DoobieのCINEバカ日誌

映画館に行こうと思いながら行けません。。。

全体表示

[ リスト ]

ある公爵夫人の生涯

イメージ 1

THE DUCHESS
2008年度作品
監督:ソウル・ディブ
出演:キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ、シャーロット・ランプリング、ドミニク・クーパー

イギリス中から愛されたジョージアナ・スペンサーの実話。彼女は、ダイアナ元王妃の直系の祖先らしいです。

18世紀のイギリスの衣装や風景を観ているだけで満足。
アカデミー賞の衣装デザイン賞でオスカーを取るのもわかります。

〜あらすじ〜
18世紀後半のイギリス。名門貴族であるデヴォンシャー公爵は、スペンサー家の令嬢ジョージアナと結婚する。しかし、デヴォンシャー公爵は、世継ぎのことしか興味は無く、ジョージアナに男子を産むことを要求するが、2人続けて女子が生まれてしまう。疎外感にさいなまれるジョージアナだったが、あるとき、離婚暦のあるレディ・エリザベス・フォスターと出会い、友情を育むようになる。

イギリスの、しかも18世紀の貴族の話など、私たちには、まったく知らぬ存ぜぬの世界になるでしょう。
大きな邸宅に住み、毎日のように開かれるいろいろな業界人とのパーティやギャンブルなど、華やかな社交界。うやらましい限りの生活を想像してしまいます。

でも、何不自由なく暮らしているようでも、その裏では、当人たちにしかわからないような、たいへんな苦労があるようで、それは、どの世界でも同じなのかも知れません。

裕福な貴族デヴォンシャー公爵との結婚は、ジョージアナの一生が保証されたようなもの。しかし、それは、男子が生まれればの話であって、女子を2人も生んでしまっては、話になりません。それでも、デヴォンシャー公爵にジョージアナに対する愛情があれば、違った結果になったのでしょうが、この結婚には、愛情はありませんでした。また、折角できたジョージアナの親友をも愛人にしてしまうデヴォンシャー公爵の無神経ぶり。ジョージアナが不倫に走るのも無理はありません。

華やかな世界の裏には、こうした不倫のしあいっこみたいことが行われていたということですね。
日本の皇族もいろいろあると思いますが、どうなんでしょうか。

ジョージアナ・スペンサーを演じたのは、「つぐない」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのキーラ・ナイトレイ。アゴが少々しゃくれているのは気になりますが、上品な美人顔なので、この役にはピッタリ。

デヴォンシャー公爵を演じるのjは、レイフ・ファインズ。控えめだけど、強烈な印象を残す名優。本作でも、主演のキーラ・ナイトレイよりも存在感がある演技でした。

「スイミング・プール」のシャーロット・ランプリングは、さすがにもうお年寄りの役になりますね。

知性と美貌に溢れ、イギリス中の国民に愛された貴族の夫人ジョージアナ・スペンサーの波乱に満ちた物語は、平民の私には想像も絶するドロドロ感いっぱいなものでした。

閉じる コメント(8)

公爵も楽しみ限られてますもんね〜娯楽が・・少なすぎる時代
お金あっても使う場所がない(泣)男なのでついレイフ・ファインズに肩入れしたくなります。TB&ぽち

2012/3/12(月) 午後 8:39 pony

顔アイコン

>レイフ・ファインズ。控えめだけど、強烈な印象を残す名優。本作でも、主演のキーラ・ナイトレイよりも存在感がある演技でした。

全く同感でございます!
TBお願いいたします。

2012/3/12(月) 午後 8:40 オネム

顔アイコン

ポニーさん>娯楽が少ないのは確かにつらいです。
この時代だと、パーティやギャンブル、愛人にお金をつかうしかなかったかも。
男は悲しいです。(~~)
TB&ポチありがとうございます。

2012/3/12(月) 午後 9:27 ■Doobie■

顔アイコン

オネムさん>「イングリッシュ・ペイシェント」や「ナイロビの蜂」でも、
その地味だけど印象強い演技は見せていました。
良い俳優ですよね。
TBありがとうございます。

2012/3/12(月) 午後 9:31 ■Doobie■

スペンサー伯爵家の出身。故ダイアナ妃のご先祖様。
なんだか、ダイアナさんの生涯を思い浮かべちゃう物語ですね。
英王室の歴史本を読むのが好きで(王室ファンってほどでもないんですが)、この映画もいつか観てみようと思っていました。
シャーロット・ランプリングが出てたのは知らなかったなぁ。
・・・シャープな美女も、もうお年寄り役なんですね。

2012/3/13(火) 午後 4:21 -

顔アイコン

やまねんさん>どうしても想いは、ダイアナ元王妃とかぶってしまいますよね。
いろいろとプレッシャーがあったと思います。そして、あの最期。。
私は、イギリスの王室が好きというわけではないのですが、
ヨーロッパの中世のころの衣装とか建築物とかを観るのは好きです。
なので、同じくキーラ・ナイトレイが主演した「プライドと偏見」なんかもよかったです。
シャーロット・ランプリング。。「愛の嵐」。。

2012/3/13(火) 午後 10:50 ■Doobie■

顔アイコン

この時代の英国貴族の生活、全く縁のないものではありますが、人間の感情はやはり共通しておりますね。絢爛豪華な衣装を纏っているだけに冷え冷えとした空気・・・。
TBさせて下さいね。

2012/3/15(木) 午前 10:46 アンダンテ

顔アイコン

アンダンテさん>端から見て幸せと思っても、
実際には、そうではないというのはあるんですよね。
人生とは、結局、どこで妥協するかということでしょうか。難しいものです。
作品的には、好きですが。。
TBありがとうございます。

2012/3/15(木) 午後 10:38 ■Doobie■

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事