全体表示

[ リスト ]

アクリルガッシュの続きは執筆中のため、こっちの記事を先にしますm(_ _)m


実に意外なことなのですが、「赤い交流電気機関車」というものを買ったのは初めてだったりします。
(例外として既存機関車(ETRカラーのEF71)の復活用に部品取りとして買ったものはありましたが)
イメージ 1


といっても深い意味はなく、D−D配置の手頃な機関車を今後海外製の古い機関車に換装できるかの検証・・・というもので、これが青函トンネル運用のものと知ったのは帰って調べてからでした。

車体的には状態は悪くないですが、ナンバーが1つ欠けています。また残りもメッキが落ちています。将来的には何とかしましょう。

走行させてみると、片側のヘッドライトが点きません。分解して基盤を直接通電してもダメなようで、電球が切れてしまったようです。
イメージ 2


LED交換して余った電球があるのでそれで修理しても良いのですが、これもLED化してしまいましょう。
TOMIX車は初めてですが、ライトユニット自体は似たようなものです。

元の基盤です。
イメージ 3


電球とダイオードを外します。
イメージ 4


3mm電球型LEDを削って小型化します。最近はこの作業も手馴れてきました。
イメージ 5


抵抗・LEDを配置しハンダ付けします。
イメージ 6


発光を確認します。
イメージ 7


LED脚をカット、設置して点灯を再確認します。
イメージ 8


車体を被せ、完成です。
電球に比べて明るくなりました。
イメージ 9


さて、これは何を牽引・・・
と思ったら持て余していたものがありました。
マイクロエースの「海峡」セットです。
イメージ 10


これもLED化・室内灯化したいのですが、同じ50系の「もおか号客車」で相当の難儀だったので作業は保留です・・・
イメージ 11


旧型客車も似合いますね。
イメージ 12



にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリンクをポチッとして頂けると励みになります。




この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

交流機の両パン上げはみっともない。実際の交流機関車は片側しか上げてないよ。
(片方しかあげないのはそれで足りるから) 削除

2017/8/7(月) 午後 0:42 [ 通行人 ] 返信する

> 通行人さん
コメントありがとう御座います。
私には詳しくは分かりませんが、これはこれでかっこいいと思いますよ。

2017/8/7(月) 午後 6:27 [ スロハユニフ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事