DoobieのCINEバカ日誌

映画館に行こうと思いながら行けません。。。

全体表示

[ リスト ]

ブラック・スワン

イメージ 1

BLACK SWAN
2010年度作品
監督:ダーレン・アロノフスキー
出演:ナタリー・ポートマン、ヴァンサン・カッセル、ミラ・クニス、エリカ・セイヤーズ、ウィノナ・ライダー

結構、期待して観たのですが、ちょっと思っていたのと違う物語になっていました。
プリマドンナの地位をめぐって、血が流れて、そこがミステリーになっているのかと。。。
決して、悪くはなかったのですが。。

〜あらすじ〜
過去に挫折した元ダンサーの母親の期待を背負って、一生懸命にバレリーナの練習にはげむ娘のニナ・セイヤーズ(ナタリー・ポートマン)は、プリナドンナだったベス(ウィノナ・ライダー)の引退を受けて、「白鳥の湖」の公演の主役に抜擢される。しかし、得意な白鳥のみならず、邪悪な黒鳥も演じなければならないニナにとっては、それは大きな試練だった。そこに、有能な新人ダンサーのリリーが表れたことによって、ニナの焦りは頂点に。。

監督のダーレン・アロノフスキー(レイチェル・ワイズのだんな)と言えば、「ファウンテン 永遠につづく愛」を観たときに、わけのわからない作風と私の中では定着してしまっていたので、本作品もどうなのかなと思っていましたが、「ファウンテン」に比べると、かなり普通っぽい作品になっているとは言え、やはり、わけのわからない作風は残ったままでした。

サスペンス風でもあり、ホラー風でもあり、この作品を一言で言い表すのは難しいのではないかと思います。観終わった後、結局、この物語は何だったのだろうかと考えました。ニナは誰も殺していないし、傷もつけていない。単なる仕事に悩む一人の女のドラマだったか、みたいに。

母親の期待、自分にとって難しい黒鳥の演技、自分の地位を揺るがしかねない新人ダンサーの台頭などのいろいろな要素が合わさって、精神的にナーバスになっている彼女を表現しているのでしょうけど、それは監督の作風にぴったりだったのかもしれません。

ナタリー・ポートマンの演技については、アカデミー賞主演主演女優賞でオスカーに輝いているのですが、確かに、白鳥や黒鳥の踊りはすばらしいと思いますし、演ずるにあたってすごい努力もしていると思うのですが、踊り以外の演技については、あまり特筆すべきものではなく、普通に思えます。それでも、彼女の演技がすばらしいと思えるとすれば、それは演出の成果でしょう。

ちょっと期待はずれの感もありながら、ナタリー・ポートマンの白鳥の演技と監督の演出には十分納得できる作品でした。

閉じる コメント(8)

確かに内容は?と聞かれると「単なる仕事に悩む一人の女のドラマ」であります。(笑)どんな過酷な職業でも自分が黒い怪鳥に変身するまでのことはないかと・・いやはや凄い映画でした
TB&ぽち

2012/3/18(日) 午後 11:48 pony

顔アイコン

ナタリーは迫真・入魂の演技でアカデミー賞も納得!!でした。
でも、グサッとか痛いのが苦手なので、本当に怖かったです!
実は、プリマを二人も廃人にしてしまったあの監督が無能か病気だと思うんです・・・
TBさせて下さいね。

2012/3/19(月) 午前 11:19 アンダンテ

顔アイコン

ナタリー・ポートマンの演技が上手いかといわれると、正直あまり、演技派とは思っていません。今回も、ドラマの味付けが面白かった作品だと思います。それと、あんなヤワな精神力では到底主役はできないというのが、バレエ界ではあたりまえのようです。
私は、監督役のヴァンサン・カッセルが好きで見たようなものなので、おまけに面白かったので、特に、母子関係とか、満足です。
TBこちらからもお願いいたします。

2012/3/19(月) 午後 7:05 オネム

顔アイコン

ポニーさん>作品の出来はすばらしいの一言なんですが、
冷静に考えるとどういう作品だったのだろうという疑問が残ってしまいます。
まあ、あまり考えすぎずに楽しむのが良いでしょうね。
TBとぽち、ありがとうございます。

2012/3/19(月) 午後 9:48 ■Doobie■

顔アイコン

アンダンテさん>迫真の白鳥の舞は、すばらしかったですね。オスカーも納得です。
作品自体は、ミステリーのような、ホラーのような、よくわからんものだったように思えます。
あの監督は、あれだけのやり手でないと勤まらないのかもしれませんね。
無能か病気というのはいい表現です。(~~)
TBありがとうございます。

2012/3/19(月) 午後 9:59 ■Doobie■

顔アイコン

オネムさん>迫真だけど、迫力に欠けているのでしょうか。少し大人しめですよね。
やはり、弱い精神力では、プリマドンナは無理ですか。
周りで踊る、普通のダンサーでも難しいかもしれませんね。
私は、ヴァンサン・カッセルという俳優は、今回で初めて知ったと思ってたのですが、
「イースタン・プロミス」などに出ていたのですね。
注目しておきます。
TBありがとうございます。

2012/3/19(月) 午後 10:05 ■Doobie■

顔アイコン

はじめまして、こんばんは。
これは観ましたね。途中で現実と妄想が入り混じってどうなって
るのと感じました。たしかにホラーかミステリーか成功物語か
分からないですね。すっかり振り回されました。
しかし観た後はインパクトが強くて感心しました。まさかまさか
あれよあれよという間に終わってしまいましたね。
電車のシーンはゾクっとしました。

2012/3/21(水) 午後 9:43 [ hisa24 ]

顔アイコン

hisa24さん>こんばんは。こちらこそ、はじめまして
心理サスペンスということですから、主人公の心の中を表現しているのでしょうけど、
観ているこっちは、振り回されますよね。結局は、本人の思い過ごしみたいな。。。
とはいえ、ナタリーの迫真の演技と監督の演出で、すごい作品になっていることは間違いないです。
観て損したとは思いませんでした。コメありがとうございます。

2012/3/21(水) 午後 10:57 ■Doobie■

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事