ハナノの関節人形

自作の関節人形についての記録です

はじめに

すべて表示

このブログについて

イメージ 1

 
「ハナノの関節人形」は、樹脂による自作の関節人形についての記録です。
熱で硬化する樹脂粘土スカルピーによる原型をシリコーン型取りし、無発泡ポリウレタン、いわゆるレジンキャストにて置換・複製しています。

 ■「人形技法・製作過程」の項目では制作記録を掲載しています。
  その他の項目は人形と人形制作、美術にまつわる事物を中心に掲載しています。
 ■日記形式の製作工程を整理して各項目の目次を作ってみました。
  各表題をクリックすると該当の記事が展開します。
  「製作工程」の目次  「人形の素材」の目次  「人形の工具」の目次
 ■コメント、リンク、トラックバックなどはご自由にどうぞ。むしろ積極的な介入を望んでいます。
  ただ、自分は大変忘れっぽいので、
コメントの際にはできればハンドルネームを固定していただけると助かります。
  球体関節人形に限らず、人形とは直接関係ない分野からのご助言もうれしいです。
 ■毎週土曜の22時くらいから、
  Google+のビデオチャット「ハングアウト」にて仲間と一緒に制作風景を配信しています。
  コミュニティ「ねんど部」にて告知などしておりますので、
  人形制作や立体造形に興味があるかたのご参加をお待ちしています。

「YouTube」に自作の人形を使った動画などを掲載しています。
  自作のコマ撮りアニメーションや制作過程の動画のほか、「再生リスト」には造形関連の資料
  やコマ撮りで参考になった動画などを格納しています。
※ブログポータルサイト「にほんブログ村」各コミュニティに参加しています。
  「立体・造形・彫刻」コミュニティ 「人形・ぬいぐるみ」コミュニティ

顔や手足などの人形のモデル、写真などの資料提供にご協力していただけるかたを常時募集しています。
個人的なご連絡・お申し出はsculpeyandclay-blog★yahoo.co.jp(★を@に)までお気軽にどうぞ。
.  .  .  .  .  .  .

その他の最新記事

すべて表示

お肉とゴム紐と

2017/10/21(土) 午後 4:51

ポーズに合わせるかたちで肉付けをしていく。 膝関節と腿のパーツあたりは、例えば着彩後にでも接着したほうが動きを制限できてポーズが決めやすいなとは思う。 わかっていながら球のままのぶらぶらした関節にしたくなるのは、関節が球であることに理屈抜きの魅力を感じているからだろうか。

腕脚の仮繋ぎ

2017/10/9(月) 午後 2:03

ゴム紐で仮組みをして、予定通りの動きをするか確認。 制御できていない曲がり癖や伸び癖のある関節が苦手な自分にとって、中空の関節球は手強い相手。 (基本的には)ゴム紐が常に関節球の中心を通るように、関節球の各所に軸への芯打ちを施したりフックを仕込んだりしている。 足裏の関節も良い具合にポーズが決 ...すべて表示すべて表示

瓢箪

2017/10/5(木) 午後 8:22

いただきものの程良いサイズのひょうたん。 その絶妙な張りや見かけの重量感に魅力を感じて、これをある種の球体と見立てることで何かが作れないかと試してみたもの。 素材は瓢箪と木粉粘土。塗装にカシュー塗料と顔料など。 初めて自分で種や外皮なんかを除去したりして、その発酵臭を楽しんだのも良い思い ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事