覚 書 き

今まで有難うございました

全体表示

[ リスト ]

さて四日目。
わずかな睡眠時間で朝食に出かける。
 
ううううう
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
大きいので、パッとしないが(アングルも悪いけど)
中身は至って普通です。
 
でも、昨日や一昨日のホテルに方がやっぱり良かったなぁ
 
イメージ 8
 
 
 
 
パン類に、ハム・チーズ
ジュースにヨーグルト
そしてオムレツという流れが続く。
 
 
 
でもこれが一番安全なんですよねぇ
いろんな意味で(笑)
 
 
 
心もちだるい体をバスに乗せ、本日最初の目的地にギザに出発。
 
カイロに来て、ギザ地区って言ったら、ほら、アレですよ。
 
イメージ 9
 
見えました?
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
ほら、だんだん近づいてきましたよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
着きまた。ドーン。とクフ王のピラミッド
本日はピラミッドをめぐる、ピラミッドツアーの一日です。
 
さて、こちらのピラミッド。いつの頃の何なのか、覚えていますか?
の後ろの方で、簡単に古代エジプトの流れを書いていますが、
今から4000年近く昔の古王国時代の物です。
 
お墓として造られたわけですが、まあことごとくが盗掘の憂き目にあっていまして、
今回のこのクフ王のピラミッドの内部に入るのも
見えている正式な入り口(三角部分)ではなく、盗掘の為に掘られた穴から入って行きます。
(といってもこの穴、掘っただけで、せっかく開通出来たけれど既に盗掘し尽くされてていた)
 
しかしよくこんな石の山、掘ったもんだ。
(その前に造った方こそ感心すべきなんですけどね(笑))
 
ちなみにこの内部への観光は、一日300人までらしい。
オフシーズンなのでチケット確保は簡単だそうだけれど、オンシーズンだと
特に個人の旅行なんかだと手に入れるのが結構大変との事。
 
イメージ 12
 
そして、ドーン。カフラー王のピラミッド
こちらは頂上部に化粧石が残っています。
残っている関係で、ぱっと見一番大きく見えますが、大きさは二番目。
先に紹介したクフ王(ピラミッドの大きさ最大)の息子さんです。
 
更にその隣に、小さいピラミッドがありますが、
それはカフラー王の息子さんのメンカウラー王のピラミッド。
 
造りすぎて懐が厳しくなってきたんでしょうね。
 
実際国庫は窮乏して中央集権国家の体制が崩れていきます。(短命の王が続くというのもあったようですが)
持ち直すのに500年近くかかり、その時から流行ったのが「王家の谷」という流れ。
 
そしてピラミッドときたら
 
イメージ 13
 
スフィンクス。顔が綺麗な割に体がガタガタしているのは何故でしょうね?
この角度だと分かりにくいのですが、横顔を見た時「ジミー大西」に似てると思った。
 
それにしても流石カイロ。
今まで南ではあまり観光客は見かけませんでしたが、
さすが、エジプトにカイロありって感じでもう観光客がイッパイ。
 
イメージ 2
 
スフィンクスへの出入り口付近は、観光客と物売りでザワザワしていました。
 
 
さて、そんな喧騒を離れて私達ツアーだけ、特別のビューポイントがあると言う事でそちらに移動。
なんでも三大ピラミッドが綺麗に見える場所と言う事で、
そこはあらかじめ許可が無いと入れないという触れ込み。
ホントかな?
 
