DoobieのCINEバカ日誌

映画館に行こうと思いながら行けません。。。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

THE POSEIDON ADVENTURE
1972年度作品
監督:ロナルド・ニーム
製作:アーウィン・アレン
音楽:ジョン・ウィリアムズ
出演:ジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、レッド・バトンズ、キャロル・リンレー、ロディ・マクドウォール、パメラ・スー・マーティン

70年代のパニック映画ブームの代表的な作品でした。地上波放送を含めて、もう、5,6回は観ていますね。

〜あらすじ〜
豪華客船ポセイドン号は、大晦日の夜に起こった海底地震の影響で32メートルの大津波に遭い、転覆してしまった。フランク・スコット牧師(ジーン・ハックマン)は、このまま残るよりも、機関室に向かった方が良いと判断し、皆を説得するが、付いてきたのは9名だった。

冒頭、フランク・スコット牧師(ジーン・ハックマン)は、皆に説教します。「神に救いを求めてはならない。神は勝者が好きだ。大事なのは勝つ努力だ。」と。。

一番最初に津波が大食堂を襲ったときに、牧師が「機関室に向かって自分で歩き出そう」との勧めを聞かず、ほとんどの人がこのまま救助を待つと言い、ここで命の明暗が分かれてしまいます。では、牧師と一緒に自分の足で機関室に向かった人が全員助かったかと言うと、そうでもないところが、人生は自分ではどうにもならないことを表現しているような気がします。

本作は、視覚効果でオスカーを取っているだけあって、転覆して上下さかさまになったセットなどCGで作られたものとは一線を描くものがあります。2006年作のリメイク版の「ポセイドン」では、CG満載で現実感があり、ハラハラ感も多く感じましたが、人間ドラマの部分がほとんどない、うすっぺらい作品になっていました。

ジーン・ハックマンは、この作品の後の「スーパーマン」シリーズで、悪役レックス・ルーサーを演じたために、わたしの中では、悪役のイメージがついてしまいました。

パニック映画の金字塔であり、一大スペクタクル作品なのですが、そこに人間ドラマが絡んでいるということで、初公開されてから40年経つとは思えない、大変重厚で見応えのある作品になっています。

閉じる コメント(6)

初めて見た時の感動がよみがえってきます。
太った上流奥さまの頑張り、その旦那さん、パニクるばかりの女の子、ボーグナイン刑事とそのワケあり奥さんとのやりとり、ハックマン牧師の最後の姿。
パニックの中の重厚な人間ドラマ。何十年たっても色褪せない傑作だと思います。

2012/4/8(日) 午後 8:51 -

顔アイコン

やまねんさん>私が初めてこの作品を観たのは、地上波の映画番組で、、
「最後に残ったのは何人か」みたいなクイズがありました。
その時は、無論、吹き替えだったのですが、
今回は、CMなし、字幕で観て、新たな感動を覚えてしまいました。
本当に何年たっても感動できる、色褪せない傑作ですね。

2012/4/9(月) 午前 2:47 ■Doobie■

顔アイコン

海洋パニック映画の先駆けの様な作品ですね。公開当時、劇場で観て本当に凄い迫力と感動で、暫く立ち上がれない位だった記憶が。
TVの放映で何度見ても感動します。自分だったら、どの人だろう・・・と考えたり。

2012/4/9(月) 午前 10:55 アンダンテ

顔アイコン

アンダンテさん>公開当時、映画館でご覧になったのですか。
それは、感動必至ですよね。うらやましいです。
私は最近、映画館に行ってないので、感動を忘れ気味です。
でも、映画館でも感動して、TV放送でも感動できる作品が良い映画なんでしょうね。
「どの人だったら」は、「どの人でありたい」みたいな。。

2012/4/9(月) 午後 10:03 ■Doobie■

顔アイコン

こんばんは。
これは面白かったという記憶があります。当時としては大掛かり
なセットでした。船内が逆さまになっていましたね。
シェリー・ウィンタースが太っていても泳いだので驚きました。
ラストは息苦しい船内から脱出して青空が見えた時、ホッとしま
した。船底が海上にでていたのには納得しましたね。

2012/4/15(日) 午後 11:12 [ hisa24 ]

顔アイコン

hisa24さん>セットがすごかったですよね。
転覆する途中の描写とか、その後の上下さかさまになった船の中とか、今観ても迫力あります。
シェリー・ウィンタースって有名な女優さんなんですかね。
あまり他では観たことありませんけど、おそらく古い作品で活躍されている人なんでしょう。
面白い作品でした。

2012/4/16(月) 午後 9:19 ■Doobie■


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事