ここから本文です

書庫全体表示

THE DAY


イメージ 1

本来なら一年に一回あるか無いかのグッドウェーブをさす言葉なんでしょう。でも、サーフライダースの愉快な仲間たちの旅路で天気が良くて貸し切りで良い波を当てたのは奇跡的なこと!
何年ぶりかの記憶に残る素晴らしい波乗りを満喫しました♪
終わり良ければ総て良し!
そう、これは今回の旅路の最後の波乗り。目的はあとひとつ、シュウさんが企画してくれたプルメリアイベント Gather in NAGOYA 2019! に参加するための旅でした。

イメージ 2

名古屋の皆さんも暑いですね〜♪
おかげでエネルギーをもらいました!
食べ物も美味しいし名古屋最高!!

名古屋はプルメリア屋さんが少ないというか全然無いとのことですが、育てたい人は沢山いるようなので、こういったイベントなどで盛り上がって発展して欲しいと思います。

そして半地植えで屋外越冬に成功したよって話を聞いて、ギリギリセーフだったと思われるパターン。一つのデータとして書き残したいと思います。
今年は特別に暖かい、いわゆる暖冬だったわけですが、地域は三重の西部でかなり内陸です。最低気温は瞬間的に-3.5度あたりまでいったようです。自作の簡易的なビニールハウスで、中はー2度位だったでしょう。我が家の最低の記録と同じくらい。

イメージ 3

家の北側で太陽光は家の陰でもろに当たるって感じでは無かったそうです。おそらく内部の最高温度もこれで抑えられたのが良かったのかなと思いました。密閉空間で直射日光だと軽く30度を超えていたと思います。そうするとかなり体力を消耗するので。
30度以下なら自己回復できるちょうどいい温度なので随分と結果が違うと思います。雪も殆ど積もらず高植え、水は氷になることが無かったとのことです。

一方、室内の北側窓際は挿し木2〜3年ものが壊滅的被害とのことで、外よりずっとよい環境のような気がしますが、屋外で越冬したのは大きく育った種プルだったので大きな違いはそこだけだと思います。加湿器を日中だけ使っていたのがいつもと違うらしいので、夜間の低温多湿が主な原因になったんだと思いました。

地植えのプルも温度差が出やすくなる今が最後の厳しい時期なので、無事に成功してほしいと思います。



イメージ 4

運転は他の二人にお願いして、私はパソコンをひたすらいじくっていただけで、申し訳なかったですが、今回も楽しい旅が出来ました。一緒に行ったみんなに感謝します!


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事