全体表示

[ リスト ]

カッティング文字

カッティング文字とは
カラーフイルム(塩ビフィルムが主流で、最近では環境配慮として脱塩ビフイルムも出はじめました)を、切り抜いた
文字の事です。
 
 
昔の看板屋さんと言えば、看板といえば筆とペンキで書いた”手書き”が主流で、うちの親父(社長)も、
 
主に、この”手書き”で看板を製作していました。
 
子供のとき、下書きもしないで、筆でドンドン文字を書いていく親父を見て ”すごいなぁ!!”と感動していました。
 
 
 
その後、カッティングシート(塩ビフィルム)の販売が始まり、”手切り”作業で文字やイラストの形に切り抜いて
 
看板に利用するようになってきました。
 
私が修行に行った看板店には、当時ではめずらしい、コンピューターをつかって文字を切りぬく
 
”カッティングマシーン”が導入されていて、パソコンで文字を入力プロッターで切り抜き作業と、手切りの
 
数十倍の速さでカッティング文字を加工するのを見ておどろきました。
 
当時、1000万円程度したと聞きました。最近では家庭用も出てきて数万円からあるようですね。
 
Windows95が発売される7・8年前の事です。
 
 
 
 
ここでカッティング文字が出来るまでを簡単に紹介いたしますね。
 
1.フイルムを選んで
イメージ 2
室内用、屋外用など使用状況に応じて数あるフイルムの種類より選びカラーを決定。
 
 
 
 
2.文字(イラスト)を入力
 
イメージ 1
沢山ある書体から選んだり、ロゴマーク・イラストなどをカッティング用のデータに入力
 
 
 
 
 
3.カッティングプロッター(カッティングマシーン)に送信して加工
イメージ 3
フイルムの種類によりカット圧やスピードを調節して加工
 
 
 
 
4.ウィード作業(必要ない部分のはがし作業)
 
イメージ 4
小さい文字は大変です。 ↑こちらは7CM角位でウィードしやすい大きさ。
 
 
 
 
 
5.アプリケーション(リタック)フイルム貼付け
イメージ 5
↑は和紙タイプ 他に透明タイプもあり。
 
 
 
カット文字が出来るまでを簡単にですがのせてみました。
 
 
 
 
当社では、カット文字の加工のみも承っております。
 
 1文字 60円〜 
(アプリケーション付き  送料・消費税別) 
 
 
文字の大きさや数により見積をおだしします。
お気軽にご相談ください。
 
お問い合せ
TEL:055-933-1133
 
 
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事