ここから本文です

書庫全体表示

夏の管理と今年の梅雨


長引いていた梅雨が明けて一気に夏がやってきました。今年の梅雨と花芽の関係がどうだったから後半に書こうと思っています。
それにしても暑い日が続いてますね。我が家は今のところ35度を超えることなくプルメリアにとっては元気に育つ気温帯です。花が夏色で咲いています。

イメージ 1

最高気温30度〜35度までが元気に育つ気温帯です。それを超えるようになると暑すぎて成長が遅くなりますが、原因は鉢の温度上昇と水切れで、どちらも原因を改善することで問題可決します。
水切れの対策としては遮光や日照時間の調整、もしくは水遣り回数を増やすとか鉢皿を置くのもひとつの方法です。そして水遣りは土の乾いてる時間帯をなるべく短く。もし夕方に水切れしていたら軽めでも水を与えてください。根の成長は昼夜を通して続いています。夜間も土を湿らせてあげることで根がよく育つようになります。私は夕方に葉水をしながら乾いていれば土にも水遣りをしています。メインは朝にたっぷりと。
水切れは花芽にダメージが出ることもあるので慎重にしています。遮光や置き場所を移動して日照時間の調整はけっこう重要です。特に水切れしやすい株や咲いている株は気を使っています。

そして鉢の温度。西日が鉢に当たるとかなり高温になっています。今の時期はいかに温度上昇を抑えるか工夫が必要です。鉢が日陰になるようにしつつ風が通るように工夫します。大きな株の西側に小さな苗木を置いたり、ブロックを積んだり、家の陰になるように工夫します。



そして、今年の梅雨と花芽の関係について覚書します。
前回の記事で7月後半になって気温の高い状態でまとまった雨が降り、花芽がふやけて傷んでしまったって感じのことを書いていました。
傷みやすかったのは早い時期、春から咲き始めていたものがダメージが出やすかったです。温室育ちの花芽がモヤシ花芽となって雨に弱いというのもあります。でもことしは特殊で梅雨の後半はほとんど太陽が出ずにかなりの日照不足となっていました。春から咲いていた花芽は樹体内に貯めこんでいた栄養を使い切ってしまい、ダメージが出やすかった印象です。7月の前半で梅雨が明けていたらここまでのダメージが出ていなかったと思います。それに比べて梅雨明けの時期に咲き始めた花芽は雨にたたかれてもひるむことなく元気に咲き続けています。春からの花芽は水切れでもダメージが出ているものもあります。
春から咲いている株は日当たりのいい軒下に移動しておくのが無難ですね。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事