☆ ANGELIC COMMUNICATION ☆

いつもありがとうございます☆ 現在、全てのセッション、アクセサリーのご注文は、お休みさせていただいていますm(___)m

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全77ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

OPTIMIST

忙しくて放置していたブログを更新する気になったのは、
ちょっとショックなことがあったから
 
言えば楽になるかなっと。
 
今、紛争解決手続代理業務試験受験のために、
毎週土日、研修を受けている
 
これは、特定社会保険労務士になるための必須の研修。
しかも、会社命令で
 
聞いてても、難しくて分からない。
どうせ、聞いても聞かなくても分からないことは同じなら・・・と、
あっさり、聞かない方を選択するわたし
 
試験に合格すれば良いんでしょうと。
 
それでも、人生なんとかなってきたし
 
お尻に火が点かないと行動できない性分なのは、
治らないのかな。。。
 
そういえば、今年の夏も、北海道に行くのに、に乗り遅れて、
もう半分パニックになりながら、次の電車調べて、
旅のお供に「遅れる」ってして
 
これまた、旅のお供も、全然怒らないで、
「間に合うよ。大丈夫だよ。待ってる。」って。
 
のんびりしてるのか、バカなのか、優しいのか、
わたしを落ち着かせようとしてくれてたのか、慰めにもならない返事をくれた。
 
まーこういう人だから、一緒にいてくれるんだろうなぁ。
 
でも、無情にも、到着時間は、出発予定時刻の10分前
それからチェックインして、スーツケース預けて、手荷物検査受けて、なんて時間はないし、
そもそも、10分前って、搭乗口にいなきゃいけない時間だし
 
予定の飛行機にはどう頑張っても乗れないはずだった。
 
だけど、急に思いついて、押上からタクシーに乗るという選択をした。
運転手さんも急いでくれて、間に合った
 
ツレが言ってくれた「間に合うよ。大丈夫。」という言霊のパワーと、
「わたしってやっぱり運が良いんだな〜」っていう
自分自身の潜在意識での思い込みは、現実を変えるんだなって、
後から思った
 
それにしても、わたしの人生は、こういうことが多い。
いつもギリギリだけど、上手く行ってきた。
 
今まではね。。。。
 
だけど、昨日気づいてしまった。
人生をなめてました。。。。
 
試験の申込み、一昨日までだった。。。。。。
出張扱いで受けさせてもらってるのに。
 
ボスは優しい人で、もともと、
試験に落ちてしまっても仕方ないと言ってくれてたんだけど、
まさか、申込み忘れとか。。。。。
 
まぁ仕方ない。
 
人生に偶然はない。
だから、これも必然。
何か理由があるはず。
 
と思うことにする、どこまでも楽観的なわたし
 
ただね、この性分のおかげで、時間もお金も、ずいぶん無駄遣いしてきたのは事実。
今回はボスの顔も潰しちゃったし、反省します。。。
 
そして、来年合格できるように頑張ります
 
放置中、仕事の合間にやってる
ピンクオーラセミナーの講師やら、模擬デート(お見合い)やら、
もちろんプライベートでも、面白いことや考えさせられることが
いろいろあったので、また少ーーーーしずつ更新していきます。

