ここから本文です

書庫全体表示

伊賀サミット2019


伊賀サミットに参加してきました〜♪

イメージ 1

私の参加は当日発表のサプライズということでしたが、確かに伊賀は相模原からけっこうな距離で、意表を突かれてビックリだったようです。喜んでいただいてそれだけでも行ってよかった。
ハマちゃんの家の温室もずっと前から興味があったので行けてよかったです。

せっかくなので我が家で咲いてるプルメリアの花を持って行きました。

イメージ 2

参加者全員にセルフメイキングでピックをプレゼント。この‛ふじ’の発砲スチロールの箱は前日に我が家の近くのスーパーでゲットしました。浅くて広いので中で積み上げないで沢山入るので花がつぶれず、保冷性も抜群。持ち帰り自由のダンボールと一緒にあったので店員さんに確認してただで貰えちゃいました。ラッキーです。


そしてランチ会でのハマちゃんとのトークタイム。

イメージ 3

育て方の話や作っているプルメリア本、肥料に関するお話などしましたが、ひとつお題として花芽が付いたら肥料を外すという人が居ます。それははたして正しい方法なのか?というのがありました。答えはNOです。花芽が付くたびに外していたのでは肥料を与えることが出来なくなりますので。ただし、挿し木して間もない根がまだまだ張り込んでない苗木であれば、考え方が変わってきます。根が緩いときは肥料を与えると花芽と成長のバランスを考えると成長のほうに偏ります。小さな苗木なので花芽より成長に走るわけです。なのでこの場合は肥料を外すのは間違いではありません。どちらにしろ挿し木苗の花は終わるのが早いので最初の勢いが落ちてきたら肥料を再び与えてしっかり育ててあげましょう。あくまでも肥料を外すのは間違いではないということ。肥料を与え続けても問題なく咲かせられる品種もあるし、苗のサイズも関係します。大きく元気な枝苗であれば咲かせるための栄養がすでに備えているわけで、逆に小さくやっと発根したような枝苗であれば体力が無いので咲いたとしてもすぐに咲き終わります。特に梅雨と重なったりすると途中で花芽が傷んでしまうこともあるでしょう。その時に肥料を外していれば多少なりとも傷まなかった可能性はあります。例えば根腐れしたとすると肥料があると拍車をかけてしまうことになります。ただし、その他の要因も沢山あるので一概に原因は肥料だと決めつけるのは間違いです。
日照不足、低温、急激な環境変化、土が湿潤すぎた、体力不足、成長優位な状態だったなどいろいろ考えられます。


そして抽選会。私は自作のレイをプレゼントしました。

イメージ 4

イメージ 10

イメージ 11




そして赤塚植物園に移動。ここは大きな温室の見学ができるのと、植物の販売も充実しています。地植えのプルメリアもありました。

イメージ 5

JJ苗が沢山ありました。

イメージ 6

香りよく綺麗な花が咲いているものがありました。
私は前から欲しかったプラの睡蓮鉢を見つけたのでゲットしました。睡蓮を育てるのではなく、庭でプルメリアを浮かべておくためのものです。プラで軽い分、水を捨てるのが楽なので探していました。

イメージ 7

イメージ 8

持って行った花の中で一番人気だったのは大きくて鮮やかだった画像の下にあるビックレインボー(愛称)。そして一番多く品種名を聞かれたものは意外にもサンジェルマン(左上のとんがり花)でした。サンジェルマンはジャスミンのよい香りなので、
気になる品種ですよね。

ではでは、皆さんから沢山のエネルギーをもらいました。ハマちゃんをはじめスタッフの皆さん、参加の皆さん、そして同行してくれたハルヲさん、ありがとう!お疲れ様でした♪
あ、ハマちゃんの温室見せてもらうの忘れてた💧お楽しみは次回ということで♪

イメージ 9


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事