すずあかり日和

現在お休み中〜。漫画は随時更新中なので「すずあかり図書館」にお越し下さい♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全255ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

金曜日に、数ヶ月前から予約注文していたドラマのDVDBOXが届き、
土日はそれをリピート視聴してましたっ(`・ω・´)

三巡くらいしたかな?w
 
音楽もそうですが、気に入ったものは何度聴いても
何度観ても飽きませんっ(`・ω・´)
 
 
そんなわけで、そのドラマのレビューを。。。
 
自己満足記事なので、
お時間ある方だけご覧くださいませw
 
 
 
※ネタバレ注意※
 
 

CSI:NY
シーズン7前半 第1〜11話(141〜151話)
イメージ 1
 

今シーズンで、CSI:NYのチーフ・マックと
ずっと二人三脚で歩んできたステラが降板。
イメージ 2
ステラ・ボナセーラ
 
しかも、契約更新するかしないか交渉し続け、
シーズン6が終わってから契約終了が決まったので、
きちんとお別れすることができずに降板となりました。。。
 
シーズン7にも数話ゲスト出演するという噂だったので、
「辻褄合わせをしてくれるのかな〜?」と期待してましたが、
今回観たシーズン7の第1〜11話には登場しませんでした〜。
残念無念( TДT)
 
 
リンジー(NYチームメンバー)宛の手紙から、
「ニューオリンズ市警CSIのチーフになった」
ということだけは分かりました。
 
殉職したとか、捜査官を続ける自信がなくなって辞職とかいう
ネガティブな去り方じゃなかったことだけが救いです。
 
シーズン7の後半にゲスト出演するのかな〜。
やっぱりちゃんとステラにお別れ言いたいよっ( >Д<)
頼む!出てきてくれ!!←
 

そんなこんなで、「ステラのいないCSY:NYなんて。。。」
と激しく落胆しつつDVDの予約をしました。
(パッケージにステラが写っていないという衝撃。。。←)
 
マックとのコンビネーションが絶妙で大好きだったのに。。。
 
マックとステラは「男女間の友情もいいな〜^^」って感じさせてくれる、
とっても素敵なコンビでした。
イメージ 3
たぶん、お互いに異性としては恋愛対象じゃないんだろうねw
マックは割と古風で、控えめな女性が好み(ステラ=エキゾチックで自己主張強い)で
ステラは情熱的で芸術家肌の男性が好み(マック=昔堅気で真面目で硬派)だからw
 
お互いが好みのタイプじゃないっていうのも、
この二人にとっては幸運だったんだと思います。
だからこそ、恋愛関係のいざこざもなく、
パートナーとして支え合って来れたんだと思う。
妻を911で亡くしたマックと孤児であるステラ、
孤独と絶望を知っている二人だからこそ、
家族みたいな愛情を持って接してきたんだろうね〜。
 
 
そんなステラがいなくなってしまって、
マックや他のメンバーはどうなってしまうんだろうと
ものすごく不安でした。。。
 
 

そして、ステラの代わりにレギュラーとなったのが、
元FBI捜査官のジョー・ダンヴィル。
イメージ 4
ジョー・ダンヴィル
 

ステラ、ごめん。
 
一瞬でジョーを好きになってしまった!!←
 

ステラがいなくなって欠けてしまったものを、
すべて補ってくれるキャラというか。
 
ホントもう、違和感がまったくない!!w
 
登場して数秒でメンバーに溶け込んでしまって、
これが新生CSI:NYなんだとしっくりきましたw
 
プロデューサーか、脚本家か、キャスティングディレクターか、
誰の功績か分かりませんけど、
ジョー・ダンヴィルというキャラを生み出してくれた人に
感謝を言いたいです!
 
CSI:NY全体の雰囲気を壊すことなく、
また新たな作品の方向性なんかも期待できるキャラの登場に、
益々今後が楽しみになりました♪
 
この作品は、シーズン8で打ち切りか否かって瀬戸際でしたが、
シーズン9の製作が決定したのは、
ジョーの存在も大きかったんじゃないかな〜と勝手に思ってますw

シリーズの途中で新キャラ投入というのは、大きな賭けですよね。

以前話題にしたことがある「HAWAII FIVE-0」シーズン2
ロリという女性捜査官がレギュラー入りしたというエピソード
彼女はどうにもこうにもしっくり来ず。。。
 
