全体表示

[ リスト ]

Amazonでセールで売っていたので2つ購入しました。
メーカー不詳ですが、明らかにエアテックスの入門機「kids105」の完全コピー品です。


もともとこの基本形はタミヤのベーシックコンプレッサーのエアブラシです。本体で1万円を切るため樹脂部品を多用していますがなかなかに扱いやすく、現在も(コンプレッサーは改良されましたが)ロングセラーです。
イメージ 1


エアブラシも本体は樹脂製ながら操作しやすいガンタイプのグリップ、模型用に扱いやすい重力式、大容量のプラカップ、分解も容易でメンテナンスがしやすい・・・といまだに愛好者も多いです。

これをエアテックスが模倣したのが「kids105」で、台湾製です。
イメージ 2


トリガーをダブルアクションに改造、タミヤ以外のコンプレッサーに使えるようにネジ規格をSタイプへ、またトリガー引きしろ調整ネジを側面からグリップ後方に移設しました。(これが見た目で一番の違い)
ただ上記ベーシックコンプレッサーと部品が共通しており、プラカップをはじめ、結構互換も可能です。
また「市販のエアー缶と互換のない謎のアダプター」も付属していました。

とても使いやすかったのですがダブルアクションのチューブが破裂、その他不具合が多く発生し、現在は使っていません。また、「kids105」自体も販売停止で入手できなくなっています。(エアテックスのコンプレッサーに「オマケ」として在庫品が入っているとの話も・・・)

Amazonの商品画像はその「kids105」とソックリです。見た目に違うのはトリガーがエンジから黒になっていることでしょうか・・・?
イメージ 3


商品が届きました。
イメージ 4


「kids105」ではエアブラシ格納用のプラケースなのですが、紙箱です。ちょっと貧相ですが特に1回1回仕舞う訳ではないので十分です。箱が破けていたり潰れていたりしています。これがアウトレット価格の理由でしょうね。
イメージ 5


取説をみると、Amazonの商品説明でなかった商品番号が出てきました。
「BT−105」、明らかに「kids105」との関連が見られますね。
(以下「BT105」「kids105」と記載)
イメージ 6


さっそく「kids105」と比べてみます。
イメージ 7


本体では違うところが幾つかありました。
(1)グリップ下部の生産国表示の有無・・・「BT105」では消されています。箱にも商品説明にも生産国記載がありませんが、おそらく中国製でしょう。
イメージ 8


(2)接続ネジ径・・・「kids105」では小型コンプレッサー用のSサイズ径の接続ネジですが、「BT105」ではより大きめのコンプレッサーに使われるLサイズ径の接続ネジです。
(3)カップに軽量線の有無・・・これは後発の「BT105」にあるもので、目盛が入っています。これはタミヤにもエアテックスにもないものですから嬉しいです。
イメージ 9


内部を見てみます。(「kids105」は一部部品欠如)
イメージ 10


ダブルアクション用の弁の形が違います。

同様のノズル先端ですが、「kids105」の金色の真鍮地に対し、「BT105」は銀色のメッキですね・・・
イメージ 11


ちなみに後方のニードルパッキンは「BT105」では内包式になり向上しています。

トリガーは「BT105」が丸い成形の跡が残っていて、ちょっと格好悪いです。
イメージ 12


部品の成型自体ですが、こちらは後発の「BT105」の方が綺麗です。裏側もスッキリしています。
イメージ 13


タミヤのベーシックブラシと3つ並べてみます。
左から親→子→孫、日本製→台湾製→不明(おそらく中国)です。
イメージ 14


この「BT105」、例によって動きが渋く、このままでは扱いにくいので整備します。(続きます)


にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリンクをポチッとして頂けると励みになります。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事