ここから本文です

書庫全体表示


台風が熱帯低気圧になりつつ関東を抜けていきました。
シュウさんファミリーが遊びに来る予定だったので天気が不安でしたが、予報を覆して青空が広がる良い天気に。そのかし湿度ムンムンで強烈な暑さ💦

イメージ 1

長引く梅雨で青空を見たのは久しぶり。長引いたせいでプルメリアが不調になったという話がちらほらと伝わってきます。
どんな影響があったのかは、お話しの後半に。

来る前からココちゃんがお花を摘んでレイを作りたいと聞いていたので、レイを作ることにしました。

イメージ 5

イメージ 2

人生初のプルメリアレイ作り。

イメージ 3

イメージ 4

またまた、銀河警備隊ガーディアンメンバーが増えましたw

イメージ 6

最年少ガーディアン。ちょっとフィンガーファイブっぽい?古いね〜💧



そして長引いた梅雨の影響。
前に確か花芽は表面に膜があって保湿などの保護になっていて気温が高いと水に溶け出しやすくなるって書いたと思います。それと長引いた梅雨とどう関係あるのか。
7月に入って前半は本格的な梅雨の時期とはいえあんまり花芽は傷んでなかったんですけど、後半は気温が高い状態で雨がまとまって降ることがありました。冷たい雨から冷たくない夏の雨になったんです。そうすると花芽の膜が溶けてしまい、無保護状態となり傷みやすくなります。我が家の花芽も屋外のものはかなりダメージがありました。そして日照不足。
全ての原因がそれだけとは限りませんが、例えば挿し木してからすぐの花芽だったり、調子を崩していたりしている株はたいした雨ではなくても傷むのが早いです。我が家の場合は去年、調子を崩していた株が体力不足で痛みが出やすかったように思います。
花芽はダメージが出ると復活はかなり難しいので、予防対策として傷んでしまう前に雨が直接当たらないような場所に置くのが無難です。

ではでは♪


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事