いや、単体で見ればいいキャラしてると思うんですが、
FIVE-0のチームの雰囲気に馴染まないというか、
キャラの立ち位置が不明瞭というか、
ぴったりはまったコンビネーションを邪魔する存在でしかないというか。。。

何話目になっても違和感を拭い去ることができず、
結局ロリはシーズン2の途中で降板しました。
 
理由はよく分かりませんが、
やはり多くの視聴者が私と同じように感じたんじゃないかな〜。
 
 
途中加入のレギュラーでうまくいかないキャラ設定は、
・変に媚びる
・妙に偉そう
・出来上がっているチームの輪を乱す
・登場して間もない段階で既存メンバーとの間に恋愛フラグが立つ
というパターンですね。
 

今回のジョーの設定はバランスが絶妙だと思います。

初登場の第1話でマックに取り入るシーンがありますが、
それが全然厭らしくない。
ステラのようにマックの心強いパートナーになってくれるだろうな、
という期待を持てました。
イメージ 6
 
そしてステラの代わりということで、
新入りながら他のメンバーを引っ張りつつ、
補佐役としてマックのこともコントロールしなくてはいけないという
難しい役どころなんですが、
それがまったく高圧的ではなく、
NYチームのことを理解した上で、
メンバーに愛情を持って接してくれているのが伝わってきて、
非常に好感を持てます。
 
ステラはCSI:NYの姐御的な存在でしたが、
ジョーはおかんみたいな存在になってきてますねwwwww
イメージ 5
それは、二児の母という設定も活かされているんでしょう。
 
頭が良く、責任感が強く、オチャメで、愛情深いジョー。

これから彼女の暗い過去とか闇の部分も描かれることになると思いますが、
CSI:NYらしく、チームワークで困難を乗り越えていって
くれるんじゃないかな〜と期待が持てる数話でした!
 
 

シーズン7後半のDVDは9月上旬に届く予定です。
今から楽しみ〜〜〜♪
 
ステラも登場してくれたらいいなぁ。。。( ´∀`)
 

開く コメント(5)

ちは〜^^

8月に入りましたし、開催まで二週間をきりましたので、
コミックマーケットC82のお知らせを。

すずあかりの日程・スペースは下記の通り。

日程:三日目 8月12日(日)
スペース:西地区 ゆ-02b

でっす。

MAPでもご確認いただけますので、
「当日行くぜ!」という方や、
「コミケってどんな規模でやってるのかな?」と
ご興味ある方は覗いてみてください→MAP
 
twitcmapページの左上にスペースの情報を入力するところがありますので、
そこで検索していただくとお目当てのスペースへ飛ぶことができます。
↓すずあかりの場合はこんな感じで入力してね☆
イメージ 1
 
スペースは東1〜6、西1・2まであって、
それが三日間あるんだぜ。
どんだけのサークルが参加してるんだっていう。。。
 
私はサークル参加しかしたことないので、
自分のスペースから動くことがあんまりないですが、
こうしてMAPで見てみると改めて規模の大きさに驚かされますねぇ。
 
 
さて、今回の出品ですが。。。
 
やっぱり描き下ろし作品は描けなかったんですよねぇ〜;;
申し訳ない限りで。。。;;
 
でも、『神話-黒の書-』書籍版の新刊・第5巻がありますし、
その他旧作ですがいろいろご用意しておりますので、
手に取ってご覧いただけたら嬉しいです^^
 
黒の書新刊は↓こいつが目印だ!w
イメージ 2
 
 
今回はお手伝いさんがいないのです〜。
ぼっちだよ(´・ω・`)
 
一人ぼっちで参加って初めてなので、
ちょっとドキドキ。。。

ってか、お手洗い行けるかな、とか
お友だちのスペースに遊びに行けるかな、とか
心配もありますが^^;
 
こういうとき、トイレ遠い体質でよかったな〜と思いますw
 

もしコミケ三日目に行かれるという方がいらっしゃいましたら、
立ち寄っていただけると嬉しいです〜♪

ぼけ〜〜〜っと一人店番していると思いますが、
お気軽にお声掛けくださいませ(`・ω・´)
 
 
 
 
\¤\᡼\¸ 2

開く コメント(18)

