全体表示

[ リスト ]

イメージ 9

中古屋でDD13が最近多く出回っています。トミーナインスケールから旧製品のKATO製品、マイクロエースまで様々です。
そんな中、珍しく新しい方がジャンクにありました。数年前にリニューアル発売された2つ目の後期型の方です。ランボード上の黒色が見えなければ旧製品と見間違えていたかもしれません。
イメージ 1


前期型は所有していましたが、後期型は無かったので購入することにしました。さて、もう何台目のDD13(タイプ含む)でしょうか・・・
イメージ 2


外見上で見ると、運転台横の手すりが1か所外れていました。
イメージ 3


これはゴム系接着剤を楊枝の先に付けてくっ付けました。
イメージ 4


あとは特に問題ないですね・・・
片方のカプラー押えの板バネ(銅板)が無いくらいかな・・・?

線路に乗せて走らせましたが・・・
ショートしているらしく、すぐにパワーパックのブレーカーが落ちてしまいます。
マイクロエース製品(初回生産分)ではこのような事例が多くありましたが、珍しくKATOでのショート、これがジャンクの理由だったのでしょう。これは厄介かな・・・?

車体を外してみます。特に見た目では組み付け不良はないようです。
イメージ 5


台車を引っ張って(リニューアル品は引っ張って外せる)みたところ、その原因が分かりました。

先の外観検査の際に「片方のカプラー押えの板バネがない」と書きましたが、その金属製の板バネが動力台車上に入り込み、それがダイキャストと電極に接触してショートしていたようです。
イメージ 6


板バネをカプラーに戻して再組立て、再び走行すると静かで滑らかな走りが復活しました。
イメージ 7


ライトは先日旧製品を高輝度LEDに換装しましたが、このリニューアル品はそれに匹敵するぐらいの光りようです。今の流れですかね。
イメージ 8



にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリンクをポチッとして頂けると励みになります。




この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

こんにちは。

これがパーツ不良になると高く付いちゃったりしますが、
組み直しだけで済んだのはラッキーでしたね!

2017/8/30(水) 午前 7:57 [ かな ] 返信する

> かなさん
おはようございます。このDD13は一つ目の初期型を持っていたので構造は大体分かっていました。そして余程の乱暴な走行が無ければ壊れにくそうだと思っていました。とはいえまさかの展開で簡単に直って良かったです。(^^;)

驚くべきことに、マイクロエースの初版DD13はこの状態(ライト基盤反射用のアルミ蒸着シートが左右ダイキャストに接触してショートしている)がデフォルトで出荷されていたんですよ…(´・ω・`)ショボーン

2017/8/31(木) 午前 7:25 [ スロハユニフ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事