☆HAPPY NEW YEAR 2014☆

ご無沙汰しています

昨年は、本業で、仕事の内容も立場も変わり、
全く余裕がないほど忙しい一年でした。

生身の人を相手にしながら、超現実の中で生きることは、
毎日のマントラ行や瞑想よりも「修行」なのだと思います。

また、今までのスピリチュアルの学びは、
苦しい経験や不条理な経験の中でこそ生かすべきであり、
生きてくることを再確認させられました。

なぜか多くの人は、満足より不満に、幸せより不幸に敏感なようにできています。

だからこそ、スピリチュアルとは、真実であり、成熟、成長を目指す道として、
この一筋縄ではいかない世界を生きやすくするための学びの一つだと改めて感じています。

つまり、スピリチュアルとは、現実から離れたものではなく、
まさに現実に密着したものなのだと、わたしは思っています。



年末、トースターでパンを焼きながら、数年前のことを思い出していた

人生で二度目の失恋

今までは、ネガティブなことばかりが思い出された。

もっと好きな人がいるって言われたこと。
わたしは彼に選ばれなかったこと。
最初から、遊びだったのかなってこと。

そりゃーわたしにもプライドってヤツがある。
悔しいから、元カレとよりを戻したり、昔から可愛がってくれた男の先輩と会い、
女としての自信を回復させようと試みた。

わたしはモテないワケじゃないのよー女としてダメなワケじゃないのよーって。

男の人は、弱った女には優しい。
まるでそれが礼儀であるかのような褒め言葉とともに、
なんだか付き合いたての彼女みたいに大事に扱ってくれる。

でも、そんなのは一時の慰めにしかならない。

その後、彼の新しい彼女と会う機会があった。

たしかに、華のあるタイプの人ではなかったけど、
わたしと彼のことを知ってる人も知らない人たちも、みんなが、
可愛いとか美人とかスタイル良いとか、
そういった女としての褒め言葉は何ひとつ、誰一人言わなかった。

むしろ「なんで彼女なの〜?」みたいな反応ばかりで、
そんな周りの言葉が小気味良かった
性格悪っ(-。-;

でもわたしの中では、
「彼は、彼女と比較してわたしを選ばなかった」
「彼が好きだったのは、わたしではなく彼女だった」
という事実が変わることはなく、
人間性の問題なのかと、余計落ち込んだりした。
そして、彼女の化粧っ気のない顔は、
化粧をしたらかなりの美人になることにも気づいていた。

だから、自尊心を保つために、肩書きや経歴など、
心の中で、彼や彼女を、格下に扱おうとしてきたんだと思う。

肩書きや経歴にこだわることは、エゴを満足させる以外、
なんの意味もないことは、良く分かっているのに。

ただね、自己弁護するわけではないけど、経験上、
傷ついたときは、そういう時間も必要。

傷ついたときに必要なのは、無理に前を向くことじゃなくて、まずは休息。
次に癒し。そして許し。
最後に学び。

だから、しばらく自分を甘やかしたってイイのよ〜

美味しそうな黄金色に焼けるを見ながら、自然と彼のことを思い出していた。

出勤前、お休みの彼が、わたしのために朝食を作ってくれた日のこと。

目玉焼きとサラダ、コーヒー
そしてパンを焼いてくれたな、と。

お料理好きな彼が作ってくれたものは、全てが美味しかった

パンの焼き加減がわたしの好みにピッタリで、感心したことを思い出した

彼のこと、好きだったな。
もっと一緒にいたかったな。

心の底から素直にそう思えた。

わたしの失恋が完了した瞬間だった。

失恋は、恋愛の結果で、相手がなきゃできないんだけど、
別れた後は、もう自分の問題なのだよね。

選ばれなかったわたしは、女としても、人としても、自分が劣っていると思っていた。
でも認めたくなくて、もう、会うこともないだろう仲良しな見えない2人に対し、
幸せそうに見えるように拘り、彼氏に愛されてるように振る舞い、
バカみたいに1人で戦ってきたように思う。

