DoobieのCINEバカ日誌

映画館に行こうと思いながら行けません。。。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

THE BUTTERFLY EFFECT
2004年度作品
監督、脚本:エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー
出演:アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、ウィリアム・リー・スコット、エルデン・ヘンソン

“バタフライ・エフェクト”とは、現在のわずかな違いが、将来の大きな出来事の差に繋がるという理論(カオス理論)を“一匹の蝶が羽ばたいた結果、地球の裏側で竜巻が起きる”という喩えで表した有名な言葉らしいです。

〜あらすじ〜
幼い頃のエヴァンは、時折、一時的に記憶を無くすという症状に襲われていた。母親は医師に相談するが、原因は見つからず、精神的なものと片付けられ、医師はエヴァンに日記をつけるように勧める。13歳のとき、幼馴染のケイリーとの仲が、彼女の兄のいたずらにより、裂かれてしまう。その時も記憶喪失が起きていた。やがて、心理学を勉強する大学生になったエヴァン(アシュトン・カッチャー)は、記憶喪失になることはなく、平穏な日々が続いていたが、或るとき、幼い頃の日記を手にした瞬間、あの頃の記憶が鮮明によみがえるのを感じた。

現在のわずかな違いが、将来の大きな出来事の差に繋がるという理論(カオス理論)をモチーフにした作品とのことですが、本作は、主人公が、過去につけた日記を読み返すことにより、記憶を取り戻し、消えていた過去をイメージすることにより、現在を自在に決定させることのみならず、過去の自分を演じることで、それにひもづく現在を変えようとするSF的な要素が入っているのが特徴です。

幼馴染の彼女、ケイリーの人生を救うために、何度も過去を変えようとするところでは、ケイリー(エイミー・スマート)が、売春婦、自殺する女から、キュートな大学生まで演じているのは、面白いところです。

対立する複数の視点から、ひとつの出来事を何度か繰り返す方法は、黒沢明監督の「羅生門」が有名ですが、本作品の場合は、視点はあくまでひとつで、出来事の方が複数発生するということで、似て非なるものになるかと思います。

主演のアシュトン・カッチャーは、2006年の「守護神」でケビン・コスナーと、最近では、「キス&キル」でキャサリン・ハイグルと共演していました。若い所為か、あまり印象に残っていませんねー。

本作は、SF的な要素があるサスペンスドラマということで、結構、話題になったみたいで、その後、「バタフライ・エフェクト2」「バタフライ・エフェクト3」と作られているようですが、この1作目に比べて、どんな仕上がりになっているか観てみたいです。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

この第1作はかなり面白かったですね。
でも、「2」「3」は不評のようです。で、観る意欲を失いました。
TBさせてください。

2012/2/26(日) 午後 9:20 [ あきりん ]

顔アイコン

あきりんさん>スピーディかつスリリングな展開が面白かったと思います。
ラストも切なかったですね。
「2」「3」はいまいちですか。では、私も観るのは後回ししたいと思います。
TBありがとうございます。

2012/2/26(日) 午後 10:36 ■Doobie■

ご訪問&TBありがとうございました。
お返しに来ました(^^)

アシュトンが若くてびっくり。そしたら2004年の作品だったんですよねー。
タイムトラベル物は大好きで、サスペンスというよりラブストーリーとして楽しみました(^^)

2012/2/26(日) 午後 11:01 なぎ

顔アイコン

なぎさん>こちらこそ、ありがとうございます。
これは、ラストが悲しいラブストーリーですよね。
タイムトラベル物は、私も好きですが、本作は、パラドックスがないので、
その辺りは、ややこしくなく観れましたね。 (^^)

2012/2/26(日) 午後 11:24 ■Doobie■

面白そうなモチーフの映画で、ずっと気になっているんですが、なぜか手が出ずにいました。
アシュトン・カッチャーのルックスに、ちょっと引いちゃってるせいもあるんですが^_^;
お話としては、多分かなり好みの映画っぽいので、そろそろ食わず嫌いを横に置いて(?)観てみようとは思っています。

2012/2/27(月) 午後 9:43 -

顔アイコン

やまねんさん>私も録画してから観ずにずっと置いておいたものでした。
それでやっと観たわけですが、面白かったと思います。
アシュトン・カッチャーは、なぜかあまり印象に残らないんですよね。
SFサスペンスドラマということで、やまねんさんの好みの作品かも知れません。
ストーリーのスケールはあまり大きくはありませんが。

2012/2/27(月) 午後 11:28 ■Doobie■

アバター

これは過去を行ったり来たりと、発想も面白かったと思います。
また切ないラストもよかったです。
はい、哀しいラブストーリーでしたね。
古い記事ですがTB致しますね〜。

2012/2/28(火) 午前 10:19 ピロシキ

顔アイコン

ピロシキさん>タイム・トラベルとはちょっと違ったアプローチなんですよね。
最初は判りにくかったのですが、だんだんその意図が見えてきました。
切ないラブストーリーとも言えるラストでしたね。
TBありがとうございます。

2012/2/28(火) 午後 9:13 ■Doobie■

アバター

この手の作品は最近よく観ますが、やはり人生って一度きりだから緊張感を持って生活できるような気がします。
「たら」「れば」は必ずしもそれが叶って幸せになるとは限りませんものね。
せつなかったけれど、映画としては面白かったですね。
大変遅くなってすみませんでした。TBさせてくださいね♪

2012/3/4(日) 午後 8:52 choro

顔アイコン

choroねえさん>こういうことができるなら、なんどもやり直せばよいと思ってしまいますからね。
確かにやり直したからと言って、よい方向に行くとは限らないかもしれません。
ちょっと複雑な作品でしたが、面白かったと思います。
TBありがとうございます。

2012/3/4(日) 午後 11:49 ■Doobie■

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事