SUZUKEN一家の日記

SUZUKEN一家、4人の記録です・・・(家作りSWH完成!記事はファン限定です。<(_ _)>)

全体表示

[ リスト ]

SUZUKEN一家の家作りを担当してくれているミサワホームの営業さんは本当に熱心です。
入社6年目ということですが、真摯な気持ちが伝わってきてとても好感が持てます。

ミサワホームの商品もSUZUKENは結構気に入っていて、特に「GENIUS LINK Age with kids」という新商品は、明るい感じでいいなぁと思っています。
ちょうど桑名市の陽だまりの丘という所で「GENIUS LINK Age with kids」の見学会をやっていたので見に行ったのですが、真ん中の階段を中心にキッチン・ダイニング・リビングをくるくる回れるようになっていて、そこにママコーナーやパパコーナーもあります。
リビングのサッシも高さ2.4mで本当に明るい!
いいなぁ、こんな家に住みたいなぁと思いました。
そしてこの家の印象が良かったせいか、にわかにこの桑名市の陽だまりの丘という分譲地も候補地に上がってきました!

この段階では、ミサワホーム以外とは接触しておらず、朝日町の白梅の丘の分譲をミサワホームがメインでやっているということもあって、「建てるならミサワさんになるかなぁ。」と思っていました。
妻もミサワホームの雰囲気が気に入っているようでした。

しかし、白梅の丘は他にも分譲しているメーカーがありました。へーベルハウスの旭化成とセキスイハイムです。
SUZUKENが白梅の丘ならこの場所がいいと思っている景観抜群の東側の土地があるのですが、ここはミサワホームしか分譲していないと思っていたら、旭化成も一部分譲していました。

「これは一度見ておいた方がよい。」と思い、現地に行ってみたところ、ちょうどへーベルハウスの現地展示場がOPENしたばかりでした。
延床33坪のやや小さめのL型の家でしたが、入ってみると意外や広く感じます。吹抜けの和室リビングに、キッチンダイニングの床は無垢。全体のインテリアセンスもSUZUKENにはとても良いように感じました。
SUZUKENのインテリアセンスには?が付きますが、妻はとてもインテリアセンスがあるとSUZUKENは思っています。
その妻もいいと言っていたので、恐らく大抵の人は良い印象を受ける家だと思います。

ひととおりその33坪のへーベルハウスを見終わった後、営業さんがやって来ました。名刺をいただくとそこには「営業課長」と書いてあります。
その営業課長さんと話をしていると、何故だかどんどんへーベルハウスが良いように思われてきて、また次の日には今度は名古屋の某展示場で商談をする約束になっていたのでした・・・。

「へーベルハウスになったら大逆転だよなぁ。」

実は1年前に家作りを検討していたとき、へーベルハウスも候補には入っていました。しかし、その時の営業さんとはもうひとつソリが合わず、完全に候補から外していました。そのときはもうへーベルハウスはないだろうとさえ思っていたくらいです。
それなのに・・・へーベルハウス急追です!!!

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事