全体表示

[ リスト ]

Post-prosecution Pilot program (P3)の利用結果について、ネット上で調べてみましたが、見つかりませんでした。

実効性や提出期限(2月以内)に加え、現地費用、許容される補正の範囲などが問題です。

特に、許容される補正の範囲が、よくわかりません。
「P3プログラムにおいて審査官に割り当てられている時間内に限り考慮される」らしいのですが。。

とりあえず、(AFCP2.0が使えない)補正無しの場合に利用するのが無難か?
調査継続。




閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事