGPのリツラ・スズキの
母体でもあり遡るとスズキGBであり、
オーナーはお馴染みポール・デニングさん。

今季はジョン・ホプキンスを擁してBSBに参戦して
ランキング2位、スポット出場したシルバーストーンのWSBでは
ポールポジションを獲得しています。
特筆すべきは今シーズン彼らが走らせたGSX-Rはスズキ本社の
サポートを受けていないマシンということ。
それで、これだけの成績を残していますから本社の評価も高いはず。
スポンサーにはサムソンがついていますしね。

ここ数年ずっとスズキ本社のサポートが足りない(事実だけど)
といい続けているアルスターのボス  バッタさんですが、
シルバーストーンでクレセント・スズキに負けたり、
サーキットによっては、よりノーマル車両に近いヨシムラに負けたりで
成績が良くないのは決して、サポートが少ないだけでなく
チームのエンジニア能力にも疑問あり?とも取られかねないような
今シーズンでしたから、ちょっと立場的には厳しいかも知れませんね。

個人的には、アルスターとクレセントが両方出てくれると
嬉しいんですけどね。
で、時々ヨシムラ(笑)。

開く コメント(2)

昨日の敵は今日の友

イメージ 1

シーズン終了後のサーキットで
早くも来季に向けてのテストが行われる
ということは、各ライダーはサーキット入りした時点で
新しいチーム用のツナギを準備しているわけでして、
レースを戦いながら、来年、自分が乗ることになるマシンを
チェックしているのかも知れません。

WSBは最終戦の舞台ポルティマオで早くも
来シーズンに向けてのテストを行いました。

最終戦で1-2を決めたヤマハの2人は早くも
メランドリィがBMWを、ラバティがアプリリアRSV4を初ライドしました。

ちなみにラバティは早くもレコードに近いタイムを
たたき出したそうです。
マシンはPATAレーシングのものみたいですが・・。

しかし、たった1日で、気持ちを切り替えて走るってのが
この世界の常道ですね。
ドライ?というより、プロフェッショナルというべきか。

今、現在判明している範囲で来季のシートについて列挙すると

アルティア・ドゥカティはチェカが継続。
パーキンゴー・ドゥカティはチャズ・デイビス。
PATAレーシングはDFXレーシングとの提携を解消。
DFXレーシングは再びドゥカティを走らせる可能性も。
その場合、ライダーは芳賀選手が濃厚みたい。
リバティ・ドゥカティはギュントーリとシュムルツですが、
エリアスが加入して、どちらかが弾き出される可能性があるそうです。
以上がドゥカ勢。

ホンダは既に発表済みでジョニー・レイと青山選手。

カワサキは母体のチームが未決定ですが、サイクスとラスコルツは継続。
ヴァーミューレンは居ないみたいですね。

BMWは既に発表があったようにハスラム、メランドリィ、バドビーニ
ファブリツィオの4名です。

アプリリアはビアッジとラバティ。
いや、アリタリアにキャミアが居て、ラバティがPATAかも?

スズキについては、別個で触れますが、こういう状況です。

個人的には芳賀さんが、再びドゥカティかもってのは興味ありますね。

画像はDFXコルセのロレンツォ・ランツィ。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事