全体表示

[ リスト ]

クイックサンの30インチモニターに続き、今度はDELLの30インチモニターです。
 
イメージ 1
イメージ 2
DELL 3008WFP
こいつも30インチの2560×1600です。
 
2007年頃の製品で、当時14万くらいだろうか。
 
2013年現在もこの30インチ 2560×1600クラスは12万円〜って感じです。
 
 
 
イメージ 3
イメージ 4
DELLのハイエンドシリーズ機で、メッキパーツが多用されて、スタンドはダブルヒンジと、回転台により、
チルトのほか、高さ調整、スイーベルが出来るようになっています。
 
スタンドのベース面は、アクリル?強化ガラス?で出来ており、濃い目のスモークになっています。
 
入力端子は、DisplayPort、HDMI、DVI、VGA、コンポーネント、S端子、コンポジットと至れり尽くせり。
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
とりあえず、スタンドを取り外します。
またへクスローブだ。
 
 
 
イメージ 6
基本的に爪でとまっています。
 
 
イメージ 7
スイッチは表面側パネルに取り付けられています。
慎重に取り外してください。
 
 
 
イメージ 8
イメージ 9
裏側のパネルも取り外します。
こちらは、内部シールド板が引っかかって中々外れませんでした。
 
イメージ 10
凄いバックライトインバーターの数・・・・
直下型で9本?並んでいます。
この頃のIPSパネルは透過率が低かったですから、相当な輝度が必要なんでしょうね。
 
ちなみに24インチのTNパネルだと、エッジライトで、4本くらいで済みます。
 
 
 
イメージ 11
うむ。左が電源ユニット、右がIO/制御基板です。
 
 
イメージ 12
イメージ 13
パネルはLGですね。
 
 
 
さて、故障箇所ですが、ネットにこんな情報が。
 
 
 
なるほど、まずはそこから調べてみるか。
 
 
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18
取り外した電源ユニット
 
以外にもかなり良い部品が使われている気がします。
コンデンサも殆ど日本メーカーのニチコン製です。しかも125℃品。
PC用ATX電源の高級機でも105℃品ですよ。自動車用とで125℃品は使われたりします。
 
どちらかというと業務用モニターだし、高級機で、保証も長い機種なので、
パーツも惜しまずって感じな気がします。が、壊れてるんですけどねw
 
 
 
イメージ 19
イメージ 20
ネットの情報を元に、ショットバリアキーダイオードを測定してみます。
両方向とも0V。壊れてますね。
 
 
イメージ 21
イメージ 22
ちなみに正常なダイオードだと、こんな反応になります。
順方向ではコンマ台での降下電圧が、逆方向ではOLとなります。
 
 
 
イメージ 23
イメージ 24
手前のアルミ放熱板に部品がついています。
放熱板に付いた部品を全て外さないといけません。
半田は半田吸収線で半田を取り除きます。
 
 
イメージ 25
放熱板が取れました。が、こちらではありません。こちらの下に↓の方に壊れた部品があります。
 
 
イメージ 26
イメージ 27
イメージ 28
こいつが問題の部品。
 
イメージ 29
イメージ 30
V30120S
1素子ショットキーバリアダイオードで、120V 30Aとかなり高出力用です。
 
 
秋月で代わりの部品を探します。
イメージ 31
イメージ 32
イメージ 33
MBR30200FCT 秋月で2個入り300円。
200Vの30Aで、スペックは満足してますが・・・・
2素子なので、15A+15Aなんです。個体差によって片側が過負荷になる懸念あり。
 
 
 
 
イメージ 34
イメージ 35
上が故障部品、下が交換用部品の温度特性。
故障品は125℃、交換品は75℃から出力が低下します。
それなりに発熱する部品なので、不安ですね・・・・
 
 
 
イメージ 36
イメージ 37
イメージ 38
不安はありますが、ショートしている故障品よりはマシなので続行します。
取り付け面を軽く研磨し、CPU用グリスを塗って取り付けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 39
キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!
 
 
イメージ 40
イメージ 41
1箇所ライン抜け(´・ω・`)しょぼーん
 
 
 
 
 
イメージ 42
元に戻して動作確認。その他は問題ないようです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ん?なんだか挙動がおかしくなってきました。
電源もうまく入らない・・・
 
 
やはり温度と、2素子の影響か?
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 43
イメージ 44
よく見たら、分解するときにスイッチパネルのフラットケーブルが断線していました。
 
 
 
 
 
イメージ 45
イメージ 46
イメージ 47
イメージ 48
断線部を切り捨て、研磨して半田付け。
 
 
 
 
 
 
イメージ 49
温度と2素子で不安になったので、プランBへ変更です。
CBD20150VCT  秋月で1個50円です。
150Vで20Aで2素子なのでスペックダウンしてますが、125℃品になります。
 
スペックダウンを補うため、3個並列で使用します。
写真のように元々の位置に1個、横に2個を追加します。
 
 
 
 
 
イメージ 50
ダイオードの取り付け面が金属の端子となっているため、ヒートシンクへ電流が流れないよう、
取り付けには樹脂ネジと、熱伝導シートを使用します。
 
ちなみに、純正部品は金属ネジで固定されていましたが、T型の樹脂ワッシャーを使用し、
ヒートシンクとダイオードが通電しないようになっています。
 
 
 
 
写真貼りすぎじゃぁ!ボケぇ!っとYahooさんに怒られたので、続きます。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事