ここから本文です
過去〜未来 のブログ
真のジャーナリズムを期待して

書庫全体表示

「生活の党」参議院議員 森ゆうこ
 
2013年2月3日(日)日曜討論森ゆうこ発言書きお越し
 
●政府の経済政策について
「アベノミクス」なのか「安倍のリスク」なのか,もう少しよくチェックしてみないと,評価はまだできない状況だと思っております。
 
ただ,景気の底割れを防ぐという意味で,財政・金融一体となった政策を打つということは,否定するものではないと思っております。
 
ただ、10兆円という規模の予算(=財政出動の額)を使うが,実際に本当に地域の経済が潤うのか,あるいは,生活者のたとえば給料のところに反映されてくるのか,ということは,今のところ否定的な見方をせざるを得ない。
 
また今「ヒモつきの補助金」復活と言う事で,従来型の公共事業という事になりますと,これは,白アリにエサをやるだけではないか。
 
そして,過度の金融緩和は,禿タカにエサをやるだけではないか。
様々な危惧がありますので,これを国会でしっかりとチェックしていきたいと思います。
 
予算の全体のフレームで,公債の発行と税収で,公債発行が下回ったと言うが,まったく違う。
 
今まで公債の中に入れていたものを省いて,
公債発行額を,見た目だけ抑制した。
 
それは何かと言うと,年金特例公債です。
 
これは,来年からスタートする消費税・大増税をあてこんで「年金のための特例公債」を発行する事になった訳です。
 
この「年金のための特例公債」を
公債費の今のフレームの中に計算していません。
 
言い方は悪いが,粉飾に近いのではないかと,まず,指摘をしておきたい。
これは事実です。
 
公共事業は,景気の底割れを防ぐという意味では速効性があると,しかも重要なインフラの更新という所に限って言えばいいのですが,やはり使い方が「ヒモつき補助金」で必ずしも地方が望んでいないものもあるということ。
この辺は気をつけなければいけない。
 
まず,アベノミクスというのは消費税を増税させるための,その景気対策であるという事を忘れてはいけないと思います。
 
もう一回,そもそも論,皆さん思い出して頂きたいんですけれども,社会保障制度改革を行なう,と。
 
その財源のために消費税を増税しなければならないのだ。
そして,そのためには景気を良くして,景気条項を満たして,景気を良くしないと来年の消費税・増税が判断を出来ないのだ,という所から始まっている事を,お忘れにならないようにして頂きたいと思います。
 
社会保障制度改革はどうなのかは今の所,まったく見えておりませんし,そして,3本の矢の成長戦略もまったく見えておりません。
 
特にわたくしが言いたいのは,エネルギー政策において,
いったい原発どうするんですか,と。
 
本当にエネルギー政策,成長戦略とするのであれば,原発をやめて新たなエネルギー政策で日本が成長して行く道筋を,我々はもう具体的に提示させていただいておりますが,そういう戦略を取るべきであって,全く成長戦略の中身がない中で,消費税増税のための景気対策というふうにしか思えません。
 
●外交・安全保障について
まず,国家の最大の使命は国民の生命と財産を守る,そして我が国の主権を守って行くことが重要なのは言うまでもありません。
そして日米同盟が大変重要な基軸であることについても異論はありません。
 
しかし,この間,特に衆議院総選挙の前あたりから随分勢いのいい,な威勢のいい事を言う人達を礼讃するよう雰囲気があったのではないか。
必要な防衛力というのは粛々と確実に進めて行けばいいのであって,声高に緊張を高めるような発言,あるいは行動は慎むべきではないか。
 
国際協調をきちんと構築して,平和な社会を作る,そのために日本が貢献するという事を忘れてはならない。
 
●国会の論戦また夏の参議院選挙に向けて
国民の生活が良くならなければ,本当の景気回復もない。
そういう意味で「アベノミクス」と消費税増税とは矛盾している。
凍結をもとめて行きたい。
 
そして,国民の命,暮らし,地域をまもるために,大胆な改革をするということをお約束してまいりたい。
 
                      ソース元:天地の超常現象さん
http://blogs.yahoo.co.jp/mvbzx0147/31798053.html#31798053
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事