久々に海外ドラマのお話。
J・J・エイブラムス製作総指揮の作品です〜。

まずは新番組について。
 
Person of Interest
犯罪予知ユニット
シーズン1〜
イメージ 1
 
 
アメリカでは2011年から放映を開始し、
シーズン2の制作も決定しているようですが、
日本ではようやく今年8月からシーズン1の放映が開始です。
 
先日AXNにて、プレミアで第1話だけ放映されまして、
字幕版だったけど、気になっていたので視聴してみました〜。
 

未来に犯罪を犯す人、犯罪に巻き込まれる人を特定できる
プログラムを開発した謎の億万長者フィンチ。
浮浪者に身をやつしていた元CIAエージェントのリースを誘い、
犯罪を未然に阻止するという極秘プロジェクトを開始する、
というストーリーです。
 

視聴した感想は。。。
 
うん。
想像通りな内容だよね←
 
 
いや、面白かったです。
面白かったけど。。。
 
スパイものと犯罪捜査ものに
大きな陰謀が隠された壮大なストーリーってのを加えた
ヒット作のおいしいところを寄せ合わせた作品というか。
どこかで観たことあるような。。。
って印象が残りました^^;
 
元CIAのリースは海外で仕事をしている間に最愛の恋人を亡くし、
億万長者のフィンチは犯罪を未然に防ぐプログラムを開発したにも関わらず、
大切な人物の危機を救えなかったという過去を背負っている様子。
 
詳細は徐々に語られていくんでしょう。
 
リースは元CIAってことで、
危機に陥ってもスパイ技術を駆使してそれを脱し、
最後には悪に打ち勝つという
一話完結の展開になっていると思われるので、
まぁ、観ていて爽快感は味わえるのかな〜。
 
単に犯罪を予知し阻止するだけじゃなく、
犯罪予知のプログラムや、リース&フィンチの過去に謎が
隠されているようなので、それが明らかになっていくと
また違った面白さが増していくのかなぁと。
今後に期待といったところですね。
 

それにしても、『LOST』のベン役の印象が強いせいか、
マイケル・エマーソン演じるフィンチが、
ただの善人ではなく、な〜んか裏がありそうな気がしてしまうのは
私だけでしょうか^^;
 
「そんな善人ぶって、後で裏切ったりするんじゃないの〜?」みたいなw
フィンチが実際どんな人物なのかを知るのも、
このドラマの楽しみのひとつでしょうかw
 
 

もうひとつは、以前から何度かお話ししていたドラマのこと。
 
※ネタバレ注意です※
 
 
ALCATRAZ/アルカトラズ
シーズン1(全13話)で打ち切り
イメージ 2
レベッカとドクのデコボココンビ、好きだったんですが。。。

1963年アルカトラズ刑務所から忽然と消えた
囚人・看守が当時の姿のまま現代に現れるというストーリー。
 
1話につき1人(場合によっては複数)、囚人or看守が姿を現し
事件を起こすわけですが、
それを謎のエージェント・エマーソンと
祖父も姿を消した囚人の1人である刑事・レベッカが
囚人たちを再び捕まえ、アルカトラズの謎を解明していくという展開です。
 
 
途中、ストーリーがマンネリ化してきたかな〜?
と思っていたところにシーズン1で打ち切りになったという情報を知って、
ガックリきたわけですが。
 
やっぱり、こういうラストか><
という終わり方でしたw
 
「シーズン2へ続く」的なw
 
 
ついに祖父(と言っても自分と同年代だけど)と対峙することになったレベッカ。
しかし一枚上手の祖父によって腹部を刺され重傷を負う。
 
エマーソンは、アルカトラズ刑務所の地下にある謎の扉を開けるための
最後の鍵を手に入れ、扉の奥へ。。。
 
病院に運ばれ治療を施されるが心肺停止状態になるレベッカと、
扉の奥で新たな事実を目の当たりにするエマーソン。
 
というところで終わりました。
 

ここで終わりかよ!!Σ(┘□゚└)
 

まぁ、予想はしてたからね。
ショックはそんなに大きくなかったけどね。
 

実は63年組だったルーシー(当時は囚人との面談を行っていた博士)と
イメージ 3

姿を消す前のルーシーと恋仲で(当時は囚人の護送をしていた警官)
50年間ルーシーを探し続けていたエマーソン。
イメージ 4
 
この二人の複雑な恋物語はもう少し観ていたかったかな〜と。
 
エマーソンが執拗にアルカトラズ刑務所の謎を追っていたのは、
ルーシーを取り戻すため、
そして自分の人生を奪ったのは誰なのか、何故なのか、
真実を追及するためだったのかな?と思ったら、
無愛想なエマーソンが急に可愛く見えてきましたw
 
そして、ある日突然気付いたら50年後の未来にいて、
愛しいエマーソンも別人のように変わっていたことに
戸惑いを隠せないルーシーの心境なんかも、
もうちょっと観ていたかったです。
 
