ここから本文です

書庫全体表示

記事検索
検索

イメージ 2


またまた新たに開花の始まった地植えのセラダイン。地植えだけにそこそこ大きく咲き始めました。

イメージ 1

花芽を何ヶ所か付けて咲いてますが、ひとつだけ違う花が咲いてる枝があります。

イメージ 3

原種のようなレモンサンセットのような。葉も細長く原種に有りそうな葉の形。
最初は突然変異も疑いましたが、どうも病害の可能性が高いです。細菌かウイルスの感染によるものだと思います。なぜかというと最初は普通の大きな葉を展開していたけど突然葉が小さくなり、それが近くの別の枝もほぼ同時に発生したからです。突然変異はごく稀な現象でしょうから、3本の枝に同時にということはあり得ないと思いました。恐らく空気感染か虫による感染だと思います。それと気になるのはその3本の枝は付け根はひとつだということ。よく見る病害はカビによるもので、その殆どは葉に感染して落葉しますけど、それ以上の害はほとんど無く、生育が落ちる程度で温室に細菌を持ち込まないようにすれば翌春にはその病害は消えています。ところがこの病害らしきは葉を枯らすことなく斑点ですら出ていません。成長が遅くなり、葉と花が小さくなるだけです。ただし殺菌剤を散布すると成長が遅くなる症状が軽くなります。葉の色も薄い色から濃い色に復活しました。でもこの症状は様子を見ていましたが、無くなる感じがしないのです。そこで心配になってきたのが細菌なのかウイルスなのかはわかりませんが花や葉だけに留まる病害ではなく枝を通じて全体に広がるもの。もしそうであればとてもやばい病害です。可能性は低いとは思いましたが、リスクを伴った復活しない病害は放置するわけには行きません。処分することにしました。

イメージ 4

本当にやばいやつなら使用した刃物はそのままでは使えないし放置できないし、樹液の付いたものは全て処分するようだし、感染してしまったものは全てを根から掘り起こして処分する必要があります。なのでこの対処法は全然大げさなことではないです。このまま症状は出ないと思いますが、しばらく様子見です。


2018 Puamele Garden Party🌈


直前の天気が悪くてすっかり花が散ってしまい蕾の庭になってしまいましたが、話題にはすっかり花が咲き、あっという間の6時間。今年は花が少ないよって声がけしてたけど人数はいつもより若干多くなり、今回もとても楽しいガーデンパーティーになりました。

イメージ 1


小雨〜曇りの天気で屋根下メインとなり、スペースの都合で立食式に。今年もそれぞれ食べ物持参のポットラックパーティーでした。

そのうち見慣れないバイクが家の前を行ったり来たり。なんとメンバーのひとりがピザの宅配を手配してました。なんて斬新な持ち寄り方💦

イメージ 2

そして庭では、林の散歩を楽しむ人や

イメージ 3

高いところが好きな人。

イメージ 4

気に入ったみたいね💧

イメージ 5

すぐに乗りなれて持ち運びながら眺めを楽しんでました♪

イメージ 6

持参のハンモックでくつろぐ人もw

今年はいつもより楽しみにしていたのが生育に関しての情報交換。特別に長く暑かった夏でどのような変化があったのかとても興味があったからです。
生育がいつもより良かった人と悪かった人と真っ二つになったわけですけど、中でも最悪の条件とされる西日のみの環境下でも今年はとても調子良かった人がいて、なぜなのか色々と探ってみると、日当たり時間がいつもなら少なすぎる庭(ベランダ)の向きで特に去年は雨続きで最悪だったのが、今年は短時間でも強い光が長期間続いたおかげでとても元気だったということがわかりました。
他の事でも色々なことが確認できましたが、そのへんはおいおい報告していきます。

イメージ 7

イメージ 8

やっぱり仲間っていいですね〜
参加の皆さん、お疲れ様でした。
有難うございました😁🤟🌈

イメージ 9

GCCC /ゴールドコースト・コットン・キャンディ

ネームプレート新作


前回のカマキリ虫は見間違いじゃないかって思って実際どうなのか見に行きました、ハイビの方がどうも奇形葉なんじゃないかってね。
そしたらその場所には奇形葉が見当たらず見つけたのはカマキリでした😅

