ここから本文です
周防の風
●100Kmウォーカーの集まりである「周防の風」メンバーの交流サイトです。大会情報発信しています。
第4回飯塚ー武雄100キロウォーク参加者募集要項


===開催概要(申込方法)===

開催日時:2017年9月17日(日)正午〜9月18日(月)正午 雨天決行
歩行距離:100㎞
コース  :JR新飯塚駅〜桂川町〜冷水峠(国道200号)〜原田公園(国道3)〜国道34号〜佐賀県庁近く(森林公園)〜武雄市役所前広場
スタート:JR新飯塚駅前健幸交流広場
ゴール  :武雄市役所前広場
制限時間:24時間
申込資格:開催日に20才以上の健康な男女、100キロウォーク経験者及び準る力のある方、公共のマナーを守れる方、20才以下は主催者に相談下い。
募集人数:300人
(但し、期日内でも定員になり次第締め切りに致します。ブログにてお知らせいたします。)
参加費 :5,000円(振込み手数料はご負担ください。)
荷物預かり:有り
  ■原田公園までが目標の方は預けない方が宜しいかと思
います。
  ■リタイア(棄権)の場所や時間により、JRで帰宅の場合は着払いにてお送り致します。
大会写真等:写真などブログ等に該当者の承諾無く使用する事を承諾下さい
申込方法:ゆうちょ銀行の払込取扱票(青い用紙)に必要事項を記入上、払い込みして下さい。
振込み手数料はご負担ください。
一人1枚記入の事  
 口座記号 01790-6-142691
 加入者名 千代田 泰  金額5000円
 ■通信欄に必要事項をご記入下さい。
 ①郵便番号 ②住所 ③氏名 ④氏名(ふりがな)
 ⑤大会当日の年齢、生年月日 ⑥性別 ⑦携帯電話
 ⑧緊急連絡先電話番号と続柄
 ⑨大会参加誓約書の署名と印
(交通ルールを守り、事故と健康管理は自己責任として参加します。)とご記入の上、署名と押印お願い致します。
※ 参加費は大会に参加出来なくなった場合、申し込み期間中は手数料を引いて返金致しますが、中止の場合も含めて返金できませんので宜しくお願い致します。
記入頂いた申込みの個人情報は本大会以外では使用致しません。
 ■C.P、S.Pでは飲み物を提供しますが、その際のゴミ削減の為マイカプ、空のペットボトルをご持参お願い致します。
申込開始日:6月1日(木)〜6月30日(金) フライイングは無しでよ!

申込受付後:参加者には8月初めに、詳細説明書、受付票、地図等を郵送
にてご案内いたします。(熟読されて参加お願い致します。)
問い合わせ先:
ブログ http://blogs.yahoo.co.jp/chikuhou100
     
飯塚ー武雄100キロウォーク実行委員会  
  090-7985-7483(千代田)
  090-3076-0481(福田)
  080-1771-3535(宮原)
 
 昨年の大会に申し込みされた皆様には今月末に郵送致しますので今年も参加宜しくお願い致します。

イメージ 1



昨年は台風の影響で中止になりましたので、今年はぜひ参加したいですね。
一昨年参加時のブログはこちらです。


【ブログ村】のランキングに参加しています。
イメージ 6
よろしければクリックお願いします。<m(__)m>


≪スケジュール≫

05月28日(日) 第23回ひたチャレンジウォーク  
06
月03日(土)〜4日(日) よしとみ70Kmウォーク  
06月17日(土) 第1回公式練習会 行橋〜中津 36km
07月  日( ) 情け無用周防大島100Kmウォーキング 
07月22日(土) 第2回公式練習会&ビアガーデン 宇島〜行橋 18km
08月10日(土)〜11日(日) 第3回公式練習会(夜間) 宇佐〜別府 40km
09月09日(土)〜10日(日) 第4回公式練習会(夜間) 行橋〜宇佐 60km
09月17日(日)〜18日(祝) 飯塚-武雄100キロウォーク 
10月01日(日) 100km清掃 
10月07日(土)〜08日(日) 行橋〜別府100キロウォーク 
10月14日(土) 100km打ち上げ 
10月28日(土)〜29日(日) さぎ100 三原佐木島100Kmウォーキング 
11月  日( ) SUN-IN未来100Kmウォーク 

