ここから本文です
スカイスクレイパーが呼んでいる。
1974年式VWビートルSTD乗りは、旧車、ミニカー、雑貨などなど世の中、気になる事が多過ぎる。

書庫全体表示

記事検索
検索

全321ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

文句無しの快晴の今日、岐阜県垂井町で開催された「13th.Just My Taste Meeting」を見に行ってきました。

車好きの皆様方をお誘いしたのですが各々方用事が有り、家族にも見放され、一人寂しくスージーを東へ向けたのでした。

9:00スタートだったけれど、以前見に行った人のブログとかチェックしていると、早い時間から駐車場が満車になると書いて有ったので、8時過ぎに到着。
イメージ 1

イメージ 2

空冷VWと国産旧車中心のイベントと言う事だったけれど、空冷VWは1割程度じゃなかろうか。
イメージ 3

イメージ 4

1969年式オーナーのWさんは何と4年前に英国車のイベントでお会いしていた事が判明。その時は1976年式のグリーンのビートルで来られていて、僕がパーシェルセルフの良さを力説しておりました。無事帰られましたでしょうか?
イメージ 5

VW AUTUMNでも綺麗に飾り付けしているバス。今回もオーナーさん熱心に飾り付けしていました。
イメージ 6

イメージ 7

楽しそうなバス。
イメージ 8

イメージ 9

良〜く見ると「INCH PINCHER」ならぬ「INCHIKI PICHER」と書いて有る。
イメージ 10

バスにフォグは珍しい。
イメージ 11

イメージ 12

コンバチはやっぱり幌を畳んだ姿が美しい。
イメージ 13

イメージ 14

ポルシェ 718RSのレプリカ?
イメージ 15

では国産車に…のその前に。

買って帰っても乗れる家族が一人もいないのに、ペダルカーは見ると欲しくなる。
イメージ 16

父が所有していた「クラウン・スーパーサルーンエクストラの」後期型。
イメージ 17

レアなケンメリのバン。もうなかなかお目にかかれません。
イメージ 18

「プリンス・グロリア」のローダウンバージョン。ローダウンしても品の良さは隠せません。
イメージ 19

大好きなクジラクラウンのハードトップ。
イメージ 20

クラウンのワゴンもカスタムの手法でこれだけ雰囲気が変わるとは!!

来週末に続きます。

この記事に

開くトラックバック(0)

キュートなお尻

漸く暖かくなり、我が家のインドホシガメの温度管理も2段階程緩くなった気がする。

そしてインドホシガメと毎回呼ぶわけにも行かないので「インディラ」と命名。
ベタですね。

そのインディラのどんな仕草が可愛いかと言えば…
イメージ 1

後ろ足を突っ張り、エサを一心不乱に食べている時のキュートなお尻。

この記事に

開くトラックバック(0)

曜日が前後するけれど、先週の土曜日にこだわりのライフスタイルを貫くN夫妻とお気に入りの店なのになかなか行けなかった「ビワコドーターズ」へ。
イメージ 1

昨年オープン直後くらいに初めて行って良かったのでN氏に教えたら、何と先に行っていて、流石と思わず唸ってしまった事を思い出す。
イメージ 2

イメージ 3

相変わらず目の前の琵琶湖で捕れた魚介類を使った商品がお洒落なパッケージに入って売っている。本当に手土産には最適。
イメージ 4

酒粕のレアチーズケーキは次回買おう。
イメージ 5

琵琶湖の天然ウナギはそれなりのお値段。いつか奮発して買おうと思うが、いつも有るわけではない。その日の漁の結果次第。
イメージ 6

漁で使う網を見せて貰う。
イメージ 7

琵琶湖畔にキャンパーを停めて、買ってきた物でランチタイム。キャンパーはこれが出来るのが醍醐味。
イメージ 8

鯉の洗いならぬ鮒の洗い。好き嫌いのはっきりする味ですが、僕は洗いは郷土の味なので大好き。冷酒が進みますよ。

この記事に

開くトラックバック(0)

ポカポカ陽気の先週日曜日、花見に行ってきました。
イメージ 1

目指したのは甲賀市土山町鮎河(あいが)のうぐい川沿いの約600本の桜。
イメージ 4

普段は静かな山間の集落なんですが、桜のシーズンは大渋滞が起こる程、沢山の人がやって来て、車を停めるのも一苦労。なので数年前にまだ満開では無い時期の平日には行った事が有るけれど、ピークの時は躊躇していた訳です。

で、行ってみると案の定沢山の人、人、人。露店出ていて大盛況。
イメージ 2

イメージ 3

桜はご覧の通り見事の一言。感動しました。近くにコンビニは無いので、弁当を持って行くか、露店で買うかです。因みにここへ行く途中の青土ダム沿いの桜も見事です。
イメージ 5

そして僕が世界一好きな近所の桜の木は、今年も満開となりました。

この記事に

開くトラックバック(0)

Lowlife VW meeting 10th. "The Final"ネタ最終回。

更新出来る時にどんどん更新しますよ。
イメージ 1

イメージ 2

コンバーチブルの内装は、ほぼドンガラ状態。
イメージ 3

ステッカー大好き人間はスルーできない状態。ここまで埋まるとは脱帽です。
イメージ 4

イメージ 5

912もご覧の通り。エンジンルームもピカピカでした。
イメージ 6

このボディーカラーにサーフボード。理想のバスの姿です。
イメージ 7

遠路遙々横浜よりのムーンアイズさん。グリップカバーを買ったけれど、何度も温めてから装着して下さいと言われていたのに温めが方が足りず、おまけに欲を出して引っ張ったので千切れてしまい、1,620円がパーになってしまった…(泣)
イメージ 8

イメージ 9

シェビー・ノバのワゴンかな!?
イメージ 10

イメージ 11

ボディーカラーが素敵。ひっそり停まっていたけれど、注目されていました。
イメージ 12

結局イベントに行くと先立つものが無いのに財布の紐が緩む。今回またまたブレーキが利かず、こんなものを買ってしまった…
イメージ 13

案の定、次男が食い付く。大学から(お陰様で漸く春が来ました)帰って来る頃を見計らって玄関に置いておいたら、ドアを開けた瞬間暗がりにこいつがいて、絶叫していました。

次は5月の月ヶ瀬ミーティングを見にいこうと思う。

この記事に

開くトラックバック(0)

全321ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事