全体表示

[ リスト ]

海外製の車両でジャンク理由で多いのが「バッファー欠け」です。古い製品はおおよそもってバッファーは真鍮のものを押し込んでいるものが多いです。これは樹脂だと造詣が難しいのと強度を持たせるためだと思いますが、結構抜け落ちてしまうようです。

この2軸客車も造形的には良いのですが、バッファー欠けです。
イメージ 1


どうにか代用品はないかと探していたところ、ダイソーでそれっぽいのを見つけました。
イメージ 2


アンティーク風のデコレーション用品で「Tピン&9ピン」というのがありまして、このうちのTピンが使えないかと思い、購入してみました。

長いピンの脚を切り、差し込んでみると・・・
イメージ 3


惜しい。若干小さかったですね・・・
イメージ 4


ちなみに両方外し、もう1個同じものを作って差し込むと・・・
まぁ遠目には目立たないかな?
イメージ 5


ちなみに小釘で試したところ、これは大きすぎました。
イメージ 6


何かちょうど良いものがないか、今度ホームセンターで物色してみたいと思います。


にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリンクをポチッとして頂けると励みになります。




この記事に

閉じる コメント(2)

こんにちは。
バッファーはなかなか難しいですよね(;^_^A
丸いタイプはこう言うので何とかなるのですが、
楕円?だと完全に自作しかなさそうです。

台座付きのバッファーだとiori工房の物が使えそうな気もします。

あとは海外のショップからAssyを買うしかないかも。

2017/8/3(木) 午前 9:48 [ かな ] 返信する

> かなさん
こんにちは。私の持っているのは古いのが多いのですが、結構真鍮の〇いのが殆どですね。大きさは様々ですが…

このピンのはバッファー的に丸みがないからイマイチかな、また探してみます。(^^;)

2017/8/4(金) 午前 9:06 [ スロハユニフ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事