 
イメージ 3
 
はい、綺麗に頂戴しました。
 
右から、クフ・カフラー・メンカウラー。
メンカウラーの手前にあるのはその王妃たちのピラミッド。
 
確かに特別と銘打つだけあって、観光客は私達だけでした。
 
この後普通のビューポイントに移動しましたがそちらは沢山の観光客でごった返し
また、「ラクダ乗せの商売」もあり、希望者はラクダに乗りましたが私はノーサンキュー
毛のある大動物は苦手でござるよ。
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
さて、そしてお昼です。
サッカラに向かう途中で頂きました。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
焼き立てで美味しいと評判のエイシ
 
しかし私の取った物は何故か冷えていた・・・
 
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
添えはもう決まっていましすね。
 
タヒーナ(胡麻のペースト)や
茄子のペースト。
 
この辺りの味はもう慣れましたし
私は嫌いじゃありません。
 
 
イメージ 6
 
そしてメインは鳩のロースト。
 
鳩はごちそうだそうです。
結婚式などに食すらしい。
 
当たり前ですが
翼があるもの系の味でした。
別に悪くもなんともないです。
 
つまり、鳩、イケます!
みなさんも鳩が出たらおじけずに食べましょう♪
 
 
イメージ 7
 
 
 
そしてデザートは「小さいリンゴ丸ごと」
一応、切れるのか?というナイフも付いていたが
私的にはお手上げである。
 
しかしこのリンゴ、どこ産なんだろう???
 
 
さて、ご飯の後はまたピラミッドが続きます。
 
 
場所はナイルを少し南に下った方向のダハシュールです。
 
イメージ 16
現存する最古の「真正ピラミッド」であるスネフル王の「赤のピラミッド」
赤みのある石灰岩で出来ているので「赤の」と付く。
 
イメージ 17
 
屈折ピラミッドは、このまま作ると高さがヤバくなって、途中で変更したらこうなっちゃった・・・という代物。
こちらもスネフル王のピラミッドで、「なんでこんなん!」とお怒りになり
造りなおしたのが「赤のピラミッド」らしいのだけど・・・
 
こちらの「屈折」は入り口も、玄室も二つあると言う話だし
そうなると初めからこういうデザイン(二つの角度)でもいい気はするんですけどね。
 
 
そして次は「メンフィス」です。
こちらでは、こんな横たわる巨像が目玉でした。
 
イメージ 18
どーん、と、これだけと言っていい博物館にて。
こちらは因みに「ラムセス二世像」・・・って、またあなたですか!
あちこちに自分を作っては置いてるのねぇ〜〜
 
 
そして更に南の「サッカラ」へ
 
 
イメージ 19
 
こちらの「階段ピラミッド」はジョセル王の建設
エジプトで初めてのピラミッドになります。
 
それまでは最下段の台状の「マスタバ墓」だった物を
「えー、つまんない、つまんない、もっとなんかええ感じに出来へんの?」
「かしこまりました・・・ では一回り更に大きくしてみました」
「やや、感じ変わらんやん。なんかさ〜、ほら、今までにない感じで、ほら、なんかないん?」
「えー、これじゃぁダメ?  んーと、んーと、じゃあどうだ!マスタバ4段重ね」 
「そうそう、こんなんが欲しかったんよ、やー、やっぱさすがやね〜、頼んで良かったわ。よっ、天才!」
「いや〜それほどでも・・・。よっし、じゃあもういっちょ、後2段足して、計6段☆」
「6段!? 凄い、凄すぎ!もういつ死んでもいい♪」 
 
というやり取りは無いですけど、概ねこんな感じらしいです(笑)
 
 
これでピラミッドツアーは終了、カイロに戻って夕ご飯になります。
 
イメージ 20
 
 
 
 
 
この、ちょっと怪しい感じの船に乗って
 
ナイル川のクルーズをしながら
ビッフェ・・・・
 
 
って、もうビッフェ飽きた〜〜
 
 
 
 
イメージ 21
 
 
 
 
いままで、殆どハズレの無かった
ジュース類でしたが、
このマンゴージュースとグァバジュース、
どちらも不味かったです。
 
高いは不味いはで(涙)
 
 
 
 
 
 
イメージ 22
 
食欲があるとか、無いとかではなく
 
マジでこれぐらいしか
「食べようかな」と思う物が無かったです。
 
 
ちなみに白いのは「お粥」
これに塩をかけて食べるのが
味的にも一番「安全」でした。
 
別にお米が恋しかった訳ではないのに・・・
他のがどれだけイマイチであったのか
予想に難くないでしょう(笑)
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
ベリーダンスもありました。
 