公式行事 管理人予定 そのほか


この記事に

「国東半島ほとけの里 第34回 昭和の町・豊後高田ふれあいマラソン大会」…参加しました。


5月21日(日)に開催された「国東半島ほとけの里 第34回 昭和の町・豊後高田ふれあいマラソン大会」というなんとも長い名称の大会に参加しました。10Kmランがメインの大会ですが、参加した種目は6.5Kmウォークでやんす。
参加者は思っていたよりは多く、300人程でした。

コースは会場の中央公園をスタート、ねぎ畑などがある干拓地の一部をくるっと回りスタート地点に戻ります。

参加費は1,500円ですがお弁当、そばのお土産付き、抽選もあり(ビールを引き当てました。)、また富貴寺では無料拝観券でお参りし、これまた無料温泉入浴券で温泉も楽しめました。超お得なおもてなしでございました。

さて、ウォークは豊後高田市ウォーキング協会の方が先頭で、それについて歩くという風で、タイムを争うわけではありません。
五月晴れで日差しの強い中、1時間15分ほどで完歩いたしました。

イメージ 6

■受付会場:ラン・ウォーク合わせて1,600名程の参加者です。
イメージ 3

イメージ 2

イメージ 16

■参加賞:ランの人は参加賞としてこんなお面もいただけます。
イメージ 4

■お弁当:美味しくて完食いたしました。
イメージ 1

■完歩証:まだ歩いてないのですが、ナンバーカードと一緒にいただきました。
イメージ 5

■スタート前の準備体操:足底・ふくらはぎ・背中痛、あちこちガタがきているわたくしは見ているだけです。
イメージ 7

■ウォークのスタート:
ランはスタート前、盛り上げの催しがあるようですが、ウォークはほら貝を合図にゆっくりとスタートいたしました。

イメージ 8

イメージ 9

■昭和の町を抜けて海岸方向へ

イメージ 10

■ウォーキング協会の方が先頭です。追い越さないように!

イメージ 11

■スタートしてまだ1Kmも進んでいませんが長〜い列になっています。

イメージ 12

■豊後高田名物
ねぎ畑
イメージ 13

イメージ 14

■市街地へ戻ってきました。もうすぐゴールです。

イメージ 17

■ゴールです。ゴールといっても特別になにもありません。
イメージ 15

■おまけ
イメージ 20

イメージ 21

イメージ 19

イメージ 18



【ブログ村】のランキングに参加しています。
イメージ 6
よろしければクリックお願いします。<m(__)m>


≪スケジュール≫

05月28日(日) 第23回ひたチャレンジウォーク  
06
月03日(土)〜4日(日) よしとみ70Kmウォーク  
06月17日(土) 第1回公式練習会 行橋〜中津 36km
07月  日( ) 情け無用周防大島100Kmウォーキング 
07月22日(土) 第2回公式練習会&ビアガーデン 宇島〜行橋 18km
08月10日(土)〜11日(日) 第3回公式練習会(夜間) 宇佐〜別府 40km
09月09日(土)〜10日(日) 第4回公式練習会(夜間) 行橋〜宇佐 60km
09月17日(日)〜18日(祝) 飯塚-武雄100キロウォーク 
10月01日(日) 100km清掃 
10月07日(土)〜08日(日) 行橋〜別府100キロウォーク 
10月14日(土) 100km打ち上げ 
10月28日(土)〜29日(日) さぎ100 三原佐木島100Kmウォーキング 
11月  日( ) SUN-IN未来100Kmウォーク 

公式行事 管理人予定 そのほか


この記事に

「的山(あづち)大島一周35㌔ジョグトリップ」…参加報告


平戸の的山(あづち)大島を一周するジョグトリップに参加されたとしちゃんの投稿です。

イメージ 22


投稿:としちゃん
ユニークな大会、貴重な体験をしてきました。
ジョグトリップ主催「的山(あづち)大島一周35㌔マラソン
  
514日にジョグトリップ主催の「的山(あづち)大島一周35㌔マラソン大会」に出てきました。ジョグトリップの大会はショートカットありワープありの“ゆっくりと楽しく”がモットーの大会であるので気が楽なのですが、それがあざとなりました。今回全く旅行気分で出発した為、途中で大事なGPS時計忘れたことに気が付きがっくり、さらに途中の給油所で支払いカード抜き忘れたことや、携行用の小銭入れも忘れるしまつ。あんまり気が抜けてるとこんなことになるので、皆さんもご用心!
こんな事ではこの先何かなければと危惧していたところ、本番でもやってしまいました。

