ここから本文です
GP spectator
マルク・マルケス もてぎで決めた

書庫全体表示

コルテセの初ポール

アラゴンでも今シーズンを象徴するように
新型R6を駆るライダーが上位を占める展開となりましたが
マヒアスやクルメナッハーという面々を
差し置いて、最速タイムをマークしたのはなんと
WSS転向3戦目となる、サンドロ・コルテセ。
イメージ 1
もちろん、WSS初ポール。

2番手には目下のポイントリーダー マヒアスがつけ
以下、カリカスロといったところ。
イメージ 2
SP1を突破してSP2に進出した大久保はラストアタックで
マシントラブルが発生、タイム更新ならず10番手から
決勝レースに挑みます。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事