彼に対する気持ちは残っていないはずなのに、傷ついた心だけが取り残されていた。

もし今度彼に会えたら、きっと、ちゃんと自然な笑顔を向けられる気がする。

でも、こんな経験も、今のわたしにとっては糧となる大切な経験になった。

経験しないより、して良かった

この経験は、見方を変え、すでに、誰かの心を慰めたり、
誰かの傷を癒したりする材料になっている。

こんな失恋が日の目を見るなんて
人生とは、本当に味があり、面白いものだと思う。

思いどうりの幸せな経験だけが、人生を豊かにするものではないのだな〜

生きていれば、悲しいことも、苦しいこともあるのが当たり前。
上手くいかないのが当たり前。

だからこそ、上手くいったときは喜び、嬉しいことがあった時には幸せを感じられるのだと思う。

全ては、生まれる前に、自分で作った人生の経験のシナリオ

だから、わたしは、無理やり人生をコントロールしようとする必要なんてないなって思う☆

人生は長い目で見ると、なかなかオツなものだと思うよ。

ただね、希望を叶えるためには、努力が必要なこともある。

なぜなら、努力することは、幸せになるための学びのプロセスだから。

人は、努力なく手に入れた幸せより、努力して手に入れた幸せの方が、
たくさんたくさん感謝するようになっているから

そして、努力すること自体が、シナリオどーりだということ。

でも、努力とコントロールは違う。

この違い分かるかな。

努力は自分がするもの。自分が変わること。

コントロールは他人を動かそうとするもの。他人を変えようとすること。

傷を学びに変えるには、時間がかかる。
でも、その傷は、いつか、だれかの心に寄り添い、だれかの心を温めるための、
あなたの強力な武器となり、大きな財産になるからね

そうやって、人は愛を学んでいく。

今年も、わたしと関わってくれる人たちを大切に思い、
感謝して毎日を過ごしていきたいと思います。

更新しないブログを見に来てくださったみなさん、ありがとうございました

今年はもう少し頑張ります!?

今年の活動も、本業中心に、ピンクオーラセミナーと、
それに伴う個人セッションとアクセサリー作成のみで考えています。
き続き、個人セッションやアクセサリー等、直接のお申し込みは停止する予定ですm(._.)m

こんな感じですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします

2014年が、みなさんにとって幸せな一年になりますように*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*

ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

飛行機の中から見えた空。

雲が海みたいに見える

ブルーという色は、自然界に存在しない色。

空も水も、そのブルーは、近付いてみると、透明に変わってしまう。

ブルーに見えるだけの色彩のマジックなのは理解していても、
そんな儚さや不確定さ、本質に触れられないもどかしさを、空や水に感じる。

ブルーが綺麗であるほどにそんな感覚になるわたしは、変態かしら

最近、空がホントに綺麗

スカイブルーってこういう色なんだな〜なんて思いながら、
時々上向いて歩いてる怪しい(危ない)人になってるかも

青空も好きだけど、雲がモクモクしてる空も好き。
水色の空も好き。

グレーがかった空でも、雲間から差し込む白い光や、
墨絵の世界みたいな濃グレーの雲と、淡グレーの空のコントラストが美しくて

陽が暮れた後、闇になる前の群青色の空も大好き

ツライこと、イヤなことがあったときは、空を見上げる。

すごーく癒される

最近、毎日空を見てるよ。

見上げれば、いつもそこにあるのに、
色合いや雲の様子など、毎日表情を変える。

まるで、人の気持ちみたい。

人の気持ちは、いつの時代も簡単に変わってしまうし、
どんなに変わらないと誓っても、時の経過とともに、変わってしまうもの。

あんなに好きだったのにな。

あんなに好きでいてくれたのにな。

なんて、結婚しても、誰でも思うものなのかな。

愛の形が変わるのは当たり前だけど。

一緒にいる時間が、優しく暖かい時間じゃなくても、
離れている時に、思い出し、できることをしてあげたいと思うなら、
まだ、そこに愛はあるんだと思うよ。

別離を考え始めた友達と一緒に買い物に行ったら、
メンズシャツタイ売場で、いつも通り、
自然とネクタイを手に取り、選ぶ姿に、
彼への愛を感じたよ

心理的距離が近いほど、与え合う傷も深いが、絆も強い。

そして、傷つけあう回数も多いけど、
安心して自分らしさを出したり、
穏やかで柔らかな気持ちでいられる時間も多いのだと思う。

そこには、見え透いた下心や、恋(性愛)の情熱や、
過剰な気遣いや優しさはない。

なくて良い。

それが家族になるってことなのかもね

積丹ブルーと過去の傷 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

ブルートパーズ色の海の色。
透明で、海の底にはウニが見える。分かるかな

やっぱり、見た目が綺麗で、緑や空や水や太陽の彩りが美しい所は、エネルギーも高い所が多い。

これ、実は人も同じだったりするの

エネルギー高い人は綺麗な人が多い。
男の人であっても。

わたしが知る限り、美人とは違うのかもしれないけど、すごくキレイな人が多い印象。

わたしがキレイだな〜と思う人は、エネルギーがクリアな人ばかり

ただ、逆は違う。
容姿端麗な美人や爽やかなイケメンが、必ずしもエネルギー高いワケじゃない。

あとね、最近思うことがある。

どんなにエネルギー高く、クリアであっても、わたしは、思いやりがある人と一緒にいたい

人の本質って、自分が意識してないとこに出るんだよ

付き合ってた彼は、いつも、無意識にわたしの前を歩く人だった

誰かの邪魔になるような場所じゃなくても、前を歩く。
最後は、いつも、息切れしながら付いて行って、背中に向かって話しかけてた気がするな。

それで、何度も淋しい思いをした
他の人にとっては何でもないことかもしれないけど、わたしにとっては、
心の古傷が疼く時間だった

※※※

前に、大好きだった彼に、彼女ができたのが分かった夜のこと。

彼は、別れを口にしなかったけど。。。

こんなに優しくわたしに触れて、こんなに優しいまなざしで見つめてくれるのに、
わたしを好きじゃないんだなって、悲しくて悲しくて、
でも、彼を苦しめたくないと、一晩、隣で眠る彼の顔を見ながら別れを決めた。
バカバカバカって思いながらね

翌朝、一緒に駅まで歩いたときのこと。

今までは、いつも隣を歩いてくれてた彼が、何か考え事をしてたのだろうけど、
その朝だけは、わたしの前を歩いた。

わたしは、彼女じゃなかったんだって淋しい思いでいっぱいになりながら、少し先を歩く彼に付いていった。

彼の背中を見ながら、わたしは、もうこんなミジメで悲しい思いはしたくないと、
強く思ったんだった。

その日、別れ際の彼は、相変わらず優しくて、わたしの頭をナデナデしてくれた。
それを嬉しいと思ってしまう自分がまた悲しかったな。

だから、わたしは、今でも、同じペースで一緒に歩いてくれる人といると安心する

あれ以来、わたしは、歩くペースに思いやりや気遣いを見るようになった。
 
意識してやることが習慣になったとき、無意識の行動になる。

歩くペースに限らず、油断したり、別のこと考えてると、
一緒にいる人のことを思いやりにくいものなのだと思う。

対面してて優しいのは、相手に悪く思われたくないなら、当たり前だし。

では、わたし自身は??
無意識の自分には全然自信な〜い

でも、習慣になれば何でも無意識にできるようになるもの。

だから、わたしは思いやりの心を育てたい。

人間って、自分だけ心地よければ、幸せになれるわけじゃないと思う。
 
自分も、相手も、自分と繋がってくれてるみんなが一緒に幸せな気持ちになったときに、
何倍も何十倍も幸せを感じられるように作られてると思う。

まずは、意識して思いやりを習慣にしてみようっと

そして、いつか、無意識に、どんな人も受け入れ、どんな人にも平等に、
思いやりを行動に移せる人になりたいな。

しかし、みんな、自分棚に上げて、人の欠点は良く見てるよね〜と思う今日この頃
あ、わたしもか

神様の存在 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2


上の画像は、積丹ブルー
----
透明な海の色。
なら、もっともっとブルートパーズみたいにクリアなブルーだったらしい

思いっきりだし。

でも、でも、昨日の天気予報はだったんだから、降らなかっただけでも感謝だね

沖縄とも、グアムサイパンとも、ハワイの海とも違う深くて透明なブルー

去年行った同じ北海道の知床の海の海とも違う色。

ま、知床はオホーツク海、ここは日本海だからね


下の画像は、神威(カムイ)岬
----
神威岬先端から見える神威岩。

「カムイ」と入力したら、「神居」と変換されたよ

調べてみたら、カムイとは、アイヌ語で、神様の意味なのだそう。

やっぱりな〜。

この海の色、この海に切り立つ岩。

こんなのどう考えても人間業じゃない。まさに神業

わたしは自然が好き。
水辺が好き。

神様を感じられる場所が大好き

しかし、厚いに覆われて、せっかくの積丹ブルーが、積丹グレー

日頃の行いか

これもまた日頃の自分を振り返り反省する良い機会にしよう

全77ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事