ここから本文です

書庫全体表示


今年もインコアナナスが咲き始めました。

イメージ 1

晴れると温室の中は30度を超えるようになり、次々と目覚める植物たち。
花が咲くのは嬉しいんですけど、先日の記事で書いたように虫が活動するのは極力遅らせたいです。クラウンフラワーに付くこの黄色いアブラムシもちょっと目を離すと一気に増えやがります。

イメージ 2


最高で25度辺りの温度帯の時は植物も虫も殆ど動かなかったのに30度になると、とたんに活発になります。たった5度の違いなのにこの切り替わり方には驚きです。
でも今の時期は外気温が15度辺りなので換気扇を回して外気を取り込めば効率よく冷却できます。
冬場は蓋をしていた換気口に換気扇を設置しました。そしてアナログのサーモスイッチ。

イメージ 3



そしてここに付いてるサーキュレーターはどう使うかというと

イメージ 4

しかも二つも。
サーキュレーターは温室で主に空気を循環するために使っていますが、これは換気用にしています。

イメージ 5

温室の向かい側には出入り口があって、春になるとこのビニールシートを剥がして排気口にしています。
このドアに換気扇を付けた場合はドアの下から空気が入ってきて、温室の奥の方までは届かずに近回りして排気されてしまい効率があまり良くありません。でも温室の奥の上の方にサーキュレーターを設置した場合は奥の暑い空気が排気されるようになるので効率が良いです。
通常の事務所なんかだと天井扇が出入り口から離れた部屋の奥の方に付いてて、天井内部の排気ダクトで屋外に吹き出しているんですけど、そんな大掛かりな設備をしなくてもサーキュレーターをこう使うと同じような効果を得ることが出来ます。しかも大風量です。

イメージ 6

いつもより早めに開口しました。

イメージ 7

今日も良く晴れたので、早速スイッチが入ってました。
これで暫く様子見です。

イメージ 8

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事