ここから本文です
GP spectator
BSB スネッタートン

書庫全日本

記事検索
検索

全438ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

最後の8耐

今年の鈴鹿8耐をもって長年
ブリヂストンのモータースポーツ部門を
支えてきた山田宏さんが定年で勇退されるそうです。

古くはテクニカルスポーツと組んでの125ccクラス
1991年の日本GP制覇から始まり、
そのまま、藤井監督に引っ張り出された形でのWGPフル参戦。

そして2001年からの最高峰クラスに挑戦開始。
最初はテストのみでしたが
ホンダがNSR500を開発用に貸出してくれたんでしたよね。
テストライダーは伊藤真一さんと青木宣篤さん。
2002年からWGPに参戦開始。

このWGPへの挑戦はそのままレース界の偉大な巨人
ミシュランへのチャレンジでもあって、
そのチャレンジが徐々に実を結んできたのが2004年の
玉田誠選手の2勝でしたね。

2006年頃になると、完全にミシュランに対抗できるレベルまで
タイヤパフォーマンスが上がってきていました。
イメージ 1
このMOTOGPのタイヤ情勢がそのまま持ち込まれたのが
2006年の鈴鹿8耐で、ミシュランを使うHRCワークスに
対抗してブリヂストンを選んだTSRは、かつての開発ライダーで
BSを知り尽くしている伊藤をライダーに迎えて
遂にHRC+ミシュランの牙城を崩すことに成功します。

それ以降の鈴鹿8耐でのブリヂストンの連勝街道は
言うまでもないこと。

この強いブリヂストンの今を作ったキーパーソンの
退任に華を見事に添えるのは、どこのチームに
なるんでしょうか???

開くトラックバック(0)

7秒台の壁

正確には全日本を走るJSB車両と鈴鹿8耐を走る
EWC車両はレギュレーションが違うんだけど、
テストの結果を見る限りは、全日本の
流れをそのまま続けてきてますね。

5秒台に入ったのはレッドブル・ホンダのみ。
これに続く6秒台がヤマハファクトリーと
今回からHRCと同じマシンを供給されているハルクプロと
どうやら同じマシンのTSR。

ヨシムラは現状、このステージに上がれていなくて
7秒台がやっとこさ。
これも全日本の流れのまま。
イメージ 1
色々なタクティクスはあるだろうけど、現状速さで負けている。
これではかなり厳しい戦いになりそう。
去年よりはまとまってきているとは思うけど・・・。

かつてはライバルにストレートで互角あるいは
凌駕していたが新型になってからはずっと
負けている印象。

開くトラックバック(0)

5連覇に光明

レイのWSB5連覇ではなく、ヤマハの鈴鹿8耐
5連覇の話。
イメージ 1
ミザーノで右手首を骨折、ピンを埋め込む
手術を行ったマイケル・ヴァン・デル・マークは
予選を走っただけでなく、雨の決勝レースを
走りきり、8位入賞を果たしました。
イメージ 2
雨で手首への負担が軽減された面もあるかも知れませんが
鈴鹿8耐への出場がかなり疑問視されていただけに
これは前向きな話題ですね。

本人のコメントを読む限り痛みはなく
関節が固いとのこと。
これは手術を受けてピンが埋まっているのと、
腱が固まっていることが想像されます。

ラグナセカを走って鈴鹿に来る頃にはもっと回復している事でしょう。
しかし、ヤマハ的には彼が走れることはこれ以上ない朗報でしょう。

開くトラックバック(0)

これはダークホース

今季はBSBの不振からヨシムラに呼ばれなかった
ブラッドリー・レイ。

今年はあのカーリーヘアが見られないかと
思っていましたが、ところがどっこい、
エスパルス・ドリーム・レーシングの
サードライダーとして来日が決定しました。

これで同チームは生形選手にトミー・ブライドウェルに
ブラッドリー・レイという中々なメンツとなりました。

マシンはヨシムラに比べてパーツが古いものが
ついてはいるものの、戦闘力はそこそこあるだけに
展開によっては意外と意外する??かも。

開くトラックバック(0)

続々確定

手持ちの駒数不足で
ペアライダーの確定が遅れていた
ホンダ陣営ですが、ここに来て
決まりましたね。

モリワキは第3ライダーにASBK王者の
トロイ・ハーフォスを起用。
ASBKはピレリのワンメイクで、ピレリに
慣れていますし、ハーフォスは去年チーム・アジアの
一員として鈴鹿は走りましたから順当な選出じゃないでしょうか?
これでモリワキは高橋、小山、ハーフォスのトリオ。

そしてハルクプロはドミニク・エガーターを抜擢。
今年はMVアグスタという戦闘力の低いマシンで
苦戦中ですが、もはや鈴鹿8耐の常連でもある
ドミニクですから、ハルクも期待しての起用でしょうか。
ハルクは水野、フォレス、エガーターのトリオ。

また、ボリンガー・カワサキ・スイッツランドの
ライダーに昨日のBSBノックヒルで初優勝を飾った
ダニー・ブーチャンが抜擢されてますね。

開くトラックバック(0)

全438ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事