イメージ 4

ずっとそこに居たのかな?
確かにここは外灯があるから餌が沢山飛んでくるから居心地いいと思う。
それにしてもじっとしてるのも大変ね💧

さて、本題です。
皆さん名札は何を使ってますか?
自分は普通の白いプラスチックのよく見る標準的なもので、鉛筆で書いた文字が消えないのがなかなかの優れもの。
ですがいつかは劣化して折れてしまったり、紛失してしまったりします。なので針金で枝に吊るして、更にもう1枚を土に刺しています。品種名はとても大事なので。
プラスチックではなく金属のプレートもカッコよくて完璧だと思いますが高価だったり入手が難しかったりして自分はたくさん使ってはなかったです。
そんななか、ふと思いついた方法がこれでした。

イメージ 1

これ、銅テープです。
ホムセンでよく売ってます。この他にアルミテープがあります。アルミのほうがよく見かけます。熱に強いキッチンテープもこれと同じものですね。

イメージ 2

鉛筆かボールペンが書きやすいです。
ちなみにシルバーのはステンレスです。粘着力が少し落ちる感じです。

イメージ 3

この位置か、鉢の内側に貼り付けるといいと思います。何年持つか楽しみです。

ちょうどペナンピーチが咲き始めました。

イメージ 5








自作踏み台


夜勤明けで少し日中の時間が出来たので先日の台風の後片付けと庭仕事をしていました。

そうこうしているとなんとなく誰かに見られてるような気配があったのでふと見上げるとこんな感じでした

イメージ 2


わかりましたか?
最初は1匹と思ってたら2匹こちらを見ていました。

答えは下の方に…


裏庭に残っていたツーバイフォー材でベンチを作りました。

イメージ 3


ここで昼寝したい♪

そして、残った最後の1本で2台目の踏み台を作ることに。もう少し高さのあるものが欲しくなったので。

イメージ 6

ツーバイフォーを3本に刻んで使いました。天板は仕事先でもらった梱包材の廃材を再利用。

完全に自分で考えたオリジナルデザイン。それだけに強度は作りながら考えてます。とりあえず天板はこんな感じ。

イメージ 7

筋交いを入れたのととサイドの当て板を内側に入れたら、だいぶ強くなりました。

イメージ 8

先に作った方も改良。

イメージ 9

このデザインとナチュラル感がウチの庭にしっくり馴染んでいて気に入りました。たぶん土が付いて汚れても使い込んだ感がかえって良く見えると思います。

イメージ 10

イメージ 11

今回作った高い方は、がっちり作れたものの脚立に乗り馴れてる自分でも少し怖い感じです。周りに掴んで頼れるものが必要でした。
安全には十分な配慮が必要です。

近々ガーデンパーティーやるけど、きっとこれに乗りたがるな(笑)
その場合は低い方だけ😅

で、最初の画像の中の2匹

イメージ 4

イメージ 5

カマキリでした😀

ポーズも決まってました。もちろん合成写真じゃないです。

イメージ 1

ではでは♪


関西方面で瞬間最大風速50メートルを超えて車が転がり、電柱がポキポキ折れるなど今までに経験のない被害の出た台風でした。今もなお混乱が続く状況です。
地元の気象観測の発表では瞬間最大風速20メートルで台風にしては強くはないレベルでした。
過去に地元では2011年9月の台風15号で瞬間最大風速30メートルがありました。その時だったか、寒冷紗の防風ネットがかろうじて役割は果たしましたが、ビリビリに破かれた記憶があります。

今回は防風柵に被害はありませんでしたが、今後の台風のことを考えるともう少し強度を上げておいたほうがいいと思ってます。

とりあえずもろに風が当たるところに置きっぱななしにしていた株もほぼ無傷でした。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



うっかり固定してなかった大株が転倒しましたがギリギリセーフでした💧

イメージ 4



今日は夜勤明けだったのでのんびり防風柵の手入れをしてました。

スコットプラットの開花が始まってました。

イメージ 5

さっそくデイジーウィルコックスを近くに移動しました。

イメージ 6

シラカワさんが送ってくれた受粉用のこれも試してみようと思ってます。

イメージ 7



照明を設置したらプルメリアガーデンぽくなりました。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


ルーライン初開花
1発目は可愛い変形花でした。
それにしても、メッチャいい香り!

イメージ 12




本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事