ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

全152ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

露地への移動を始めました。

イメージ 1


花芽付きの移動の注意点は過去記事にも書いてますが出て来て間もないものは比較的に雨に強く、花軸を立ち上げ始めたものは弱いので軒下管理がおすすめです。どちらか悩むくらいなら軒下へ。

過去記事↓
https://blogs.yahoo.co.jp/surfxwild/38694118.html

今の時期は屋外のほうが寒いので成長が遅くなるとも書いてありますが、花芽が急に育つことは、良いこととは限らないので、そういった意味でも花芽の状態に合わせた移動が大事です。
家の中や温室などの暖かい環境で成長したものは比較的に急激な寒さや長雨に弱いです。
既に咲いているものは特に屋外露地への移動は気温と湿度が足らないので咲かなくなるし、長雨のダメージも出やすいので気をつけましょう。

花芽が痛む原因は二通りあって、1つ目は湿潤低温による根腐れ。もう一つは皮膜が長雨で溶け出して雨水で痛むこと。雨上がり後も、今度は保護膜が消滅してしまったことが原因で過度の乾燥により傷んでしまいます。
症状は低温によるショックや根腐れの場合は花軸の付け根から落下。長雨の皮膜ダメージは先端から黒く痛みが進みます。場合によっては両方の症状が出ます。

ちなみにですが、花芽は表面にハンドクリームみたいな潤いを保護する皮膜があって、気温が高いほうが雨で流亡しやすいです。お湯で手を洗うのと同じ感じです。
また、枝先はポリフィルムのような表皮に保護されていて長雨でも痛みにくいです。たまにめくれ上がってることが有りますが、人間の皮膚のように剥がれても下に次の表皮が有ります。

枝の切り出し作業


町プルのカッティング

コレフェスのカッティング枝用に切り出し作業をしました。

イメージ 1

採れた7本のうち、もともと育てていた方への返却分、スペアの分などの必要分を引くと4本くらい持って行けそうです。

イメージ 2




リスト作り

持っていく品種リストを仮に集計ソフト(リブレオフィス カルク)を使って作成しました。今年は養生の年なので数量が限られてしまいそうで、状態の良いものを選別して最終決定しようと思います。
エクセルのフリーソフト版で、ローマ字順に並べ替えが簡単にできるところがいいです。後から品種を追加してからの並べ替えがやりやすいのは便利。PDFにしてスマホに転送すれば、現場で使えます。自分のコレクションもこの集計ソフトで作ろうかな。

イメージ 3

画像中央のヒロビューティーは苗木を何鉢か持って行きます。ちょうど温室で大株のヒロビューティーが咲き始めたところです。

イメージ 4

相変わらず大人の女性のイメージ。フェロモンが漂ってる感じ。
ムフフ❤



地植えセラダインのカッティング

こちらは全部で7本取れました。地植えのセラダインは特別扱いで、収穫順に通し番号を入れています。今回で#14まで来ました。苦労して育ててきただけあって感無量です。四苦八苦していたころは余裕がなくて枝が取れるなんて夢にも思いませんでしたからね〜

イメージ 5

今年からプレートを付属します。そして今まで購入の方たちKさん、Oさんにも作るので来ていただければお渡しします。

イメージ 6

フルステンレスで、耐候性が抜群です。

イメージ 1



今年も湘南園芸センターで開催します!

プルメリア・コレクターズ・フェスティバル
6月8日(土)〜6月9日(日)
9:00〜17:00

プルメリアの挿し木苗、鉢植え
プルメリア用肥料など
プルメリアフリークのための2日間のイベントです!


ガーデンリポート

セラダインが咲き始めました!
そこそこ立派です♪

イメージ 3



セラダインの別の花芽。昨秋咲いて落ちた跡が見えると思うけど、落ちたその横から花芽を出してきました💧どんだけ咲きたいんでしょ!!
今年のコレフェスは我が家のセラダインの苗をたくさん持っていきます!地植えの枝もありますよ♪

イメージ 2

本当は昨日、記事を書こうと思っていましたが、この土日の内容が濃すぎて昨日は夕食後に睡魔とともに朝まで爆睡w


土曜日の茅ヶ崎アロハマーケットは天気が良くて、愉快な仲間たちと楽しい充実した1日を過ごせました。朝の苗木の仕分けでコンプリートを目指しているハワイアンプルメリアの本の三品種を発見!!残るはあともう少し♪見つけたときは俺のために持ってきてくれたのか?と思ってしまいました。すごい品種数でしたからね、そうではないですね💧
夜の親睦会はトロピカルビレッジの手伝いに来ていたメンバーと合流して、エスニックガーデンで盛り上がりました♪雰囲気良いし、料理も本格的で美味しくいただきました!

そして日曜日はハードなお仕事💦
ぶっとい幹線と格闘しました💦

皆さんお疲れ様でした☺

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


二年前の記事
プルメリアの移動を開始しました♪の第二弾です。

と、その前に


ガーデンリポート

イメージ 1

花芽がかなりの量になってきました。例年より多く感じたのでいくつあるのか調べてみると

イメージ 2

とうとう何年か前からの目標だった夏前で花芽の数が100越えをしました。いつもより1〜2割増しで、まだこれから出てくる花芽もありそうです。
去年の不調を考えると奇跡の復活です。積極的に植え替えをしたのと、ジワジワと目覚めさせたのが良かったんだと思います。初夏に一斉に咲きだすのが楽しみです。



屋外への移動

15度以上で安定してきたら屋外への移動時期です。週間天気予報をみるとこの先、気温が安定してくる感じでしたので屋外解禁。
基本的には前回の記事と同じですが、しいていうならダークレッド系は意外と寒さに強かったと感じています。レインボー系は弱く感じますが、水遣りの時に枝先にも散水することで調子を崩しにくくなる傾向にあります。散水というか水圧がかかっているくらいのほうがいいです。この方法は全ての株に対して病害虫害予防に良い方法です。

今回の記事では移動の内容をもう少しわかりやすく解説しましょう。


土の乾きが違うのでグループごとに配置すると水遣りがしやすいです。

・15度以上で屋外へ移動できるもの
 葉が開き始めていて根がしっかりしているもの。
 葉が開き始めていて根がしっかりしてないもの。
 根がしっかり張り込んで葉が動き出してはいるけど開いてないもの。

・15度以上で軒下への移動ができるもの
 葉が開いてないもので土が緩いもの。
 挿し木して1〜2年のもの。
 花芽が付いているもの。
 花芽が付いていて開花中のもの。
 その他、調子が良くないと感じているもの。

・もう少し暖かくなってから屋外への移動をするべきもの
 休眠から目覚めてないもの。
 挿し木苗


※花芽の付いているものに関しては、しばらく急激な冷え込み
 に注意が必要です。念のため。
※どれもたっぷりと水遣りをして表土が乾いたら再びたっぷり
 と水遣りをします。今の時期は軽めの散水で回数多くでも
 問題ないです。
※肥料はまだまだ先です。どうしても与えたいのなら葉が5枚
 以上開いたものから白い粒粒の化成肥料(マガンプKなど)
 を少なめに与えます。それ以上の量は毒になりえますので気
 を付けてください。
※寒さに強い弱いは品種によっても違いがあります。シンガポー
 ルホワイトに関しては20度以上で安定するまでは屋内管理が
 無難です。

また開花中のものはいきなり炎天下に長時間さらすと花が咲かなくなりやすいので気を付けてください。空気の乾いている時期は日陰気味の場所から徐々にならしてあげましょう。

以上


全152ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事