DoobieのCINEバカ日誌

映画館に行こうと思いながら行けません。。。

全体表示

[ リスト ]

ひまわり

イメージ 1

1970年度作品
I GIRASOLI
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
製作:ヴィットリオ・デ・シーカ、カルロ・ポンティ
音楽:ヘンリー・マンシーニ
出演:ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ

ロシアの大地に広がる無限のひまわり。それは、つらく悲しい戦争の足跡でした。

〜あらすじ〜
イタリア、ナポリに住むジョアンナ(ソフィア・ローレン)とアントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)は、出会って直ぐに恋に落ち、挙式を挙げる。第2次世界大戦が始まり、戦争に行きたくないアントニオは徴兵を逃れようとしたが失敗し、シベリアの前線に送られてしまう。戦争が終わり、ジョアンナのもとにアントニオが行方不明との通知が届くが、納得できないジョアンナは自分でアントニオを探すため、ひとりモスクワへ。しかし、探し歩いた末、そこで見つけたのは、妻子と幸せそうに暮らす、アントニオだった。

このようにあらすじを書くと、浮気夫が兵役を口実に二重婚をしていた話みたいですが、そうではなくて、「ドイツ、イタリア、日本」と「イギリス、フランス、アメリカ、ソ連、中華民国」の間で始まった第2次世界大戦に対する反戦のメッセージが込められている作品で。。

真剣に愛し合って結婚した夫婦が、戦争により引き裂かれ、戦争が終わった後も、それぞれの事情を知らないまま再スタートさせた人生から、お互い愛し合っていると知りながらも後戻りできない、という切ない気持ちを描いています。

ソフィア・ローレン演じるジョアンナが、夫を探すため、ロシア外務省の職員に連れられて、ひまわりの花が咲く広大な草原を訪れるシーンがあるのですが、画面いっぱいに咲く黄色いひまわりの花の美しさとは裏腹に、そこは、戦争の犠牲になった大勢のイタリア兵とロシア人の捕虜、ロシアの農民たちが埋められているところだと説明を受けます。ここが、製作者の一番伝えたかったところなんでしょうね。

広大な草原に広がるひまわりの花は、オープニングとエンディングにも出てくるのですが、この事情を知る前と知った後では、観る印象がまったく違います。単に「ああ、きれいだな」という気持ちでは観れません。

ソフィア・ローレンの作品は、初めて観ましたが、日本では人気のある女優さんみたいで、最近来日してテレビ番組とかに出ているようですね。もちろん、マルチェロ・マストロヤンニの作品も初めてですが、結構二枚目です。

戦争で裂かれた悲恋の物語に、有名なヘンリー・マンシーニの音楽が切なく、草原いっぱいに悲しく咲く黄色いひまわりの花とともに私の心に長く残りそうな作品でした。

閉じる コメント(10)

駅もポイントでしたね〜ロシアからの帰り車窓のひまわり畑
号泣するソフィア・ローレン切なすぎます。マストロヤンニとは何本も共演していますがやはりこれが最高傑作ではないでしょうか TBしますね〜(いつものように音楽流れますので音量にご注意くださいませ)

2011/1/9(日) 午前 0:32 pony

顔アイコン

ポニーさん>二人は、そんなに共演しているのですか。陽気なイタリア人がお似合いでした。
ソフィア・ローレンもそうですが、
マルチェロ・マストロヤンニの切ない気持ちも十分に伝わってきて、女性はもちろん、
男性にとってもウルウルきてしまう作品だったかと思います。
これから、ひまわりの花を見る度、思い出してしまうでしょうね。
TBありがとうございました。

2011/1/9(日) 午後 10:26 ■Doobie■

確か明日か明後日あたり、NHKハイビジョンで放映されるのではなかったかしら。。何度観ても、ひまわり畑のシーンは号泣してしまいます。。録画しなくちゃ♪

2011/1/9(日) 午後 10:48 恋

顔アイコン

恋さん>そうです、そうです。火曜日に放送されるみたいですね。
私は、年末にCSで放送されたものを録画した観ました。
是非、どうぞ。感動ものです。(~~)

2011/1/9(日) 午後 10:53 ■Doobie■

顔アイコン

最初に見たときにはソフィア・ローレンの気持ちばかり考えてしまったのですが、後にみたらロシア人女性もかわいそうで・・
初期の記事ですがTBさせてくださいね。

2011/1/13(木) 午後 10:15 car*ou*he*ak

顔アイコン

カルさん>あのロシア美人も戦争の被害者のひとりと言えますよね。
ただ、ストーリーとしては、夫は戻ってきたわけですし。。
私的には、結果的に重婚していた夫が悪いような気がしなくもないです。
しかし、すべては戦争のため、ですね。
TBありがとうございました。

2011/1/16(日) 午後 4:29 ■Doobie■

誰も悪くないのに皆が切なく悲しい。これ観た時は、これ以上涙が出ないというほど泣きました。音楽は今でも名曲として様々なシーンに使われたり、歌われたりしてますね。

ローレンとマストロヤンニ、こんな悲しい映画以外にコメディっぽいのも結構あって、その落差に驚きます!

2011/1/18(火) 午後 1:28 アンダンテ

顔アイコン

アンダンテさん>涙が出なくなるほど泣くというのは、やはり女性だからでしょうね。
戦争で皆が不幸になる悲しさが理解できても、男と女の別れの切なさは、
なかなか男では実感がわきにくいかもしれません。
この2人が、コメディに出演しているとは意外ですが、
また機会があれば、その「意外な」ところを観てみたいと思います。
コメありがとうございます。

2011/1/19(水) 午前 0:19 ■Doobie■

再見できました ^^ 記事にするのが遅くなりましたが。
子供の頃は駅での別れが悲しかったりしたのですが、今観ると、あのロシアの女性の気持ちとか、マストロヤンニのあの母親の気持ちとか、色々なものも見えてくる気がしました。
ひまわり・・・切ないですねえ。。
トラバさせて下さいませ。

2011/2/8(火) 午後 11:04 恋

顔アイコン

恋さん>そうですよね。
恋さんがこの作品をいままでご覧になってないはずがありませんよね。
ロシアの女性は、夫は必ず戻ってくるみたいな強い自信が見えたような気がします。
母親、妻のソフィア・ローレンの気持ちも切なかったですね。
ひまわりがこんな悲しい花だとは。。。
TBありがとうございます。

2011/2/9(水) 午後 9:47 ■Doobie■

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事