ここから本文です
GP spectator
いよいよ開催 MOTOGP 日本GP

書庫全体表示

テスト規制の余波

セパンテストには
各メーカーのテストライダーが大挙して
参加してきます。
イメージ 1
ホンダは青山さんに高橋巧君とブラドル。
ヤマハは中須賀さんと野左根君。
スズキはギュントーリ。
ドゥカティがストーナーとピッロ。
KTMがカリオ、アプリリアがバイオッコとなっています。
イメージ 2
今年からレギュラーライダーがシーズン前にテスト参加できる
日数が、セパン、タイのブリーラム、カタール直前テストの
9日間から5日間だけ参加という規制がかかりましたから
ますます規制外のテストライダーの需要が高まるというもの。
イメージ 3
当然、メーカーサイドからすれば、レギュラーが乗るマシンとは
別にテストマシンを仕立てて、テストチームも来るわけですから
ある意味、レギュラーライダーだけより予算が増えているかもしれません。

さらに言えば、日本のメーカーはヨーロッパサイドにも常駐の
テストチーム、ライダーを置くような動きですから
日本でテストするマシンとは別で、ヨーロッパテスト用のマシン
チームを仕立てる形。
コストダウンのためのテスト制限なのに結果的にコスト増に
繋がってしまっているように感じるんだが・・・。

特にミシュランタイヤになってからはヨーロッパの
コースでちゃんとテストしないとタイヤの消耗などが
キチンとデータが取れないみたいですね、ブリヂストンと違って・・・。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事