過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

近年の傾向

 最近の傾向として、以下の3点が挙げられる。
 
(1)進歩性判断については、かつての厳しい運用が、裁判所側から是正されてきている。つまり現状は、裁判所のほうが進歩性判断がやや甘い傾向にある。
 
(2)記載不備に関しては、いわゆる偏光フィルム事件大合議判決以降、特に36条6項1号(サポート要件)の判断が厳しくなり、不当な記載不備拒絶が見られる。この異常に厳しい記載不備審査について、裁判所サイドからの是正傾向が見られる。
 
上記(1)に関する審決取消判決の例。
 
・審決取消訴訟判決:平成19年(行ケ)10258号
『本発明と引用文献とを対比すると、技術分野は同じくするものの、その技術的課題等は
異なるものであるから、そのような引用文献発明に接した当業者が、本発明と引用文献と
の相違点の構成を容易に想起することができたと認めることはできない』
 
・審決取消訴訟判決:平成20年(行ケ)10305号
『課題が異なる引用文献に周知技術を適用することによって、「本願発明の構成に達する
ことが容易であった」という立証命題を論理的に証明できたと判断することはできない』
 
・審決取消判決:平成20年(行ケ)10096(回路用接続部材事件)
「容易想到性の判断の過程においては、事後分析的かつ非論理的思考は排除されなければならない」
「発明が容易想到であると判断するためには、先行技術の内容の検討に当たっても、当該発明の特徴点に到達できる試みをしたであろうという推測が成り立つのみでは十分でなく、当該発明の特徴点に到達するためにしたはずであるという示唆等が存在することが必要であるというべきであるのは当然である。」
(審決取消判決:平成20年(行ケ)10261(キシリトール調合物事件)においても同趣旨)
 
・審決取消判決:平成19年(行ケ)10065
「そのように引用例2の目的を滅殺する方向での組み合わせを当業者が行うことは通常は考えられない。したがって、引用発明1のリム122に代えて引用例2のフック部34を採用することを当業者が容易に想到し得たとは認められない。」
 
上記(2)に関する審決取消判決の例。
 
・平成19年(行ケ)第10147号審決取消請求事件(平成20年3月27日判決言渡)
 『加えて,本件明細書の発明の詳細な説明には,本件特許発明のワイヤの径サイズ(「0.06〜0.32mmφ」)については,通常使用されるワイヤサイズに基づいて規定し,層除去の範囲(ワイヤ表面から「15μm」の深さまで)については,実使用による使用済みワイヤの片側最大磨耗が15μmであることを確認したことに基づいて規定し,内部応力の範囲(「0±40kg/mm 」)は,実使用による使用後のワイヤに小波の発生がなく,フリーサークル径の減径が大きくなかったことを確認したことに基づいて規定したことが記載されていること(上記イ(ア)e)に照らすならば,本件特許発明の内部応力の範囲(「0±40kg/mm 」)は,その上限値又は下限値に格別の臨界的意義があるわけではなく,ワイヤの表面層の内部応力の絶対値が小さい数値を規定したものと理解される。』
 
・平成21年(行ケ)第10004号審決取消請求事件(平成21年9月3日判決言渡)
 『これに対し,本件明細書には,上記課題を解決するための手段として,ベールの頂面における内接矩形内に位置する部分の少なくとも90%が,平坦な板から約40 mm 以下離間する程度に,ベールの頂面及び底面が平面であるようにすること,フィルタートウのパッケージ包装材を気密にシールするとともに,少なくともベールが梱包された後に外圧に対して少なくとも0.01barの負圧がベールにかかっている状態にすること,負圧の制御方法の記載があることが認められるのであって,本件発明1につき,当業者において,本件明細書の記載により,その課題との関係での数値限定を付した技術的意義を理解できるものと解され,そうすると,数値限定を付した場合の効果(実施例)と,このような数値限定を満足しない場合の効果(比較例)との十分な記載がないから,本件発明1の技術的意義が十分に記載されているとはいえないとの理由のみで,本件発明1及びこれを引用する本件発明2ないし26が特許法36条4項1号の規定に適合しないとした本件審決の判断も首肯し得ないものといわなければならない。』

 かかる状況を踏まえると、拒絶理由通知に対して、妥協的補正は避けることが重要である。即ち、裁判所判断を念頭に置いて、粘るべきところは粘るべきである。審判、審決取消訴訟、分割出願等を十分に活用したい。
 

開く コメント(14)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事