ここから本文です
キャリア教育・アクティブラーニング・地理・ICT関連を綴っています!
2019年最初のA・L授業は
農業と食の安全についてのまとめ

前半(①時間目)は「ネイチャーゲーム型AL」→「構造化」→「文章作成」まで
後半(②時間目)は「シナリオプランニング」による未来予想(本日)

※前半の様子はこちら↓

本時は未来予想
状況が流動していく今日
未来は予測できない!
しかし、参加者全員が「シナリオ」を作成することによって
予想を対ることは可能
まだ見ぬ未来を全員で推測する。
「シナリオプランニング」で未来を考える。
※「シナリオ」とは・・・
「いくつかありうる将来の環境についての認識を順序立てるためのツールまたは、我々自身の将来について夢見るための整理された一連の方法」(シュワルツ、2000)

「シナリオ」で正解の無い不確実な「未来に関するよりよい意志決定を行う」

・「シナリオ」作成の手順
①「主題の明確化」Focal Issue 
    テーマの明確化

②「重要な要因の列挙」Key Factor 
   肯定・否定要因を挙げる

③「推進力(ドライビングフォース)の列挙」 Driving Forces 
 社会・技術・経済・環境・政治は?
  どの様な速度でどの様な方向に向かっているか・向かって行くか?

④「重要性と不確実性による分類」Critical Uncertainties 
   要因と推進力(ドライビングフォース)を
   重要性と確実性で分類

⑤「シナリオロジックの選択」Scenario Logics 
  シナリオの軸を定め
 さらに分岐点を定め
 採用するシナリオのパターン数を決定。

⑥「シナリオの組み立て」Scenarios
 筋立て検討要因を含めて文章化 
 具体性が想起できることが重要 

⑦「意味づけ」Implications
 各「シナリオ」が仮に実現した場合の共通のテーマは?
   各シナリオの強度や弱点は?

⑧「指標と道標の選択」 Early Indications  
 現実化する際の指標の設定、
 「成果」のはかり方は?

作品の提出はLoilo Noteのカード

今回は初回だったのでどの程度の作品ができるのか未定?
ということで
グループワークとせず
個人でトライ → 各自の作品を
loilo Noteのカードで提出

イメージ 1

・単位の見直し
・途上国発展による食料調達の難化
・企業による野菜工場の増加
・格差拡大
・技術発展と人口増加のバランスが保てるか
・日本の地位低下
・日本の自給率は25パーセント程度、さらに海外依存が高まる。
・工場で「人造食品」の様なものがつくられる。
・食糧不足は深刻になる。
・食品廃棄が減り食糧不足は若干解消
・先進国の人口減少・技術向上
・地球環境問題の深刻化で国連の2030の目標達成は難しい。
・日本脱出
・農業従事者が減る→農業も機械化・設備型になる。
・科学技術の向上と途上国の発展で飢餓問題は減る。
・国産の食料が増える。
・食品廃棄が減り飢餓人口は若干減る。
・インターネットの活用で直販が増え価格の低下や型崩れ野菜の販売で食品ロス減
・部屋や職場でも食料生産が手軽にできる様な技術が普及する。
・自給自足が増える。
・全国民が食料を生産せざるを得なくなる?
・水資源の争奪戦が深刻化
・資源の高騰でバイオ燃料・食料・飼料作物の取り合い
・会場に人工島をつくって農業をする。(海水を淡水化・費用と災害が心配)
・日本とアジアの途上国の差は詰まり借金国の日本は食料輸入に苦戦
・食料は重要な戦略物資になる。
・ミニ氷河期が来てヨーロッパ・アジアの大国は混乱、オセアニアの優勢
・クローンの肉や魚を食べるのが普通になる。
・日本国内でも食料不足に悩む人がいるので
 フードバンクや公的扶助が整備されるが
 一方で食品廃棄は減らない、居心地の悪い時代になる。
・資本主義制度の衰退が始まる。
・農業技術の向上で生産は増えるものの、人口増と食生活の多様化で食糧不足は続く
・食料不足で肉や魚が高騰しベジタリアンが増える。

初回のためか完成度もバラバラ・・フォーマットが必要だったか?・・正解も分からない・・・しかし、教室内には多様な視点があることに気づく「きっかけ」にはなっているかな?