■前泊のホテルから平戸城を望む
イメージ 1

平戸市内に前泊して、翌日825のフェリーで的山大島へ。大体の予想はついていたものの、フェリーが島に近づくにつれて、“これは大変なコースになろう?”とは想像がついた。見るからに平地がない。ぎゅーっと詰まった土地に数カ所の漁港があるだけで、その他はすべて山である。

もう少しで着岸、平地はなさそう。風力発電の風車があるということは風も強い。
イメージ 2

■9
30スタートで出場者数は13人とのこと。こんな大会も結構面白い。
イメージ 3

イメージ 4

スタートして数百メートルで上りに入る、これも結構な坂である。

まずは4㌔先ぐらいの「馬の頭鼻灯台」を目指すが、今まで登ってきた坂を海に向かって一気に下る。
イメージ 5

下るということは、またこの急傾斜の下りを折り返しで登ってくることになる(ウヘ〜!)
イメージ 6

何とかクリアして12㌔地点の「平の辻農村公園(この島最高地点)」を目指す。ツヅラ折りの坂道を登っていく。途中、農作業をしてる島民の方とお話をし、この上に上がると棚田が綺麗と教えて頂く。
イメージ 7

確かに奇麗な風景だが、さらに上って「平の辻公園展望所」から見下ろした棚田風景は最高であった。(棚田百景に入っていないんだろうか?)
イメージ 8

イメージ 9

展望台から見た、ここの棚田が最高に奇麗でした。いかに平地がないか
イメージ 10

先に着いていた女性ランナーに「ものすごい坂ですね!まるでトレイルラン!」とか言うと、「ここが最高地点ですからこれ以上はないですよ」と言う。「いやいやそんな言葉に騙されませんよ」とかの会話を交わし、次のエイド16㌔地点の「長崎鼻」を目指す。

平の辻公園エイド
イメージ 11

多少下りにもなるが、また登り。ここもなかなかの風景であった。

イメージ 12

イメージ 13

次は25㌔地点の「賀断崖、大賀鼻」を目指すが、ここで大失態。左曲がるところを直進してコースアウト!かなりのショートカットのコースをたどっていた。途中どうしても不安になり、前から来たカブに乗ったおっちゃんを止めて、「私は今何処にいるんですかね?」と地図を見せて尋ねると、「あんた何処に行きたいんかね?」と言われ、「ここに行きたい」と地図で指し示す。「こら〜全然違うバイ、今はこの辺よ」と言われ途方に暮れる。「あんた、もう走ったことにして、このまま行ったらどうね?」と言われるが「そう言う訳にもいかないんで、もしよかったら他のランナーの所まで乗せてもらえませんか?」と厚かましく言ってみたものの、“カブじゃダメかな?”と思ったところ、後ろを少し空けてくれて「後ろに乗りなせ」と言われ、嬉しくも遠慮なく乗せてもらった。初めてのるカブの後ろ、怖くもあり、二人乗り、ヘルメット無しはダメやろう、と思いながらも、島だから警察も多めに見てくれるかと良いように考えながらランナーの見えるところまで送ってもらった。前に出るわけにもいかず、後尾に付ける。


このおっちゃんの後ろに乗せてもらった。バイクの後ろは初めて。怖かった。
イメージ 14

やっと大賀エイドまで到着。

大賀断崖、ここも綺麗だった。学生時代に行った北海道礼文島の桃岩辺りを思い出す。
イメージ 15

イメージ 16

一息入れて、再度今まで走ってきた道をダブりながらゴールを目指す。途中、大島中学では運動会が行われており、そこをチョット見学しようと歩いていると、「ここまで間違えんで来たね!」とおっちゃんに話しかけられたので、主催者の方かと思い「いや〜私道間違えたんですよ」と言うと、「さっき私があんた乗せたんよ」と言われ、あれ?よく見るとさっきのカブのおっちゃんである。「ええ〜、さっきはありがとうございました、助かりました。さっきは帽子か被ってなかったですか?」と言うと「さっきはヘルメットを被ってた」と言う、納得である。


