ここから本文です

書庫全体表示

夜桜見物に行ってきたけど寒すぎ!!

イメージ 2

今朝も冷え込んで氷点下になる手前まで行き、自転車通勤には寒すぎ💧

その通勤の途中でふと思ったお話し。寝不足気味もあっていつもよりのんびり走ってて、低速走行だから目線は10m先あたりの近めに目線が行ってました。
ぼーっと走っても、気が付いたら会社に到着するパターン。
ところがなにかのきっかけに、かなり先の信号機が目に入り、赤信号に引っかかるのが嫌だからスピードアップ。そこから速度は上がったままでキープ。次の信号を気にしながら目線はずっと先を見るようになってることに気が付く。
人間て、目標物が目に入るとそれに合わせて、それまでだらだらとやってたことが急にテンポアップするんだって思ったんです。

仕事の依頼もいつでも時間が出来たらよろしくなんて言われると平気で1年くらいほったらかしになるのに、いつまでにって期限が付くと逆算してせっせと段取りするようになる。

何を言いたいかっていうと、このヤフーブログが今年の12月に終わるってことで、本作りの目標と偶然にも重なって、ますますやる気スイッチが入ったってことです。
このブログは私のプルメリア育成資料としてとても活用できていて、ウェブ検索すると知りたいことや、欲しい画像が簡単にみつかります。
プルメリア_やまちゃん_知りたいこと
の順で検索ね。
ところが、ブログが終わってしまうと、当然ですが資料を検索して引っ張り出すことが出来なくなってしまい、本を作る大切なデータにたどり着けなくなります。
もちろん、ほかのブログサイトに引っ越しはするつもりですが、検索にヒットしなくなってしまう恐れが十分にあります。

そんなことがあって目標は年内に原稿を作り上げて、本の形にする作業を経て来春には出来上がりにしたいなって思ってます。(いつものごとく希望ですが・・)

まさに【プルメリアの本を作る編】の年になりそう。
もう4月なんですよね💧1/4が経過しちゃいました。
とりあえず作っていく中で思いついたことをブログに書いていこうと思います。
はたしてこのブログの一つの完結編になるか!?
しかし連日深夜はきついな・・

はい、そして咲かせ方2通りの話し。

マレカ来ました💖

イメージ 1

挿し木して二年、樹高60センチで花芽を出したのでおそらく咲きやすい品種だと思います。
秋に花芽を出して、なるべく成長しないように越冬させてここまで来ました。
下は12月中旬の画像。暖かいと育ってしまうのでぎりぎりまで外に置いてました。

イメージ 3

冬場は乾いた色をしていて成長が止まってましたが、温室が最高で30度になる手前に来たらウエットな艶が出てきて動き始めました。
これから一か月でいかに成長しないようにして、どのタイミングで外に出そうか様子を見ていこうと思います。

10年前なら嬉しくてポカポカの温室で冬場に咲かせてたと思います。当然冬場でも花を見れるって嬉しいことですよね。ここで寒い時期から咲かせることの良いところと悪いところを考えてみます。

まずは良いところ
・冬でも咲いて花が見れて嬉しいこと。
これが全てかな。

そして悪いところ
・本来の夏の色が出なくて白くなる。
・温度管理をするようなので手間がかかり、電気代などお金がかかる。
・水やりが必要。
・閉鎖空間なので虫の対策が必要。特にハダニはとても厄介な害虫。
・日当たり不足で育った花芽は肥大しやすく雨で痛みやすい。

特に早く咲かせると、ほとんど夏が来る前に咲き終わってしまい、本来の色を見ること出来ないのが残念かな〜
それと沢山育てている人は別の株に害虫が移るのも問題ですね。ハダニは万病のもと、危険な害虫です。

こんな感じです。
咲かせ方は二つの選択肢があって、冬や春に温室で咲かせるか、それともあえて温めずにゆっくり目覚めさせて樹体のパワーアップする夏場で咲くように持っていくかということです。












本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事