daina-papaの趣味の部屋

カワセミを中心に鳥撮りにはまっています

キョクアジサシ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ホントに飛び立ってしまったようです。
私を含め、多くの人を楽しませてくれて、ありがとう。
無事に仲間の所へ辿り着けるように祈っています。
皆さんも一緒に祈ってあげてください。

今日はそのキョクアジサシを載せてます。

とまりもの
イメージ 1

飛び付き
イメージ 2

イメージ 3

飛び出し
イメージ 4

水絡み
イメージ 5

イメージ 6

魚を咥えて飛翔
イメージ 7

飛び出し&飛翔(こんな風に飛び立っていったのでしょうか。)
イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

さようなら、元気で。そして、ありがとう。

この記事に

開く コメント(2)

キョクアジサシ第2弾

昨日に引き続きキョクアジサシですが、今日はキョクアジサシの飛翔シーンを集めてみました。

 目の前を飛び回るキョクアジサシ(1枚目はノートリです、ホントに目の前で大きいでしょ)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 背中の様子が分かると思いあえて載せてみました
イメージ 4

イメージ 5

 急降下するキョクアジサシ(連続写真)
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

この記事に

開く コメント(2)

キョクアジサシ

日本では珍しいキョクアジサシを土日の2日間、暑さと戦いながら海岸で撮ってきました。
まだまだ整理は終わっていませんが、今日はその第1弾として載せます。

【キョクアジサシ】チドリ目-カモメ科
 最も長距離の渡りをする鳥の一つとして知られ、1年のうちに北極圏と南極圏の間を往き来する。
 形態:体長は35cmほどで、ハトくらいの大きさ。
    成鳥の夏羽は嘴と足が赤、頭が黒、背中は薄い灰色。
    冬羽と幼鳥は嘴と足が黒く、後頭部が黒くなる。
    アジサシに似ているが、嘴と足が短く見え、夏羽では嘴と足が赤いので区別できる。
 生態:夏の北極圏で繁殖し、太平洋東部と大西洋東部に分かれて南半球へ渡る。
    非繁殖期は夏の南極周辺海域ですごし、繁殖期にはふたたび北極圏へ渡る。
    「白夜を求めて旅をする」鳥で、渡りの距離は往復32,000kmにもおよぶ。

とまりもの
 魚を狙って低く構えているところです。
イメージ 1

 やっと目に光が入った瞬間です。(この鳥はなかなか目に光が入らなくて困りました)
イメージ 2

 大きなあくび(長い舌が見えます)
イメージ 3

イメージ 4

飛び出し(連続写真)
イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10


2日間撮ってきたのでキョクアジサシのシリーズはまだ続きます。

この記事に

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事