☆ ANGELIC COMMUNICATION ☆

いつもありがとうございます☆ 現在、全てのセッション、アクセサリーのご注文は、お休みさせていただいていますm(___)m

スピリチュアル

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

☆HAPPY NEW YEAR 2014☆

ご無沙汰しています

昨年は、本業で、仕事の内容も立場も変わり、
全く余裕がないほど忙しい一年でした。

生身の人を相手にしながら、超現実の中で生きることは、
毎日のマントラ行や瞑想よりも「修行」なのだと思います。

また、今までのスピリチュアルの学びは、
苦しい経験や不条理な経験の中でこそ生かすべきであり、
生きてくることを再確認させられました。

なぜか多くの人は、満足より不満に、幸せより不幸に敏感なようにできています。

だからこそ、スピリチュアルとは、真実であり、成熟、成長を目指す道として、
この一筋縄ではいかない世界を生きやすくするための学びの一つだと改めて感じています。

つまり、スピリチュアルとは、現実から離れたものではなく、
まさに現実に密着したものなのだと、わたしは思っています。



年末、トースターでパンを焼きながら、数年前のことを思い出していた

人生で二度目の失恋

今までは、ネガティブなことばかりが思い出された。

もっと好きな人がいるって言われたこと。
わたしは彼に選ばれなかったこと。
最初から、遊びだったのかなってこと。

そりゃーわたしにもプライドってヤツがある。
悔しいから、元カレとよりを戻したり、昔から可愛がってくれた男の先輩と会い、
女としての自信を回復させようと試みた。

わたしはモテないワケじゃないのよー女としてダメなワケじゃないのよーって。

男の人は、弱った女には優しい。
まるでそれが礼儀であるかのような褒め言葉とともに、
なんだか付き合いたての彼女みたいに大事に扱ってくれる。

でも、そんなのは一時の慰めにしかならない。

その後、彼の新しい彼女と会う機会があった。

たしかに、華のあるタイプの人ではなかったけど、
わたしと彼のことを知ってる人も知らない人たちも、みんなが、
可愛いとか美人とかスタイル良いとか、
そういった女としての褒め言葉は何ひとつ、誰一人言わなかった。

むしろ「なんで彼女なの〜?」みたいな反応ばかりで、
そんな周りの言葉が小気味良かった
性格悪っ(-。-;

でもわたしの中では、
「彼は、彼女と比較してわたしを選ばなかった」
「彼が好きだったのは、わたしではなく彼女だった」
という事実が変わることはなく、
人間性の問題なのかと、余計落ち込んだりした。
そして、彼女の化粧っ気のない顔は、
化粧をしたらかなりの美人になることにも気づいていた。

だから、自尊心を保つために、肩書きや経歴など、
心の中で、彼や彼女を、格下に扱おうとしてきたんだと思う。

肩書きや経歴にこだわることは、エゴを満足させる以外、
なんの意味もないことは、良く分かっているのに。

ただね、自己弁護するわけではないけど、経験上、
傷ついたときは、そういう時間も必要。

傷ついたときに必要なのは、無理に前を向くことじゃなくて、まずは休息。
次に癒し。そして許し。
最後に学び。

だから、しばらく自分を甘やかしたってイイのよ〜

美味しそうな黄金色に焼けるを見ながら、自然と彼のことを思い出していた。

出勤前、お休みの彼が、わたしのために朝食を作ってくれた日のこと。

目玉焼きとサラダ、コーヒー
そしてパンを焼いてくれたな、と。

お料理好きな彼が作ってくれたものは、全てが美味しかった

パンの焼き加減がわたしの好みにピッタリで、感心したことを思い出した

彼のこと、好きだったな。
もっと一緒にいたかったな。

心の底から素直にそう思えた。

わたしの失恋が完了した瞬間だった。

失恋は、恋愛の結果で、相手がなきゃできないんだけど、
別れた後は、もう自分の問題なのだよね。

選ばれなかったわたしは、女としても、人としても、自分が劣っていると思っていた。
でも認めたくなくて、もう、会うこともないだろう仲良しな見えない2人に対し、
幸せそうに見えるように拘り、彼氏に愛されてるように振る舞い、
バカみたいに1人で戦ってきたように思う。

