ここから本文です

書庫全体表示


今年に入ってからボトルを使うようになりました。

イメージ 1

水筒みたいなもんなんですけど、口が広いので洗いやすくて百均屋さんでも売ってるので汚れが落ち無くなったり、パッキンが傷んできたりしたらリサイクルに出して、新しいものを買えばいいと、とても重宝しています。
そして、後ろに見えてる手摺りはベランダハウスの壁面(シート面)になるところなんですけど、だいぶ暖かくなってきたので開放しました。

三月ももう少しで終わりのこの時期を境に氷点下近くまで気温が下がることがほぼ無くなるのと、晴れた日はハウスの中が熱くなりすぎてしまう時期が重なるタイミング。いくら暖かいところの植物とはいえ暑けりゃいいってもんではないですからね。徐々に開放していきます。

ついでにこのベランダハウスの越冬結果。

イメージ 4

今年は冷え込みが軽かったので大寒波対策のヒーターのスイッチが入ってなかったような気がします。せっかくギリギリ凍らないようにと考え抜いた絶妙なセッティングをしたのに、残念ながら無意味なものになってしまった。
それはそれで良かったけどね。

マンデビラがこんなに状態良く越冬したのは初めて。

イメージ 2

もう動き始めてるようです。

そして、ハイビスカスは地植えのフィジアンホワイトが無傷で越冬成功。
冬の間も花が少しだけ咲いていました。というか開いたまま閉じなかったので咲き止まっていたと言った方が正しいかも。

イメージ 3

ティ

イメージ 5

元気です。そろそろ屋根に届きそうなので切り戻すようだな。
花が咲き始めてます。

イメージ 6

そして斑入りのモンステラ

イメージ 7

この場所は冷えにくくて毎年傷まないで越冬できています。
越冬と関係ないけど、斑の具合がいいでしょ!
だんだん斑が消えて緑色になっちゃった時期があったけど、切り戻すときになるべく白い色が強く出ている節を残すようにしていたら見事に復活しました。切り戻した時って節というか葉痕(ようこん)から新芽が出てきますよね。その新芽が白いと斑が強くなりやすく、緑が強いと斑が消えやすくなります。なので白くなりすぎたときは緑の強い葉痕を残すように切り戻せば緑が復活しやすくなりますよ!


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事