ここから本文です
コンセプトはキャッチアンドストマック・・・・好きな言葉は強炭酸・・・・

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

砂号を駆り山菜取り



いつか行くんだリストに入っていた安中の越後屋食堂が全焼したと、MOMIEさんのブログに載っていた。
残念にも程がある。
プレハブでも何でもいいから、ぜひ再建して欲しい。
ご高齢のご主人だから、厳しいのかなぁ・・・・

■ ■

3月31日(日)は予想最高気温が19度となっていたが、朝は寒かった。
呑み朋山羊氏が一緒にタラの芽採りに行く筈だったが、当日バックレ入ったので、一人身軽に単車でGo!する事に。

気温が上がり始めた昼頃から出発。




イメージ 1
第一ポイントは千葉県某所の高速道路を下りてすぐの場所。




イメージ 3
こんなところ。




イメージ 2
ここのアケビは珍しい白花で、新芽も赤系の色素が無いんだろう、緑色。




イメージ 4
第二ポイントは高速道路のフェンス。
こちらは赤みがかった普通のタイプね。






イメージ 5
第三ポイントも高速側道フェンス。
ここのヤツは太いんだ。

傍らに山芋の花殻が見えるねぇ。




イメージ 6
更に第四ポイント。




イメージ 7
ここはどっさり獲れる本命ポイント。
ちょう度頃合いで、バッチグゥ〜♪


アケビの芽はこれぐらいにして、次に芹ノビルポイントまで向かいます。


途中、如何にもタラの木が生えてそうな藪を通り過ぎ・・・・
チョッチュル気になったので、狭い道をクルンとUターンして戻ってみると・・・・




イメージ 8
ビンゴー!
フェンス越しに2〜3本のタラの木が見えたので突入してみると、頃合いの芽が出たタラの木がそこにもここにも!
結構太い木もあるじゃん♪




イメージ 9
あっちゅーまにこれだけ収穫。
まだ芽出し前のもあったから、残りは次週のお楽しみだ。

ぁあ、八木家のショータ&ハルトちびっ子兄弟にも採らせてあげたかったなぁ。




イメージ 10
で、いつもの芹ノビルポイントまでガボォォォッと走り、まずはウルイをば。
前回お彼岸の時はまったく出てなかったが、ドンピシャタイミングだねぇ。




イメージ 11
コゴミエリアまで歩いて行くと、小さいのがチラホラ出てる。




イメージ 12
あんまし小さいと食い応えがショボいから、ある程度大き目なヤツを収穫。
デケェヤツは遅れて出て来るから、次週のお楽しみだ。




イメージ 13
ウルイとノビル。
ノビルはまだまだ小粒。

残念な事に去年まで膨大な量生えていた芹はほぼ壊滅状態。
原因は水っけが無くなった為に他の植物が進出してしまい、駆逐されたんだと思う。
美味しい芹の採れるところを新規開拓せねばねー。





イメージ 15
で、去年の山芋掘りの時にみっけて置いたタラの芽ポイントまでガボォォォッと走り、パチリ。
このメッシュフェンスはソーラー発電の囲い。
いずれここのポイントも危ういなぁ・・・・



イメージ 14
肝心なタラの芽はまだ伸びてなくて、空振り。
でもいいのだ。こうして現地へ赴き、生の情報を得る事が大事。


つーことで、大猟ルンルン気分で砂号をガォガォ言わして帰ったんでありました♪


全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事