彼に対する気持ちは残っていないはずなのに、傷ついた心だけが取り残されていた。

もし今度彼に会えたら、きっと、ちゃんと自然な笑顔を向けられる気がする。

でも、こんな経験も、今のわたしにとっては糧となる大切な経験になった。

経験しないより、して良かった

この経験は、見方を変え、すでに、誰かの心を慰めたり、
誰かの傷を癒したりする材料になっている。

こんな失恋が日の目を見るなんて
人生とは、本当に味があり、面白いものだと思う。

思いどうりの幸せな経験だけが、人生を豊かにするものではないのだな〜

生きていれば、悲しいことも、苦しいこともあるのが当たり前。
上手くいかないのが当たり前。

だからこそ、上手くいったときは喜び、嬉しいことがあった時には幸せを感じられるのだと思う。

全ては、生まれる前に、自分で作った人生の経験のシナリオ

だから、わたしは、無理やり人生をコントロールしようとする必要なんてないなって思う☆

人生は長い目で見ると、なかなかオツなものだと思うよ。

ただね、希望を叶えるためには、努力が必要なこともある。

なぜなら、努力することは、幸せになるための学びのプロセスだから。

人は、努力なく手に入れた幸せより、努力して手に入れた幸せの方が、
たくさんたくさん感謝するようになっているから

そして、努力すること自体が、シナリオどーりだということ。

でも、努力とコントロールは違う。

この違い分かるかな。

努力は自分がするもの。自分が変わること。

コントロールは他人を動かそうとするもの。他人を変えようとすること。

傷を学びに変えるには、時間がかかる。
でも、その傷は、いつか、だれかの心に寄り添い、だれかの心を温めるための、
あなたの強力な武器となり、大きな財産になるからね

そうやって、人は愛を学んでいく。

今年も、わたしと関わってくれる人たちを大切に思い、
感謝して毎日を過ごしていきたいと思います。

更新しないブログを見に来てくださったみなさん、ありがとうございました

今年はもう少し頑張ります!?

今年の活動も、本業中心に、ピンクオーラセミナーと、
それに伴う個人セッションとアクセサリー作成のみで考えています。
き続き、個人セッションやアクセサリー等、直接のお申し込みは停止する予定ですm(._.)m

こんな感じですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします

2014年が、みなさんにとって幸せな一年になりますように*・゜゚・*:.。..。.:*・*:.。. .。.:*・゜゚・*

積丹ブルーと過去の傷 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

ブルートパーズ色の海の色。
透明で、海の底にはウニが見える。分かるかな

やっぱり、見た目が綺麗で、緑や空や水や太陽の彩りが美しい所は、エネルギーも高い所が多い。

これ、実は人も同じだったりするの

エネルギー高い人は綺麗な人が多い。
男の人であっても。

わたしが知る限り、美人とは違うのかもしれないけど、すごくキレイな人が多い印象。

わたしがキレイだな〜と思う人は、エネルギーがクリアな人ばかり

ただ、逆は違う。
容姿端麗な美人や爽やかなイケメンが、必ずしもエネルギー高いワケじゃない。

あとね、最近思うことがある。

どんなにエネルギー高く、クリアであっても、わたしは、思いやりがある人と一緒にいたい

人の本質って、自分が意識してないとこに出るんだよ

付き合ってた彼は、いつも、無意識にわたしの前を歩く人だった

誰かの邪魔になるような場所じゃなくても、前を歩く。
最後は、いつも、息切れしながら付いて行って、背中に向かって話しかけてた気がするな。

それで、何度も淋しい思いをした
他の人にとっては何でもないことかもしれないけど、わたしにとっては、
心の古傷が疼く時間だった

※※※

前に、大好きだった彼に、彼女ができたのが分かった夜のこと。

彼は、別れを口にしなかったけど。。。

こんなに優しくわたしに触れて、こんなに優しいまなざしで見つめてくれるのに、
わたしを好きじゃないんだなって、悲しくて悲しくて、
でも、彼を苦しめたくないと、一晩、隣で眠る彼の顔を見ながら別れを決めた。
バカバカバカって思いながらね