でも、打ち切りならば仕方ない。
自分の脳内でいろいろ妄想しようかと思いますw
 

次のシーズンも続行するかどうかは、
前のシーズンを制作しているときに決定してくれないものですかねぇ^^;
そしたら、無理矢理にでも完結に持っていけると思うんですが。。。
 
う〜ん、残念でなりません;;;;
 
 
 
 

開く コメント(4)

ハワイアンのお店

こんちは〜^^

昨日はハワイアンのお店に行ってきましたよ♪
以前お話ししたことがある海外ドラマHAWAII FIVE-0の影響でw
 
ドラマの中でハワイやアメリカの料理や飲み物の
名前がよく出てくるんですが、料理番組ではないので
それがどんなものなのか、というのはなかなか映されません^^;

それが気になって気になって。。。w
 
アメリカ本土よりは近いとはいえ、
なかなかハワイに足を運ぶことはできないので、
ハワイアン料理のお店に行ってみたいな〜とずっと思ってましてw
 
昨日は仕事の相談で親友のtaecoさんとお話しすることになってたんですが、
ハワイのノリノリな雰囲気の中で、楽しく真面目なお話ができました〜w
 
今真剣に在宅勤務できないかと模索中で、
その一環でtaeさんとお話ししたんですけど、
なんか実現できる兆しが見えきた!( ゜∀゜)
 
それにはまず自分が勉強頑張らなくちゃなんですが^^;
でも、光が見えてきたので前向きに動き出せそうです♪
 
 
私の転職のお話はひとまず置いておいて。
 
昨日のお店を紹介します。
 
渋谷のBird of Pradiseというお店。
ちょうど隣の席で合コンやってたのでちょっと騒がしかったですがw
お店自体はハワイアンな内装と音楽に包まれていて、
陽気ながらも落ち着いた雰囲気でした。

マイタイ
イメージ 1
ずっと気になっていたカクテル。
ラムベースで、パイナップルや柑橘系のフルーツが入った
トロピカルな味でした☆
 
最近ビール・ワイン・焼酎しか飲んでなかったので、
カクテルは新鮮でしたね〜w
 

コブサラダ(と、お通しのポップコーンw)
イメージ 2
これはハワイというよりアメリカ西海岸の料理ですね。
いろんな食材が詰まった賑やかなサラダでしたw
 
 
アヒポキ
イメージ 3
マグロとアボカドの和えもの?
和風なお味でした〜w
 

ピニャコラーダ
イメージ 4
これも気になっていたカクテル。
ラムペースでパイナップルが入っているというのはマイタイと同じですが、
こちらはココナッツが入っていてまた一味違ったお酒でした。
 

サーフアイランド
イメージ 5
気まぐれで頼んでみたカクテル。
アプリコットベースの紅茶のカクテルなのかな?←
チューペットみたいな味の甘〜いお酒でしたw
 
 
ロコモコも頼んだんですが撮り忘れた(つД`、
お話に夢中になっててね〜^^;
 
 
ハワイは昔行ったことがあるんですけど、
ホント大昔なんで。
 
小3の頃かな〜。
 
なのでカクテルとか飲めなかったしね。
ハワイ料理もあんまり食べなかった気がします^^;
せっかく現地に行ったのに勿体なかったなぁ。。。
 

昨日はちょっとだけハワイを感じることが出来た一夜でした♪
 
 
 

開く コメント(8)

こんちは〜^^

連日になりますが、漫画の更新報告を。
『黒の書』34話更新開始しました〜。
 
お時間ある方はどうぞご覧くださいませ。
↓↓↓
 
 
冒頭は魔族側の描写からです。
 
アーマノン左大臣の手下1・手下2が初登場。
今後もちょこちょこ出てくるかな〜。
 

33話でこじれてきたランマコシィンの三角関係どした!?
と思われるかもしれませんが、あとで出てきますw
 

そして、34話はマコトだけでなく、
カイトにも恋愛において試練が訪れたり訪れなかったり。
 

今回もいろいろ盛りだくさんな内容になる予定です。
時々更新確認していただくと、
「え!?」「そんなバカな!?」な展開があったりなかったり←
 

34話に関するご感想等はコチラの記事のコメント欄を
ご利用いただいて結構ですので、
いつでもお気軽に書き込んで下さいね〜♪
 

 
\¤\᡼\¸ 2
 

開く コメント(14)

全255ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事