ここから本文です
GP spectator
WSB ラグナセカ AMAも併催

書庫全体表示

今シーズン、前人未到の4連覇を
目指すジョナサン・レイがインタビューで
今後のキャリアについて語っています。
イメージ 1
それによると、今年でカワサキとの契約が
切れるとのことで、その先については
MOTOGPのワークスチーム所属のライダーの
契約も切れるため、タイミングと条件が合えば
MOTOGP行きも有り得るようですね。

ただ、他のインタビューで答えているように
彼がGPに行くとしたら、勝てるワークスチームで
という条件ですから、現状、ホンダ、ヤマハ、ドゥカティの
ワークスのどこか以外は無いわけで、そうなると可能性は限りなく
低いということはわかると思います。
ロッシが引退したとしても、そこに彼が招聘される
可能性は相当低い。

となると、やはりと言いますか、カワサキに残留し
もう2年、WSBを戦うというのが一番濃厚な線となるみたいですね。
もちろん、カワサキのこの先の計画を聞いてからになるとのこと。
(ワークス活動の継続も含めて)

見据える先はカール・フォガティを超える5度のタイトル獲得か。

ただ、その先に関しては、モチベーション次第ですが、
引退という形も有り得るみたいですね。
金銭的には満足しているし、5度タイトルを獲得し歴史に名を
刻めば、レースを続ける理由付けが難しくなるかも知れません。
実際、引退後のプランとして、ストーナーのようにメーカーの
アンバサダーみたいな仕事もしたいと語っています。
イメージ 2
個人的にはレイにはWSBで行けるところまで行って欲しいかな。
あ、ホンダに戻ることは無いそうですよ。

この記事に

  • 顔アイコン

    レイはクレバーで速いライダーなのは誰しも認めるところですが、マシンに恵まれている感はありますね。

    実際、ホンダのときはパッとしませんでしたし、これがイコールコンディションのモト2だったらここまで速いかどうかは・・・??

    やっぱり速いライダーは遅いマシンに乗っても光る速さを見せるだけに(スズキのヴィニャーレスや今のザルコ、モト2最後尾から優勝したマルケス等)、モトGPレベルでワークスに乗るだけの力量があるかは疑問符です。

    [ とっとこ ]

    2018/1/9(火) 午後 1:19

    返信する
  • 顔アイコン

    > とっとこさん
    ホンダの成績を見れば、あのマシンは相当に遅くて
    そのバイクであそこまで戦っているんですけどね。
    実際、彼以外のあのバイクで勝っているのは
    雨のニッキーだけですから。
    それで十分じゃないかと。
    まあ、彼自身、GPから声がかかるとは思ってないのでは?

    [ suo**bbbb* ]

    2018/1/9(火) 午後 5:23

    返信する
  • 顔アイコン

    レプソルでスポット参戦した時期より電制のレベルが下がってライダー依存の割合が大きくなっている今、体制が十分なら結構戦えるんじゃないかと妄想してしまいます。 削除

    [ 通りすがり ]

    2018/1/9(火) 午後 6:25

    返信する
  • 顔アイコン

    > 通りすがりさん
    レプソルでスポットで走った時はとにかく
    時間がなさ過ぎて、ブリヂストンタイヤの特性を
    引き出せなかったって言ってましたね。

    [ suo**bbbb* ]

    2018/1/9(火) 午後 6:34

    返信する
  • 顔アイコン

    そのマシンを理解して、道具の性能を最大限引き出すのが非常に上手いんでしょうね。
    同じ道具を使っているサイクスの成績を見ればレイの凄さが解ります。

    [ has***** ]

    2018/1/9(火) 午後 6:58

    返信する
  • 顔アイコン

    > has*****さん
    ですね。特に2015年にレギュレーションが変わってから
    2人の差が如実に出てます。

    [ suo**bbbb* ]

    2018/1/9(火) 午後 9:09

    返信する
  • 顔アイコン

    某掲示板だとmotoGPスポット参戦前にテストもしたのに8位と7位じゃ才能なしだという輩がおりますが。
    どう考えても事前のテストはただの走り込みではなくメニューの消化、タイヤから何もかも違う人のバイクで転倒しないように走って予選グリットから大幅に順位を上げてトップ10以内で完走してる。
    何より当時のCBRでもしっかり優勝してる、と
    才能は光っていたと思うんですがねぇ。 削除

