全体表示

[ リスト ]

中古のジャンク品とありました。箱なし・2軸貨車つきでこの価格、特にロッドの外れや欠品、落下による部品欠損は無さそうです。現代においても万能機であるC11、困ることはありません。修理して直そうと思い購入しました。
イメージ 1


開封して見ると、やはり部品の欠損や外れ等はありません。強いて云うなら・・・手すりの片側に銀色の塗装が吹き漏れて?います。
イメージ 2


初期の製品ですので通常のC11の前面のみを2灯化した「タイプ」です。特に実機を忠実に再現しておらず、また後ろ側のライトも1灯のままです。
イメージ 3


ロッドずれ等による走行不良を疑いましたが走行も問題なし、まぁ先日出たKATOの新C11のような繊細な動きではありませんが、ちゃんと走って止まる、当時でしたら問題ないレベルでしょう。何といっても2灯化モデルという物珍しさもあります。
イメージ 4


総じて問題ないジャンク品で良い買いもいのでした。
ただ、こうなるとやはり気になるのはライトの暗さ・・・マイクロエース製品全般に言える症状ですが、この207号機は導光材が長いため、走行していても光っている様には見えません。それがとても残念・・・
イメージ 5


車体を外して見ると、ムギ球・・・しかも、このムギ球、フィラメントが変な形をしています。通電してもボンヤリ光る程度です。
イメージ 6


やはり2つ目がカッと光って欲しいものです。手持ちのLEDと交換したいと思います。


にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリンクをポチッとして頂けると励みになります。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事