DoobieのCINEバカ日誌

映画館に行こうと思いながら行けません。。。

全体表示

[ リスト ]

ファム・ファタール

イメージ 1

FEMME FATALE
2002年度作品
監督、脚本:ブライアン・デ・パルマ
音楽:坂本龍一
出演:レベッカ・ローミン=ステイモス、アントニオ・バンデラス、ピーター・コヨーテ

ブライアン・デ・パルマの作品は、以前「ブラック・ダリア」を観たときに記事にしようと思ったのですが、作品が、あまりにつまらなかったので、あのときはスルーしました。今回は。。。

〜あらすじ〜
カンヌ国際映画祭の会場で、カーペットを歩くゲストが身にまとっている1000万ドルの宝石を狙っているグループがいた。その中のひとり、ローラ(レベッカ・ローミン=ステイモス)は、その宝石を盗むことに成功するのだが、グループを裏切って逃亡を計る。

古い映画を背景にしたオープニング・タイトルを観ただけで、この監督が只者ではないことがわかります。
その後の、カンヌ国際映画祭での宝石強奪の場面で使われている坂本龍一が作ったラベルの「ボレロ」の編曲版がうまい。この音楽に合わせて、最初の20分間に、この作品の中心となる出来事が遂行されるわけですが、この作品は、この部分と最後の10分にそのすべてが集約されているようです。

1987年作の「アンタッチャブル」の階段のシーン(有名ですよね!)もそうでしたが、スローモーションの使い方が秀逸のようで、デ・パルマ作品をそんなに多く観ていない私でも、うなづけるシーンが本作でも使用されていて、そこは見どころになっています。

最後の10分間は、いままでの出来事は結局、夢だったのか、みたいにすべてをひっくり返してしまうドンデン返しになっているのですが、ここでもスローモーションが効果的に使われていて、さすがと思ってしまいます。

主演のレベッカ・ローミン=ステイモスは、「X−メン」シリーズに出ているそうなのですが、私は観ていないために今回初めて彼女を知りました。スタイル抜群なのですが、その意味では、セクシーなシーン満載の本作は、彼女のための映画と言っても過言ではありません。

アントニオ・バンデラスは、なんでこんな中途半端な役で出ているんだろうと思えるくらい存在感がいまいちでした。

ブライアン・デ・パルマのファンならずともその魅力を知っている人、レベッカ・ローミン=ステイモスのファンの人にとっては、見応えのある作品かと思います。

閉じる コメント(8)

これはTVで放送したものしか観ていないので、100%楽しむためにはDVDか劇場鑑賞しかないと思っています。確かに面白いストーリーだったと思うので、早く観返したいですね。

2012/3/25(日) 午後 11:28 麺達郎

顔アイコン

麺達郎さん>デ・パルマ作品は、アタリハズレがあるようで、この作品は、
どうやらアタリみたいですね。
レベッカ・ローミン=ステイモスのエロチシズムがあって、
より一層、作品の出来の良さが際立っていました。
もう一度観なきゃ損ですよ。(~~)
TBありがとうございます。

2012/3/26(月) 午後 8:13 ■Doobie■

アバター

この映画は観ましたー。
そうそう、レベッカはじめ、スタイルのいい女性がいっぱい出てたような。。
いかにもデ・パルマって感じの作品でした。

2012/3/27(火) 午前 1:14 ピロシキ

顔アイコン

こんばんは。
デ・パルマは初期の作品が好きですね。これも悪くはないですが
夢だったというどんでん返しがどうも引っかかります。そりゃ
禁じ手だろうと思いましたね。だけど物語としては面白かった
ですね。バンデラスは情けない。

2012/3/27(火) 午後 11:19 [ hisa24 ]

顔アイコン

ピロシキさん>こんなスタイルの良い女性が世の中にいるのかというほど、
トップモデルさんみたいな女優が出ていましたね。
その意味でも観る価値はあろうと言うものです。
エロチックなデ・パルマ良いですね。

2012/3/28(水) 午後 8:36 ■Doobie■

顔アイコン

hisa24さん>こんばんは。
そうですね。ストーリー性にこだわる人には、いまいちかもしれませんが、
この作品は、トータル的なセンスの良さを観る作品かなと思います。
バンデラスは、存在感があまり無くてもちょっとしたアクセントになって、
逆によかったかなと。。。

2012/3/28(水) 午後 8:45 ■Doobie■

顔アイコン

すっかりレベッカ・ローミンにやられました(最後の方にはサービス映像もあったし・・・(喜))。
デ・パルマのこの手の作品の中では私のイチオシです。
TBさせてください。

2012/3/29(木) 午後 7:33 [ あきりん ]

顔アイコン

あきりんさん>彼女の楽しいサービス・カットいっぱいありましたね。
私は、あまりデ・パルマ作品観てないのですが、あきりんさんが、イチオシということで、よかったです。
他の作品もいずれ観てみたいと思います。
TBありがとうございました。

2012/3/29(木) 午後 9:53 ■Doobie■

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事