DoobieのCINEバカ日誌

映画館に行こうと思いながら行けません。。。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

MISSION: IMPOSSIBLE - GHOST PROTOCOL
2011年度作品
監督:ブラッド・バード
製作:トム・クルーズ、J・J・エイブラムス他
出演:トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ、ポーラ・パットン

やっぱり、こういう大作は、映画館で観ないとだめですね。

〜あらすじ〜
IMF(米国極秘諜報機関)のエージェント、イーサン・ハント(トム・クルーズ)に送られた次なるミッションは、ロシアのクレムリンで「コバルト」という人物の情報を取得することだったが、突然、クレムリンが爆発し、その爆破テロの容疑が、イーサン・ハントに向けられてしまう。そこで、大統領は、「ゴースト・プロトコル」を発令、IMFの解散を命じ、イーサンたちのチームを、IMFから抹消する。イーサンたちは、一連の黒幕を追い、爆破テロの疑いを晴らし、核テロを未然に防ぐべく、ドバイに向かう。

シリーズ第1作の「ミッション:インポッシブル(1996)」から第3作の「M:i:III(2006)」まで、映画館で観てきたのですが、今回は、映画館での鑑賞を残念し、レンタルでいち早く自宅での鑑賞という運びになりました。

ブライアン・デ・パルマ監督の第1作目は、さすがに重厚な趣があったのに対し、2作目以降は、お手軽なアクション作品になってしまい(まあ、悪くはないのですが)、今後は、どうなるかと思っていましたが、今回も、やはりお手軽アクション路線ながら、たいへん見応えのある作品に仕上がっていたと思います。お金と時間をかなりかけたと思われるシーンが満載で、その意味でもシリーズ中、群を抜いた出来栄えでしょう

企画から製作まで関わったというトム・クルーズ。このシリーズにはかなり力をいれているのがわかります。特に、スタントなしでこなしたという、世界最大のビル、ブルジュハリファで窓の外側を這い上がり、駆け回るシーン。ここでは、高所恐怖症の私には「手に汗握る」という言葉どおり、手のひらがびっしょりでした。このシーンを観ると、やはり映画館で観たかったと後悔しきりです。。。

007ばりの秘密兵器も、シリーズごとに派手になってきて、次回作ではボンドカーならず、イーサン・ハントカーみたいな車も登場するかも知れません。

「ハート・ロッカー」のジェレミー・レナーが、なかなか格好よかったです。いままでのシリーズには、なかった存在なので、「ミラーズ」のポーラ・パットンと共によいアクセントになったかと思います。
そんでもって、いままでのメンバーは、今回は出ないのかと思っていたら、最後にチラっと出ていましたね。

「ミレニアム」シリーズのミカエル・ニクヴィストも意外な役で出てました。他ではあまり観ない俳優さんですが、個性的なので、これからも活躍するでしょう。

ゴールデン・ウイークということで、いろいろな作品を「自宅」で観ましたが、今回は、この作品が、一番印象に残ったということで、記事にしてみました。次回作もあると思いますが、外せませんね。

閉じる コメント(12)

顔アイコン

劇場鑑賞しました〜♪
これは娯楽として満足できる作品ですよね。
トムちんもがんばっていたし、サイモン・ペグやジェレミー・レナーなど、脇役の活躍も見ごたえあって楽しかったです。
TBお願いします。

2012/5/6(日) 午後 10:01 オネム

シリーズも4作目となるとダレそうなもんですが、これは「見応えのある作品に仕上がって」いるんですね。
前作などをもう一度ちゃんと観てから、この「ゴーストプロトコル」を観たいと思っています♪(以前、TVで観たっきりなので、キャラとかを忘れちゃってるので)
Doobieさんも楽しまれたようですし、これは期待できそうです〜☆

2012/5/6(日) 午後 10:56 -

どんな作品も劇場鑑賞とDVD観賞では印象が違うと思います。映画は劇場鑑賞に限るなと、前々から思っていますが、この作品は特にそうかもしれませんね。

2012/5/6(日) 午後 11:13 麺達郎

顔アイコン

オネムさん>やっぱりこれは、劇場鑑賞でしょうね。
DVDだと、大きなテレビがない限り、どうしても迫力に欠けます。
脇役も主役級のチームプレイで見ごたえがありました。
私は、サイモン・ペグって知らなかったです。
TBありがとうございました。

2012/5/6(日) 午後 11:17 ■Doobie■

顔アイコン

やまねんさん>そうですね。パート4ともなると「ロッキー」シリーズだって、
ダレてましたから。。
でも、007みたいに立派に続いている作品もありますからね。
このシリーズも007みたいに続いて欲しいのですが、
トム・クルーズがいないと成り立たないと思うので、現在50歳くらいのトムですから、
せいぜいあと、1つか2つくらいの続編になるでしょうね。

2012/5/6(日) 午後 11:18 ■Doobie■

顔アイコン

麺達郎さん>映画は劇場に限るという意見もわかります。
特に、こういう大作は、やはりスクリーンでしょうね。
DVDは、そのあと、余韻を楽しむためのものにしたいです。
後悔しています。。。
TBありがとうございました。

2012/5/6(日) 午後 11:21 ■Doobie■

顔アイコン

久々のミッション、楽しみました。体を張ってのトムのアクションも見応えありましたし、チームのそれぞれの抱える悩み?も程良くて、最後にホロリとさせられたし。
TBさせて下さいね。

2012/5/7(月) 午前 10:21 アンダンテ

顔アイコン

アンダンテさん>今回は、イーサン・ハント個人よりもチームでの活躍が目立ちましたね。
50歳のトムさんが、体に鞭打っての体当たり演技。すごかったと思います。
まだまだ続編を作って欲しいですね。
TBありがとうございます。

2012/5/7(月) 午後 8:38 ■Doobie■

顔アイコン

シリーズもので1作ごとに監督が交代すると新鮮味が出ていいのかもしれません。新しいアイデアも出るでしょうし。
劇場鑑賞で手に汗びっしょり(笑)
TBさせてください。

2012/5/8(火) 午前 8:51 [ あきりん ]

顔アイコン

あきりんさん>最初の頃は、監督の名前で売り出すのも良いかもしれませんね。
このシリーズでは、ブライアン・デ・パルマ、ジョン・ウー。
ヒットするのがわかってから、実験的にあんまり売れてない監督にする、みたいな。
その成功例の作品ですね。
TBありがとうございます。

2012/5/8(火) 午後 9:54 ■Doobie■

007もそうでしたが、アクション映画のシリーズものはマンネリ化との戦いです。今回のはシリーズの伝統を最小限に抑えて自由な発想が生かされてたと思います。しらけずにハラハラしながら見てました♪
TB&ぽち

2012/5/20(日) 午後 9:14 pony

顔アイコン

ポニーさん>スパイ映画にしては、派手すぎると思いますが、
007も派手ですから仕方ないですよね。
派手だとどうしてもマンネリしてしまうものなのですが、
トムさんは、毎回斬新なアイデアで楽しませてくれます。
次回作も楽しみです。TB&ポチありがとうございます。

2012/5/21(月) 午後 8:18 ■Doobie■

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事