ここから本文です
ぶらぶら歩き鳥撮りブログ
ブログ始めました! カメラも野鳥も初心者で〜す

書庫全体表示

記事検索
検索


本日の早朝は3度 昨日より気温が高いバイクで鳥見に向かう、昨日のフクロウを見に行くが、姿が無い! 次にトモエガモを探しに向かうが、これも外れで(´;ω;`) 段々と疲れ気味の状態です!
その時にフクロウ情報がカラスに殺られたて!     悲しいなぁ・・・
帰路途中の緑ヶ丘に寄って見るとミコアイサ泳いでいる ラッキーです!
ミコアイサ(巫女秋沙Mergus albellus
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
次はメスです!
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
-
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13

何とか撮れました! ミコアイサ 目的の鳥撮りではないが、今シーズン初めてのミコアイサです!  昨日のフクロウは本当に残念です 自然は厳しいですね

   最後まで見てくれてありがとうございます  バイバイです









今シーズン最高の寒波が襲来です! 早朝から車走らせて山越えです よくあるトンネル超えたら銀世界て……本日は雪は大した事は無かったですが、景色が白っぽく本当に寒かったです、でもミヤマホオジロを撮りたくて寒さも我慢です!
ミヤマホオジロ(深山頬白、Emberiza elegans
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
ミヤマホオジロ雌頭部 次はホオジロの頭部 上から目線じゃ( ´艸`)
イメージ 5
上から見たら面白いです!
イメージ 6
次はミヤマホオジロ雄です!
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
イメージ 11
イメージ 12
公園を出る前にルリビタキ雄を見に行くことに!
イメージ 13
待つ事30分程で姿を現してくれたよ!
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16ルリビタキ雄は出たら撮りたいよ……( ´艸`)  だって可愛いよ
この後はフクロウを見に行くことに!
イメージ 17
フクロウの公園に到着して見ると 寝てる(´;ω;`) 待つ事1時間全く同じ状態
諦めて撤退です!
イメージ 18
全く起きない でも竹に止まるフクロウも珍しいかもしれませんね!     なんとかミヤマホオジロが見れて満足です 
最後まで見てくれてありがとう
バイバイです  







寒波が襲来寒い一日情報も無く何処の場所も鳥影が少ない…けど鳥見はしたく場所を考えるがほぼ間違いなく小鳥の出てくれる場所へ……小鳥の森へ取り敢えず向かう。
キセキレイ(黄鶺鴒、学名:Motacilla cinerea
イメージ 1
先ずは水辺にキセキレイの姿を現してくれる
後は待つ事一時間余り 遠くにこげ茶色の小鳥が!
ミソサザイ(鷦鷯学名 Troglodytes troglodytes
イメージ 2
イメージ 3
ミソサザイは一瞬で姿が消えた、鳥見の時間が無いため近くで出ているルリビタキ雄を撮りに!
ルリビタキ(瑠璃鶲、Tarsiger cyanurus
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10
今シーズンは小鳥の森へは三回目くらいかなぁ〜?
何時もお馴染みの小鳥たちですが、小鳥は何回見ても飽きないし可愛いです!

   最後まで見てくれてありがとう     バイバイです










本日は箕面のお山へ鳥見行ったが、肝心な小鳥たちの出がイマイチで、二匹のリスたちがカメラマンを楽しませてくれたよ

ニホンリスSciurus lis絶滅のおそれのある地域個体群環境省レッドリスト
イメージ 1
顔の表情から かたい 歯がたたないょ〜て感じですねぇ!
イメージ 2
イメージ 3
でも美味しいそうに食べてるような⁉
イメージ 4
安全な木の上でお食事タイム
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
動きが速くリスは撮るのは困難であるが、バダーを十分楽しませてくれた!
本日の出会った小鳥たちは ヒガラ エナガ ヤマガラ シジュウカラ メジロ
ルリビタキ雄雌 キクイタダキの一瞬です!

  最後まで見てくれてありがとう    バイバイです





12/20 六甲山の野鳥たち

神戸の北部標高950Mの六甲山 北西の冬風が吹く中、六甲山の野鳥を見に行く!
ウソ学名Pyrrhula pyrrhula Linnaeus1758
イメージ 1
イメージ 2
マヒワ(真鶸、Carduelis spinus
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
カシラダカ(頭高、学名:Emberiza rustica
イメージ 7
イメージ 8
アオジ(青鵐、蒿鵐、蒿雀、Emberiza spodocephala
イメージ 9

イメージ 10
カヤクグリ(茅潜、萱潜学名Prunella rubida
イメージ 11
イメージ 12

今回も六甲定番の野鳥たちが姿を現してくれる 思わずシャツターです!
やっとマヒワの姿も見れました。
    最後まで見てくれてありがとう
                  バイバイです











本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事