しんたのたんしのぶろぐ

HPも観てくださいね: http://www.geocities.jp/bowhime/index.html

全体表示

[ リスト ]

前回の続き…


都内のショップの好意により、C-3800とC-3850の直接比較試聴をする機会がもらえた。


ソフトは男性もの、女性もの、クラシックオーケストラもの、ジャズの4つで判断した。
 
またもちろんプリアンプ以外のプレイヤー、パワーアンプ、SPなどは同一条件である。


イメージ 1


でこの比較試聴も2年以上

前となり記憶が部分的に曖昧なので、手元に残っているメモをそのまま記載する。
 
38503800の比較


まあまあ違う

 3800
低音リッチ  高音も多い  中域が硬い ボーカルなども
ドンシャリ、ハッタリ感  オーディオ的

3850
解像度ちょっぴり上
それよりも周波数バランスが3800と大きく違う
高中低音のバランスがフラット   中域が柔らかい  それがARに似ている。
ただ線は細く解像度はARより上
低域の量感が少ないので音程はよく分かる。

 
 
 
という感じだ。
 
メモからもわかるように2つの機種は音は結構違う。でこの違いは単純なSN比が上がるなどの機能から音質向上だけとは思えない。


なにがしかの意図があって音質をチューニングしたのだと思う。


なのでそれを自分なりに理由を推測してみた。


組み合わせるパワーアンプの音が変わっている。
フラッグシッププリであった3800の組み合わせ対象は当時のフラッグシップのパワーアンプ:M-6000をメインに想定していたと思う(A−200も対象だろうが)3800に先立ち、60006200に代替わりした。その音はより低音がリッチになっている。そので出音に合わせて、組み合わせる3850はスッキリとした低音になったのでは。


国内での前機種への評価への対応
3800
は海外を意識したモデルというのは度々紹介されている。3800は海外ハイエンドユーザーに多い、大きな空間、スピーカー、大音量でその真価が発揮できるが多くの日本人ユーザーが楽しむ環境では下位機種の2800シリーズの方が好ましいという書き込みも記憶にある。
そのようなユーザーの声をメーカーが組み入れたのではないか。つまり日本人の多くが楽しむ音量と空間でその能力を発揮すべき音作りである。


最近のスピーカーの音質に合わせてある。
年々スピーカーは音場の再生を優先し、筐体ユニットも硬質な素材を多用している。結果として音質も昔のスピーカーより硬い音が多くなっていると言う人がいた。これらに合わせるようにアキュフェーズも音をだんだん柔らかくしてきているらしい。

 
以上のことにより3850は前作とはことなる音のチューニング、特に周波数バランスの変更がなされており、これは能力ではなく所有者の環境や好みによる選択でいいのではないかと思われる。



 個人的には3800では大編成のオーケストラをホールと同じ音量で気持ちよく聴きたい。豊かな低音と勢いのある出音、そして高解像度とホールトーンの包まれる感覚。

そして共に大切にしたいダイナミックな再生には3800のほうが好ましいと判断した。今現在は買って1年ちょっとたっているが、クリーン電源やケーブルでコロコロと変わるこの名プリアンプを自分好みに調教中であるし、かなり望んでいた音になってきている。

 また2機種の違いは大きいともいえるが、小さいともいえるマニアの範囲だ。
 
部屋の調整、電源環境、使用するケーブルなどのアクセサリーで補完できる範囲なので、アニバーサリーモデルであり、明確なメーカーのポリシー、またこなれた中古の値段も魅力的だ。
 
3800と3850の比較記事はネット上にいくつか存在するが、それは3850の新作ゆえの優位性を述べたものが多い。なおアキュフェーズの名誉のためにも書いておくが、3850が3800に劣っていることはもちろんない。私の趣味性が3800を選んだだけである。

また自分のスキルや試聴環境も含め、音場の広さ、高さ、奥行き、正確さなどの評価は他のマニアに比べたら低いと思う。なのでそこらへんも含めて参考にしてもらいたい。

そして今回の経験は、「比較試聴を行い、自らが理解と判断をする。」というオーディオでの当たり前だが重要な事柄を思い出した。

   両機種とも発売されて時間が経ったこの時に、あえて冷静に比較して3800を選択した自分のような人間の記述もだれかの役に立てばと思い記することにした。 

                                                      



  



閉じる コメント(3)

ブログ、楽しく読みました。C-3800使いの当方としましては、非常にホッとする文面でした。ただ、M-6200と組み合わせてますが、M-6200は上から下までフラットでハリのある細身の音だと感じています。これが、純A級のA-xxのブリッジ使いですと腰の座った図太い低音となりますね。これからもブログ楽しみにしています。

2018/12/27(木) 午前 3:31 [ ura**gid*u ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。6200は通常のアンプと比べるとフラットで細身に感じると思います。でも今までの6000より低音が理知なので個人的には好みのアンプです。気まぐれに更新しますので、よかったらまた読んでください。

2018/12/30(日) 午後 8:19 [ しんた ] 返信する

ご丁寧にありがとうございました。

2019/1/1(火) 午後 10:16 [ ura**gid*u ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事