ここから本文です

書庫全体表示


イメージ 1

今年もシンガポールホワイトがもう少しで咲いてくれそうです。
雨が降ってばかりでまだ屋内管理です。

この花散らしの雨でせっかく咲いた花が散ってしまい、地面は花だらけ

イメージ 2

ティリーもようやく咲きそろいそうだったのに・・



そこで気になったのが一日にどのくらいの花が咲いてるのか。昨日アップしていたセラダインが約20の花芽が付いていてその大部分が咲き始めていますが、昨日いったん全ての花を摘んで、薄曇りだった今日一日経過してから再度花摘みをしてみました。結果はちゃんと数えてないですけど見た目で50輪位ありました。他の開花中の品種の合計はセラダインよりずっと多いので、ざっくり計算でトータル100輪くらいになると思います。
このまま梅雨が明けるといいんですけど、関東の梅雨明けは少なくともまだ2週間はかかるでしょう。後半の豪雨と長雨で花芽がどの程度まで傷むのかによってもっと咲くのか、それとも腐って減少してしまうのか今後の天気次第です。

現時点で地植え以外の花芽は120位付いて、全て無事に開花が始まってるわけではなく、1割くらいは失敗して傷んでしまっています。シンガポールホワイトは咲いたのに他で失敗してしまうのは、シンガポール以外でも同等以上の難関があるってことです。去年きっとそうなんだろうと気が付いていたことを確認するいい機会にもなってます。救えた花芽もけっこうあります。



冬越し花芽の奇跡の復活

少し前にブログに出していたキング・カラカウア cf.の冬越し花芽。

イメージ 3
2019/3/29

これ何の気なしに撮影した画像なんですけどこれがまさかの復活をしたんです。
この二か月後の画像は覚えている人も居ると思います。

イメージ 4
2019/5/27

上の画像と裏表反対なんですけど周囲の背景からして同じ位置なので同一の花芽で間違いないです。
この時の記事でこの画像の説明として花茎は枝分かれしてだんだん成長することがあるって感じで書いていたと思います。この時点でも凄いなって思いましたが。
1か月後、ここから更にこうなりました。

イメージ 5
2019/6/29

さらに枝分かれしながら成長しています。これに気が付いた時にはびっくりしました。




Beautiful Thailand

初開花の"Beautiful Thailand"なんですけど、これかなり優れた品種でした。

イメージ 6

花も樹形もペナンピーチに近い感じです。

イメージ 7

節間のストロークとスローな成長スピードからするとコンパクトタイプです。強健で花芽もくじけにくい印象。むしろパワフルに感じます。

イメージ 8

夏場はオレンジが強く出てさらに綺麗に咲くはずです。香りもフルーツ系の甘い芳香で近くに居るだけで心地よい香りが漂ってます。

イメージ 9

花の径は標準的。
葉が小さめなので花が目立つタイプのようです。

イメージ 10

花弁が厚くしっかりしていて花持ちもいいです。

イメージ 11

かなり気に入りました。





本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事