全体表示

[ リスト ]

ちょうど円盤状、この値段ですので購入しました。
家にあるロクハンのはR100と小径でしたので、これくらいの方が似合うかな・・・?
イメージ 1


家に帰って接続・・・
出来ません。仕組み的には同じような構成なのですが、メルクリンのものはジョイナーに「細い溝」があり、これがあってロクハン(含む日本型)に接続できないようです。

方法として一番単純な方法は、メルクリンのジョイナーを外して片肺で線路を維持する方法です。HOゲージやNゲージだと危ういですが、Zゲージだと意外と丈夫です。

そしてここで気づいたのですが、線路の細さも違うんですね・・・
イメージ 2


高さも微妙に違います。
イメージ 3


日本型に比べ精密で薄いので実感的ですが、意外と接続が難しく、ジョイナー付近を壊しやすいです。組み立てる際に幾つか曲げかけてしまいました。ロクハンの線路はややオモチャっぽいのですが、接続は確実で安心できるかな・・・?

で、このメルクリンの線路が安いであろう理由が「フィーダーがない」という事です。最初ロクハンのフィーダー線路と接続することを考えていましたが、規格が微妙に合わないので、4本ある直線線路の1本をフィーダー線路に改造します。

線路への接続は・・・ちょうどいい形状のがKATOのBトレ動力の導電板にありました。
イメージ 4


これを真ん中で半分に切り、端側の方をユニトラック延長コードを切ったものとハンダ付けします。
イメージ 5


導電板を外側から内側に差し込み、内側1mmを上側に折り返してから外側に引っ張り、下側に回します。
イメージ 6


リード線は線路の裏に瞬間接着剤で固定、90度折り返して道床の一分を欠き取り、外側に出します。
イメージ 7


パワーパックにつなぎ、完成です。
家に唯一あるロクハンのキハ52をセットしツマミを回すと、快調に走行します。
イメージ 8


単純な円盤状ですが、安く買えたので良かったです。
イメージ 9



にほんブログ村 に参加しています。お気に召しましたら下記のリンクをポチッとして頂けると励みになります。




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事