翌朝、一緒に駅まで歩いたときのこと。

今までは、いつも隣を歩いてくれてた彼が、何か考え事をしてたのだろうけど、
その朝だけは、わたしの前を歩いた。

わたしは、彼女じゃなかったんだって淋しい思いでいっぱいになりながら、少し先を歩く彼に付いていった。

彼の背中を見ながら、わたしは、もうこんなミジメで悲しい思いはしたくないと、
強く思ったんだった。

その日、別れ際の彼は、相変わらず優しくて、わたしの頭をナデナデしてくれた。
それを嬉しいと思ってしまう自分がまた悲しかったな。

だから、わたしは、今でも、同じペースで一緒に歩いてくれる人といると安心する

あれ以来、わたしは、歩くペースに思いやりや気遣いを見るようになった。
 
意識してやることが習慣になったとき、無意識の行動になる。

歩くペースに限らず、油断したり、別のこと考えてると、
一緒にいる人のことを思いやりにくいものなのだと思う。

対面してて優しいのは、相手に悪く思われたくないなら、当たり前だし。

では、わたし自身は??
無意識の自分には全然自信な〜い

でも、習慣になれば何でも無意識にできるようになるもの。

だから、わたしは思いやりの心を育てたい。

人間って、自分だけ心地よければ、幸せになれるわけじゃないと思う。
 
自分も、相手も、自分と繋がってくれてるみんなが一緒に幸せな気持ちになったときに、
何倍も何十倍も幸せを感じられるように作られてると思う。

まずは、意識して思いやりを習慣にしてみようっと

そして、いつか、無意識に、どんな人も受け入れ、どんな人にも平等に、
思いやりを行動に移せる人になりたいな。

しかし、みんな、自分棚に上げて、人の欠点は良く見てるよね〜と思う今日この頃
あ、わたしもか

神様の存在 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2


上の画像は、積丹ブルー
----
透明な海の色。
なら、もっともっとブルートパーズみたいにクリアなブルーだったらしい

思いっきりだし。

でも、でも、昨日の天気予報はだったんだから、降らなかっただけでも感謝だね

沖縄とも、グアムサイパンとも、ハワイの海とも違う深くて透明なブルー

去年行った同じ北海道の知床の海の海とも違う色。

ま、知床はオホーツク海、ここは日本海だからね


下の画像は、神威(カムイ)岬
----
神威岬先端から見える神威岩。

「カムイ」と入力したら、「神居」と変換されたよ

調べてみたら、カムイとは、アイヌ語で、神様の意味なのだそう。

やっぱりな〜。

この海の色、この海に切り立つ岩。

こんなのどう考えても人間業じゃない。まさに神業

わたしは自然が好き。
水辺が好き。

神様を感じられる場所が大好き

しかし、厚いに覆われて、せっかくの積丹ブルーが、積丹グレー

日頃の行いか

これもまた日頃の自分を振り返り反省する良い機会にしよう

アセンション!!

2012年12月21日は、マヤ歴のカレンダーが終わる日
 
この日で「地球が終わる」「アセンションする」「5次元になる」などと言われて久しい。
 
スピリチュアルを勉強してない人は生きていられないとか、
地球上の人間の半分が死ぬとかいった、怪?情報が錯綜した
(今もなのかなー ぢつは,よく知らない人だったりする
 
そして、この日を境に、世界が一変するかのような話も聞いたことがある。
たとえば、通貨がなくなるとか、警察は不要になるといった。
 
たしかに、ここ数年、エネルギーの流れは大きく変わり、
大震災や原発、領土問題など、今まで見て見ぬ振りしてきたことと、
向き合わざると得なくなった。
 
個人レベルでは、生き方や価値観,人としての在り方など、
イヤでも考えさせられ、自己と向き合う時間を持つことになった人も多いと思う
 
起こることのすべては、結果の準備に過ぎない。
 
つまり、今起こっていることですら、未来の結果を生み出すための準備だということ
 
「何を結果とするか」に目線を移してみると、出来事や経験は、形が変わっていく。
 
時が経てば、大きな病気や裏切り、諍いすら、意味があったと思える。
 
それでも、人は、一朝一夕には変わらない。
 
孔子の一生を参考にしてみる
 
15歳にして、学問を志し
 (吾れ15にして学を志し)
30歳にして、独立し
 (30にして立つ)
40歳にして、迷うことがなくなり
 (40にして惑わず) ← 不惑ってやつね。
50歳にして、天命(使命)を理解し
 (50にして天命を知る)
60歳にして、何を聞いても驚かなくなり
 (60にして耳順う)
70歳にして、思いのままに行動しても人としての道からは外れることはなくなった
 (70にして心の欲する所に従って矩を超えず)
 
孔子だって、40歳の誕生日から、突然、迷わない人になったわけじゃないと思う。
 
今までの経験や、自己の内面との対話や、精神の研鑽により、迷いがなくなったということ。
つまり、40歳までの人生の過ごし方によってくる部分が大きいことに気づく
 
何も考えず生きていて、自分を振り返り、向き合うこともしなかったら、
ただでさえ優柔不断なわたしなんぞは、間違いなく、
一生、迷いっぱなしの人生をおくることになるのだと思ったよ
 