    [ にんじゃ ]

    2018/1/10(水) 午後 0:18

    返信する
  • > にんじゃさん
    某掲示板がどれかは知りませんが
    まあ、戯言と捉えてます。

    [ suo**bbbb* ]

    2018/1/10(水) 午後 2:30

    返信する
  • SBK○連覇引退後でいいので8耐のチームグリーンに助っ人参加をば...(^^;

    [ sue*1*600*3 ]

    2018/1/10(水) 午後 4:32

    返信する
  • 顔アイコン

    いや、私が言いたかったのは、SBKはマシン差がありすぎて、真の実力がわからないってことです。

    ニッキーやブラドルがレイと同じマシンに乗れたら、成績も残ったでしょうし、レイやサイクスが昨年のCBRに乗ってチャンピオンになれたかというと難しかったんじゃないかと思います。

    レイにはモトGPにきて、ワークス以外のチームであってもまず1年走ってみて欲しいです。そうすれば実力も自ずとわかるのではないでしょうか。

    [ とっとこ ]

    2018/1/10(水) 午後 5:44

    返信する
  • 顔アイコン

    > とっとこさん
    ホンダとカワサキのマシン差はともかく
    同じマシンに乗るサイクスとレイを比べたら
    レイが圧倒的に速く強いですよね。

    [ suo**bbbb* ]

    2018/1/10(水) 午後 7:36

    返信する
  • > とっとこさん

    昨年のCBRは誰が乗ってもチャンピオンは獲れませんよ。どう見ても失敗作ですから。
    レイが今賞賛されているのは圧倒的に戦闘力に劣るPATA時代のCBRに乗っていてそれでも優勝を何回かしていて、
    サイクス主導で開発された10Rでいきなりチャンピオンを獲得し3連覇を成し遂げている事実です。
    PATA時代のCBRが当時のカワサキやアプリリアと同じ戦闘力があるとお思いですか?
    とっとこさんのおっしゃる通り、速いライダー(レイ)は遅いマシン(PATA CBR)に乗っても光る速さを見せていますよ。その速いライダーが今、速いマシンで強さを見せているだけですよ。

    [ kam*nan**int ]

    2018/1/10(水) 午後 9:02

    返信する
  • 顔アイコン

    レイの速さを推し量るには、サイクスがどれだけ速いライダーなのかなぁってところが重要だと思います。

    これがヘイデンやブラドルがチームメイトで競り勝つほどなら流石だなと思いますが、サイクスってそんなに飛びぬけたライダーかなぁ。

    あんまり賢くないイメージがあるんですよね。
    乗り方もレース運びも・・・。

    ヘイデンやブラドルが全く手も足も出ない今のSBKのマシン差を見ると、いつもレイが勝ってしまう面白くないレースだなと思うのです。

    [ とっとこ ]

    2018/1/10(水) 午後 9:21

    返信する
  • > とっとこさん
    サイクスはチャンピオンなんですけど…中須賀さんの言葉ですが、マシンに恵まれるためには自分がどれだけ努力してその速いマシンを手に入れるか。その環境を手に入れるために必死で努力した結果なのです。バイクが速いかもしれない、でも乗っている本人も速いんです。

    マシンに恵まれている…パタホンダでの努力が報われたのだと思いませんか?で、あの10Rを必死で開発してきたサイクスは大したライダーではないと?

    [ san*oi*000 ]

    2018/1/10(水) 午後 10:23

    返信する
  • 顔アイコン

    2013年度チャンピオンであり、2014年度の最終戦までチャンピオン争いをしていたトム・サイクスを才能ありなしで語られるのはちょっと…。

    ジョナサンやトムの実力を疑問に思うのであれば、レース自体を見ない方が楽しめるかと思います。速い選手はより速い素材を勝ち取れるのは、オリンピックであろうとモータースポーツであろうと同じですから。
    全てまとめてその選手の強さです。 削除

    [ かっしー ]

    2018/1/11(木) 午後 2:19

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事