この記事に

開くトラックバック(0)

2019年最初のA・L授業は
農業と食の安全についてのまとめ

前半(①時間目)は「ネイチャーゲーム型AL」→「構造化」→「文章作成」まで(本日)
後半(②時間目)は「シナリオプランニング」による未来予想

前半の様子
いつものネイチャーゲーム型ALでウォーミングアップ

イメージ 1

構造化
テーマA
イメージ 2

テーマB
イメージ 3

テーマC
イメージ 4

テーマD
イメージ 5

文章化
各テーマを140字でまとめて
テーマごと色分けしたloilo Noteのカードで提出

イメージ 6

夜8時までに提出
(時間無いに提出されたものは添削)

前半(①時間目)はここまで。 後半に続く

この記事に

開くトラックバック(0)

2019センター試験地理B

2019年(平成31年)センター試験地理Bの感想
平成最後のセンター試験が実施された。
問題の参照先はこちら

イメージ 2



  ※とりあえず受験産業の関係をlinkしておきます。

  大学入試センターによる掲載をお待ちください。
概要
大問は6問 小問は合計35問 問題量は例年と比べ変化は無い

出題傾向についてはほぼ2015年以降の過去問の傾向を踏襲している。

ウクライナ・中央アジア・GIS・国内の鉄道交通による時間距離変化など
幅広く興味関心を持ち全分野を薄くともしっかり学習していないと
取っつきにくい問題もあり
地理の知識と過去問の学習がしっかり完了できている者には易しく満点を狙えるが
地理を完全履修していなかったり、
過去問の演習が不完全だったりすると取りこぼしがおこるだろう。


第1問
 定番の世界の自然環境と自然災害に関する出題
 基本知識の確認が多い。

設問1
 土壌の分布は気候・植生・(農業)の理解と関連づけて確認しておけば容易。
 学習の基本は地道だが気候分布を「地図」で確認しておく作業がよい。

設問2
 今年は世界各地の「特色有る地形」がピックアップされていた。
 4カ所とも授業では必ずふれる場所なのではないか。

設問3
 河川流量の季節変化、コンゴ川流域が年間通じて多雨である事は赤道の位置が分か
 れば推測できる。北極海に注ぐエニセイ川が春の訪れによる解氷で一気に増水する
 こと、それを利用して木材が下降に運ばれることなど、模試で出題がされているの
 で解きやすかったのでは?
 
設問4
 南半球の地点は1月の気温が高いグラフで有り、
 地中海性気候の特性が分かれば判別出来る。
設問5
 北極海の解氷は東アジアとヨーロッパを結ぶ航路の開発や
 野生動物の絶滅などマスコミなどでも話題になっている。
 普段からニュース等に接しておくことが大切か。
 グリーンランド北部は大陸氷河。

設問6
 転向力の関係で赤道付近には台風は発生しない。
 通常15度付近に発生高緯度側に進む
 (だからルソン島にはバナナプランテーションは少ない)
 日本における台風の上陸は秋が多いことなども授業で触れられているのでは?
第2問
 資源と産業に関する問い。
 ここも知識を問うものが多い。 

設問1
 農産物の伝播に関する問い。

設問2
 エチオピアの「カッファ」地方が連想できればOK

設問3
 農産物の販売というので一瞬平成30年の地理B追試で出題された
 英国における「茶」の問題を連想したが平易な問題だった。
 フードシステムを先進国が牛耳っていることは推測できる。

設問4
 牛乳→アメリカ合衆国、サトウキビ→ブラジル(バイオ燃料)
 テンサイ→寒冷地でイメージ。

設問5
 インド→ダイヤモンド加工、エチオピア→コーヒー豆
 コートジボワール→カカオ豆、ベトナム→組み立て型工業・履き物

設問6
 喫茶店→人口に比例、牛乳・乳製品→寒冷地・高地、水産加工→沿岸・漁港付近
第3問
 ここ数年頻出の都市と村落に関する問題。ここも知識を等問題が多い。

設問1
 パリの再開発副都心
 ラ・デファンス地区が凱旋門の幹線道路の西方向に確認できればOK
 放射環状路の中心部は旧市街

設問2
 消去法で行くと・・・
 北京→言わずと知れた中国の中枢、巨大企業の数と国際会議の数が多い
 ソウル→韓国人口は首都に一極集中・財閥関連企業も多い
 キャンベラ→人口と経済規模が小さいオセアニア地区、
  企業と会議の開催は少ない。

 設問3
 ここも消去法だと
 水運・ダム(サンシャダム)建設・内陸部→重慶
 奴隷・砂糖・三角貿易・河口・綿織物・港湾→リバプール
 宗教都市・沐浴といったら→ブァラナシ
 (もちろんエーヤワディーデルタ・米・木材・工業化・都市化→ヤンゴン)