同様に、50歳の誕生日に、突然、使命が分かったわけではなく、
今までの人生でやってきたことの中から、天命に気づいたに過ぎない。
 
換言すれば、自分の人生の範囲内で、天命は見つかるということ。
人生と真摯に向き合い、誠実に生きることで、見つかるものなのだと思う
 
そんなわけで、地球のアセンションも、12月21日(22日)に、突然、起こるわけではなくて、
もう、ほとんど全て終わっているはず
 
そう考えれば、この日.、天災事変があったり、たくさんの人が命を落とすこともないはずよん
当然、肉体や物質は、3次元のまま。
 
これは、地球がアセンションしないのではなくて、アセンションは、徐々に徐々に、
既に確実に起こり、12月21日に、ある部分完了するってこと。
 
結局、アセンションとは、人の意識や内面に変化を与えることなのだと思う。
つまり、人間自身の成長
 
地球は、12月22日以降も、存在していく。
 
ただ、そこから、また新しい変化も始まるし、
わたしたちの成長が止まるわけでもないことをお忘れなく〜
 
ちなみに・・・・
 
凡人女の一生はこんな感じかなーーー
 
吾れ15歳にして、女に目覚め
30歳にして、女でいつづけることに執着する
40歳にして、女であることを、ときどき忘れるようになり
50歳にして、まだ女であることを面倒に思う
60歳にして、女を卒業したつもりになり
70歳にして、なお素敵な男性に優しくされて、心トキめく
 

高野山

お盆明け、高野山に行ってきた〜
 
写経と写仏を体験してきた。
阿字観という密教瞑想も体験してきた。
 
興味深かったのは、写経も、写仏も、やってる間に、ものすごく集中して、
後から思えば、瞑想してるのとよく似た状態になったこと
 
これは、あたしの写経 般若心経。
イメージ 1

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
写仏 阿弥陀如来。
イメージ 2
 
我ながら、すごーく上手
 
文字と下絵をなぞるだけだから、
誰でも上手く書ける(描ける)ようになってるのよー
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
精進料理 ものすごく美味しかった〜 
お腹いっぱい。(すぐお腹空いちゃったけどね
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高野山がパワースポットと言われてるかどーかは良く知らないけど、
真言宗の総本山ということで、やはり修行の場だからか、
きちんとした、何とも言えず、凛とした空気感があった。
 
前に、お釈迦様のエネルギーを感じたときと、よく似た感じだった

高野山駅に降り立ち、落ち着いてきたところで、
「あれ?この場所には、結界があるな〜。」って感じた。
 
物理的に、鳥居があったりするわけじゃないのに、霊的に守られてる感じ。
 
それは、奥の院(御廟)に近いほど強く感じるけど、でも、わたしの感覚では、
街(山?)全体に結界が形成されている感じだった。
 
高野山では、たくさん歩いても、疲れない
宿坊から奥の院まで、5km近く歩いたけど、全然元気だった。
 
その後、また金剛峯寺やら壇上伽藍やら歩き回ったけど、なぜか疲れない
高野山はパワースポットだと思ったよ

エネルギーが高い場所、パワースポットと言われる場所では、こんな風に、
普段とは少しばかり違うことがある。

場所によっては、体が軽く感じたり、大地に引っ張られる感じがしたり、
食べなくても平気だったり、疲れなかったり。。。
 
「パワースポット」と一括りにしがちだけど、そのエネルギーはいろいろ。
 
パワーストーン同様、パワーの種類や相性もあるはずだと思う。
今度、パワースポット鑑定でもやろうかな
 
それでも、エネルギーは,自分で感じるのが一番
 
方法は、いろいろあるけど、まずは深呼吸してみること。
あとは、体の変化に敏感になることかな。

思えば、家のお墓のあるお寺は、真言宗。
仏教の中にも、いろいろ宗派がある。

そーいえば、昔、祖母が、法事の際、和尚さんに質問していたことがあった
 
「わたしの実家は真言宗ではなかったのだけど、今は真言宗。
宗派を変えても大丈夫なのでしょうか
 
すると、和尚さんは、お茶碗をひっくり返して説明してくれた。
 
まず、ひっくり返したお茶碗の頂上を指し、
「ここが目指す場所(極楽浄土)だとします。」
 
次に、お茶碗の手前下から上へ、真っ直ぐに指を滑らせながら、
「今、あなた方は、この道を通って極楽浄土へ向かっています。これが真言宗の通る道です。」
 
そして、今度は、違う場所の下から上へと指を滑らせ、
「この道は、曹洞宗かもしれません。」
 
また違う場所の下から上へと指を滑らせ、
「この道は、浄土真宗かもしれません。」
 
また別の道を示し、
「この道は、天台宗かもしれません。」
 
「もう、お分かりですか 目指す極楽浄土には、どの道を通っても行けるのですよ」と。
 
この言葉は、今でもわたしの指針となっている。
 
幸せになるのに、道は一つではないということ
 
どの道を選択しようとも、それは、幸せへ向かう道。
 
そして、どの道を選ぶのも、自由。
この道がダメなら、別の道を進めば良いじゃない
 
幸せに向かう道は、たくさんあるのよ〜
 
あとは、自分の考え方次第
 

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事