ここから本文です
GP spectator
BSBブランズハッチ、AMAはユタラウンド

書庫全体表示

WSSとMOTO2

サンドロ・コルテセがWSSに
転向するという噂だけど、
クルメナッハーの活躍以来、MOTO2から
WSSというルートがライダーの選択肢として
上がってきているようだ。
イメージ 1
特に有力MOTO2チームに所属できないライダーは
WSSという感があるね。
クルメナッハーもコルテセもドイツ系というか、
スパニッシュやイタリアンなどのラテン系じゃないから
有力チームに所属できる可能性が少ない。
イメージ 2
だからコルテセなんかは、有力チームに移籍できるWSSを
選ぶのかも知れない。
去年限りでドイツ選手権が無くなって、そこに出ていたチームを
スポンサーしていたドイツ企業が宙に浮いているため
コルテセのスポンサーにつけば、彼の持込金が増えてWSSのチームに
加入できるというもの。

ただ、そっから先はライダーのアジャスト能力ということになるね。
WSSはピレリの溝付きタイヤに市販車改造マシン。
MOTO2はダンロップのスリックにレース専用シャシーに
ホンダのワンメイクエンジン。
イメージ 3
排気量こそ近いものの、レーシングマシンとしての
成り立ちは全く異なるからね。
WSSの絶対的王者であるソフォーグルもかつてMOTO2で
富沢くんの後釜として走ったけど、いいとこ無かったからね。
コルテセがWSSのトップチームに移籍したとしても
結果が残るかどうかは、また別の問題。

この記事に

  • MOTO2で結果が出ない→WSS→SBK→あわよくばMotoGPなルートもありえますかね。

    [ kam*nan**int ]

    2018/1/7(日) 午後 8:09

    返信する
  • 顔アイコン

    > kam*nan**intさん
    年齢的な問題が無ければアリですけど
    普通はその頃には30超えちゃいますからMOTOGPで
    ルーキーの可能性は低いでしょうね。

    [ suo**bbbb* ]

    2018/1/7(日) 午後 8:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事