地元中学の運動会、ここでまたあのカブのおっちゃんに会った。狭い島の中、これも何かの縁だろうか?
イメージ 17

保存地区にも指定されている神浦地区の古い街並みと、由緒ありそうな「天降神社
イメージ 18

イメージ 19

丁重にお礼を言ってゴールを目指す。

的山港ゴールに向かっての最後の下り、のぞかな風景
イメージ 20


ゴールが見えてきたが誰もいない。さらに近づくと、主催の方一人写真を撮りに待っていてくれた。時間を見ると2時15分過ぎ。「前の方はもうフェリー乗られましたか?」と聞くと、「もう先に着いた方は2時のフェリーで帰った」と言う。乗り遅れたか!お陰で2時間待ちである。それでも天気も良く、後続のランナーが着くのを待って、いろいろ話しながら時間をつぶすことができた。今回いろんなアクシデントに見舞われた2日間ではあったが、天気も良く、島の人の人情にも触れることができ、なかなかいい大会を経験することができて良かった。それにしてもかってない強烈なアップダウン!これも2週先の「恵比寿大黒ウルトラマラソン」に少しでも足づくりになればと出てみた大会でした。恐らく「恵比寿大黒」の序盤も今回のような半島のアップダウンの連続が予想されます。
いささか不安ではありますが、頑張ってきます。

■1625発のフェリーで島を後にする。
イメージ 21



【ブログ村】のランキングに参加しています。
イメージ 6
よろしければクリックお願いします。<m(__)m>


≪スケジュール≫

05月28日(日) 第23回ひたチャレンジウォーク  
06
月03日(土)〜4日(日) よしとみ70Kmウォーク  
06月17日(土) 第1回公式練習会 行橋〜中津 36km
07月  日( ) 情け無用周防大島100Kmウォーキング 
07月22日(土) 第2回公式練習会&ビアガーデン 宇島〜行橋 18km
08月10日(土)〜11日(日) 第3回公式練習会(夜間) 宇佐〜別府 40km
09月09日(土)〜10日(日) 第4回公式練習会(夜間) 行橋〜宇佐 60km
09月17日(日)〜18日(祝) 飯塚-武雄100キロウォーク 
10月01日(日) 100km清掃 
10月07日(土)〜08日(日) 行橋〜別府100キロウォーク 
10月14日(土) 100km打ち上げ 
10月28日(土)〜29日(日) さぎ100 三原佐木島100Kmウォーキング 
11月  日( ) SUN-IN未来100Kmウォーク 

公式行事 管理人予定 そのほか


この記事に

「第4回さぎ100 三原 佐木島100キロウォーク」…ご案内


情報提供:マメつぶてんさん

広島県三原市沖に浮かぶ佐木島を約9.3周する100キロウォークです。

イメージ 1

イメージ 2

 開催日 2017年10月28日(土)〜29日(日)
 制限時間 30時間
 参加費 10,000円(往復乗船券・3食+夜食・保険代・リタイア時の宿泊料含む)
 申込期間 7月15日(土)〜9/15日(金)

 詳しくは、「第4回さぎ100 三原 佐木島100キロウォーク」ホームページをご覧下さい。

 昨年、マメつぶてんさんが参加されました。その時の参加ブログはこちらです。


【ブログ村】のランキングに参加しています。
イメージ 6
よろしければクリックお願いします。<m(__)m>


【管理人近況】

足底筋膜炎痛に超音波治療を始めて約50日、20キロまでならば翌日に痛みが残らなくなってきました。
Mランドの申込締切が今月末に迫っていますが、さてさてどうしましょうかね。

この記事に

「第6回佐世保島原ウルトラウォークラリー 完歩記」…マメつぶてんさん投稿

 
マメつぶてんさん投稿

糸島の雨でマメを作り、練習のつもりで参加した29日の飯塚かち歩き42.195㎞コースで更に大きなマメを作ってフラフラで歩き、今大会前日に何とか歩ける程度に。

毎度雨に苦しめられる佐世保島原なので不参加も考えましたが、天気予報では雨が降らないとのこと。足裏と相談しながら、連続リタイアも覚悟での参加です。

イメージ 13
 

 自身この大会は4度目。コースは前回と変わりなく、主な変更点は、傘の使用が一部禁止から全面禁止になったのと、タイムの計測がICチップ入りのリストバンドからゼッケンに貼られたQRコードになったこと。QRコードを使った大会には参加したことがないので、果たしてどうなのか興味津々。
第1CPにはたどり着きたいところです。


