ここから本文です
GP spectator
AP合同テスト

書庫全体表示

アラゴン初日は雨が降ったり止んだりで
安定しないコンディションの中
3回のセッションが行われ、メランドリィが
トップタイムをマーク。
イメージ 1
レイは2番手、以下、サイクス、デイビスと
いわゆるいつもの面々が上位に並ぶこととなりました。

しかし、レイによれば、今年回転数制限が加わったことにより
より、加速重視の方向でエンジンを味付けしているものの
ミッションのギヤ交換が出来ない今のレギュレーション下では
コースとギヤとのマッチングに限界がある模様。
つまりどうしても有効な加速が得られない区間が出てくるようですね。
そうするとエンジンのおいしい所を使えない場合
立ち上がりに響いてくる部分。

だから単独で走れる予選などはともかくラインを塞がれる
レースになるとかなり厳しい展開になる模様。
加えてこのコース最大のパッシングポイントであるストレートエンド
のブレーキングでは、回転数制限がかかるために抜かれても
抜けない展開も予想されるよう。

一層、雨のような荒れた展開の方がいいかもね。
ドライだとドゥカティに対抗するのは厳しいか。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事