 
 
彼女の胸が
なんかミサイルでも出そうな感じで
そういう意味では見ものでした。
 
しかしどうやったらあんな胸になるんだ・・・
人工物かなぁ
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
カラフルなスカートみたいなのを
ぐるぐる回って見せる舞踊
 
ノンストップで回り続けるけど
よく気持ち悪くならないものだ
 
 
しかし毒キノコみたいでカワイイゾ
 
 
 
 
 
と、こんな感じで四日目の夜が更けたのでした。
 
 
 
 
 

閉じる コメント(10)

顔アイコン

やはりピラミッド凄いです!
人の大きさに比べてとんでもない大きさなんですね〜!
特別のビューポイントからのピラミッド、ほんとに人がいない!
観光客の影が小さい時間帯で、暑さも相当だった事が感じられます。
エイシと言う物ナンに似てますね^^

2010/7/17(土) 午前 10:14 おばはん

顔アイコン

シマッタ!

実はまだエジプトの旅は続きます(あとまだ二日ほど(笑))
なので「コメント不可」のつもりがチェックし忘れていました。
不覚不覚。

はんさん。ピラミッド、テレビ画面しか見た事が無かったのですが
この目で見るとやはりその大きさに驚きます。よくもまあ・・・と。
スフィンクスの時はお昼前だったので日が高い頃ですが、風もあってそこそこ快適でした。
エイシ、ナンに似ていますね。文化が近いからかしら?
食べた感じもナンとピタの間ぐらいで、無理やりこじ開けて
間に具をはさんで食べたりもしました

2010/7/17(土) 午前 10:35 [ ミツコ ]

顔アイコン

フフフ、不覚だったな。
さすが王道ピラミッド。天晴でございます(写真も)。すごいわ〜!
しかしアレだね、朝食毎日おんなじだね。

2010/7/18(日) 午後 0:13 cokeru

顔アイコン

早乙女さん。流石ピラミッドはピラミッドでした。
自然の岩山じゃないのが不思議。
朝は安全な食べ物を取るとどうしても同じになります。
まあ嫌いじゃないんですけどね〜

2010/7/19(月) 午前 0:26 [ ミツコ ]

顔アイコン

一度でいいからスフィンクスを生で見てみたいですね〜すごいんだろうな〜?

2010/7/22(木) 午後 2:24 ゆぅ

顔アイコン

いや〜ぁ、すごい良い旅行記ですね。見てて行きたくなりました。
でも、食事がもう少し・・・
見た目は美味しそうに見えますがね。

2010/7/22(木) 午後 11:27 グラン・ブルー

顔アイコン

ゆぅさん。スフィンクスはそれなりに大きいのです。がその前にピラミッドと言う大物を見てしまっていて、比較すると小造りに見えて損しちゃってて可哀そうです。でも横顔のジミー大西似は是非見に行っていただきたいかも(笑)

2010/7/23(金) 午後 9:32 [ ミツコ ]

顔アイコン

グランさん。楽しんでいただけてれば幸いです。
食事はいまいちなのもありますが、次の記事に書いたように「お腹には安全」みたいで
下痢症状ゼロだったのは、違う意味でいいご飯だったかもしれませんね〜
でも美味しい方がいいわ(あははは)

2010/7/23(金) 午後 9:37 [ ミツコ ]

顔アイコン

こんにちは。私も先日エジプトに行ってきました。3大ピラミッドの写真がうらやましく(笑)、当ブログに紹介させていただきました。あと屈折ピラミッドのお写真も綺麗ですね。また今後ともよろしくお願いいたします。

2010/10/20(水) 午前 5:33 [ MANTA ]

顔アイコン

MANTAさん、こんにちは。エジプト行かれたのですね。色いろなかなか面白い国ですね。
てきとうに撮った写真とブログですが、ご紹介していただいてありがとございます☆

2010/10/20(水) 午前 8:46 [ ミツコ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事