新採用のQRコード
イメージ 1

受付後、手○さんとお会いし開会式前まで懇談しておりました。
イメージ 2

去年は開会式前から風雨が強かったのですが、今年は日射しが気になる陽気です。12時に佐世保市体育文化館をスタート! 果たしてマメは10㎞もつのか?
イメージ 3
 
大塔辺り(約6㎞)で後○さんと遭遇も着いて行けず。今大会は20歳以上に限られているので、お子さんはおられません。後○さんは女性1位でゴール。それでもまだ課題が残っているとのことで、その向上心を見習いたいところです。
また、川崎市から参加されたある方は、4月に糸島を含め4週連続で100㎞大会を歩き、中2日での佐世保とのこと。強者はいるものと感心しきり。

ハウステンボス(約14㎞)手前、まだマメは大丈夫みたい。


南風崎(約15㎞)を過ぎた辺りで、急に大粒の雨粒が落ちてきて、下を向くと帽子の庇から水滴がボタボタ垂れる程に。スマホで撮ろうとしますが、濡れてうまく作動しません。やっぱり佐世保島原は雨なのか…。

幸い10分ほどで雨は止み、靴もそれほど濡れていません。でも、その後は蒸し暑い。
イメージ 4
川棚バスセンター(25.2㎞)には、WCと非公式SPがあります。
グレープフルーツジュースがめちゃくちゃ美味しかったです。ありがとう。

第1CP東彼杵(32.4㎞)に到着。ここは32㎞チャレンジコースのゴールでもあります。
イメージ 5

注目のQRコードは、スタッフがスマホで読み取ります。所要時間は10秒程度でしょうか。予想外に各CPで渋滞はありませんでした。
イメージ 6

大村湾の夕日。
イメージ 7

最近の私のマメ対策は、テーピングは直しに時間がかかるのと悪化した時に剥がすのに痛いので、馬油塗りだけにしています。タイムロス覚悟で、第1〜3CPで馬油の塗り替えと靴下を替えました。古部SP(82.5㎞)でも状態を見るために塗り替えますが、意外と大きな異常はない様子。
一方、風があって気持ちがいいのに、大村CP(50.1㎞)からは、気力と体 

最終の湯江CP(残り9.3㎞)到着。そろそろパンとバナナとオレンジに飽きているところ、ここは栄養ドリンクが名物。スタッフがフタを開けてくれます。
いつもよりは明るくなっていないし、マメも大丈夫そう。いけるかも。
イメージ 8
 
雲仙岳が朝日に照らされて綺麗です。
 日も横から射すので、建物の陰になり全然暑くなく、さわやかな朝です。
イメージ 9
 
大村湾の夕日。しかし、残り1.5㎞。前触れもなく突然マメが潰れ、痛みでスピードダウン。4日前のマメから、ここまで歩けるとは思っていなかったので、足の神様(存在は知りませんが)に感謝です。
イメージ 12 

結局、自己ベスト10分短縮の18時間47分の74位でゴール。
 天候に練習量と気合いが有れば、自分でも17時間切りまではできそうな気がしました。
イメージ 10

ゴール後、温泉に入り、島原名物「具雑煮」を堪能しました。カツオダシがとても効いています。
イメージ 11

 今回の帰りは、島原外港12時5分発の熊本港行きオーシャンアロー、連絡バス、新幹線(熊本―小倉)、ソニックと乗り継いで15時5分に行橋到着。諫早や三池港回りより早く帰れると思います。
力が攻め切れない状態、耐えるばかりで全く楽しくない歩きが続きました。
  
愛用のデジカメが最近壊れたので、スマホでの撮影でした。レンズが汗と雨で汚れて、一部ぼやけてごめんなさい。


【ブログ村】のランキングに参加しています。
イメージ 6
よろしければクリックお願いします。<m(__)m>


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事