設問4
 もっとも信者の多い宗教の組み合わせに着目すればOK
 問うている知識は基本だが、この問題はやや難しく感じる受験生は多いのでは。

設問5
 地図中の地名と地図の説明文を参考にする。 
 ただし地図「カ」では「今国府」という地名に引っ張られると迷うが・・・

設問6
 公立の劇場・音楽堂は人口集中地域
 国宝文化財は歴史の古いは西日本
 国立公園は自然環境豊かな北海道・東北・中部山岳地域
 
第4問
 これも定番、地中海沿岸地域の地誌

設問1
 アドリア海は寒冷風「ボラ」
 「フェーン」は暖かく乾いた風

設問2
 ボスボラス海峡・マルマラ海・ダーダネルス海峡の西側
 →イスタンブール(コンスタンティノープル)はトルコ領。
 日本の支援で海峡が横断できる。

設問3
 この問題は頻出
 
イメージ 1

 

設問4
 アルジェリア→エネルギー資源
 モロッコ→農産物
 イスラエル→工業製品

設問5
 カイロの旧市街は迷路型だが・・・
 ギリシャの財政危機
 カンヌ・ニース・モナコといったリゾートに関する問題は過去問にもある。
 ミラノ・トリノ・ジェノバはイタリアの三角地帯

設問6
 地中海を挟んだ該当国の位置とルーマニアがローマ人の旧植民地由来なのもヒント
 
第5問
 マイナーな国といわれているが
 ウクライナ→青空と小麦の国旗(美人が多い)、
 ウズベキスタン→綿花・絹の道・アラル海・中央アジア最大都市のタシケント
   
設問1
   ウクライナは平原
 アラル海の枯渇→乾燥地のイメージはもっているのでは?

設問2
 黒土(チェルノーゼム)帯→ウクライナ→小麦
 中央アジア→人工潅漑による綿花→アラル海の涸渇

 ウクライナ→ソ連時代の工業地帯

設問3
 1991年ソ連の解体→「計画経済から市場経済」

設問4
 ムスリムの多い地域は豚肉は少なく
 乾燥地には羊
 日本では羊肉はあまり食されない。
 
設問5
 ウクライナはロシア語に綴りが似ている点
 東方正教の教会(伊豆修善寺にもロシア正教の教会がある)
 イスラム教のモスクは確認できる。 
第6問
 定番の地域調査、今年は九州宮崎県でした。

設問1
 鉄道マニアが好きそうな問題(何人かのにやけた生徒の顔が思い浮かぶ)
 「小さくなる地球」などのテーマで
 交通機関の発達による「時間距離」の短縮は地図化されている。
  東京からの時間距離などの図は資料集にもある。

 問題文中に「新幹線」という言葉も散見される。
 北陸・九州新幹線の開通など普段からニュースに接していたり
 日常生活と地理的空間・時間距離など意識している者は解ける?
 こういった実生活に関わる関心・知識が減ってきている点が
 昨今の生徒の最大課題ではある。

設問2
 観光のデータだが日本の自然環境「気候の特性」を聞いている。
 小中学校での学習内容もセンターでは重要 

設問3
 「ブラタモリ」を見ている感覚の問題
 多雨→高潮では無いから×?

設問4
 文章に従って冷静に判読すればOK
 GISの新旧データを読む問題ははじめてかな?
  GISの活用に関する出題は今後増えそう。
  
設問5
 耕地面積あたりの農業産出額が高井のは野菜の促成栽培
 平地は米で県内各地に
 産地では椎茸

設問6
 口蹄疫に対する対応というテーマだが
 地図データの読み取り問題。 

全体のイメージ
 難問・奇問は無くバランス良く幅広い学習が問われる出題。
 本番当日、冷静に資料や発問を読み取ることができればOK
 解答のパターンに慣れるために
   まとめ期には過去問の演習が有効と思われる。

イメージ 3


「21世紀型教養」を意識しつつこのテストでも点を取れる授業模索への旅立ち

この記事に

開くトラックバック(0)

明日も頑張ろう。

本日からセンター試験
地歴は 本日のスタート科目
何処が出たかはこれからチェックですが、
私の方は本日と明日は部活動の大会
イメージ 1

初日の結果が良くても悪くても
試験も大会もまだ明日がある。
実力が発揮できる様
明日のスタートのために
今日はコンディション調整を最優先に
イメージ 2

明日も頑張ろう。

この記事に

センター試験いよいよ明日じゃないか!
ということで
下級生達からの応援メッセージ↓
イメージ 1

地理は初日の第1科目

イメージ 2

がんばれー

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事